天宮 (宇宙ステーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天宮
Chinese large orbital station.png
大型ステーション完成予想図
各種表記
繁体字 天宮
簡体字 天宫
拼音 Tiāngōng
発音: テェンゴン
テンプレートを表示

天宮(てんきゅう)は中華人民共和国が計画している宇宙ステーション。2011年9月に試験機である「天宮1号」の打ち上げに成功したが、天宮の本体(コアモジュール)は2018年以降に打ち上げ予定で、周辺モジュールも含めた完成は2022年以降の予定である[1]

概要[編集]

計画の背景[編集]

中国は2003年神舟5号によって有人宇宙飛行を、2008年には神舟7号によって宇宙遊泳を成功させたが、かつてのアメリカのスカイラブ計画、ソ連のサリュート計画と同様に中国独自の宇宙ステーション保有を目指すようになった。これが天宮である。

しかし本格的な宇宙ステーションの実現には技術的な課題が多い。中国は2008年までに有人宇宙船および船外活動技術を実現しているが、加えて大型打ち上げロケットの開発、宇宙船同士のランデブー・ドッキング技術、物質の循環を伴う長期運用可能な生命維持システム、そして物資の補給船といった技術の習得が不可欠である。天宮では小規模の試験機を通じてこれらの技術を1つずつ蓄積していくものと見られている。

進捗[編集]

2011年9月1日中国報道官により、初の宇宙ステーション実験機「天宮1号」の打ち上げ延期が公になった[2][3]。天宮打ち上げ用ロケットの「長征2号F」と同系統の「長征2号C」が、8月に実践11号04星の打ち上げに失敗し、衛星を予定の軌道に乗せられなかったことから、原因を解明した後に「天宮1号」の新たな打ち上げ日程を決めるとした。同年9月29日に打ち上げに成功した[4][5]

沿革[編集]

2011年に9月より試験機の打ち上げが始まっており、2022年の完成を目指している。打ち上げには新規開発の長征5号が使われる予定だが、開発遅延により長征5号の運用は2015年以降の予定となっている。試験機である天宮一号の打ち上げには、長征2号FT1ロケットが使われた。

天宮1号[編集]

ドッキング試験宇宙船。2011年に9月29日に打ち上げに成功した。ドッキング技術の習得が目的として上げられており、無人の神舟8号の自動ドッキング、ならびに有人の神舟9号神舟10号による手動・自動ドッキングが行われ、いずれも成功に終わった。9号・10号では、実際に宇宙飛行士が「天宮」へと移動し作業を行った。

実験装置室と物資保管室を持ち、宇宙飛行士が乗り移る神舟9号・10号では研究実験も行われた[6]。ただし宇宙飛行士が滞在できる期間はそれほど長くはなく、重量は8.5トンという、宇宙ステーションとしては小型の試験機である。

天宮2号[編集]

中国が新開発する長征2Fロケットの改造型で2011 - 2015年に打ち上げ予定[7]

その後計画が延期され、2016年に打ち上げ予定となった。これは天宮一号の同型機で、ドッキング試験のほかに無人補給船の運用試験も行う。このとき使われる補給船「天舟一号」も(神舟ではなく)天宮一号がベースの同型機となる。天宮二号に向かう有人宇宙船としては「神舟十一号」が使われる。[1]

天宮3号[編集]

2015年以降に打ち上げ予定。

天宮[編集]

2018年から2022年にかけて打ち上げ予定の宇宙ステーション。試験機ではなく、旧ソ連のミールに匹敵するサイズの完成した宇宙ステーションと位置づけられている。コアモジュール「天和」、2つの実験モジュール「問天」「巡天」、無人補給船「天舟」といった構成要素が公表されている。打ち上げには長征5号が用いられる予定。[8]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]