天安 (コルベット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天安(천안
PCC-783.jpg
浦項級コルベット
艦歴
起工 1989年
進水 1989年1月
就役 1991年
その後 2010年3月26日沈没
主要諸元
艦種 小型フリゲート・コルベット(FFL)
艦級 浦項級
排水量 満載:1,220トン
全長 88.3m
全幅 10.0m
吃水 2.9m
機関 CODOG方式 1軸推進
MTU 538 TB82 ディーゼルエンジン2基
LM2500 ガスタービンエンジン1基
機関出力 ディーゼル:6,260hp
ガスタービン:26,820hp
速力 32ノット
航続距離 4,000カイリ/15ノット
乗員 104名
兵装 62口径76mm単装砲2基
ハープーンSSM連装発射筒2基
70口径40mm連装機関砲2基
ミストラル短SAM単装発射機1基
Mk 32 短魚雷3連装発射管2基
爆雷12発
テンプレートを表示

天安(チョンアン、천안、PCC-772、ROKS Cheonan)は、大韓民国海軍所属の浦項級コルベット(満載排水量 1,220t)の14番艦。天安という艦名は、韓国忠清南道の都市である天安市に因んでいる。1991年に就役したが、2010年に黄海、北朝鮮との海上境界線付近の沖にて爆沈、失われた。

経歴[編集]

1989年に起工し、1991年から韓国沿岸の哨戒艇として就役した。日本では翻訳の関係で哨戒艦として報道されることが多かったが、本艦の属する浦項級は、哨戒艦 (OPV) ではなくコルベットに類別される艦艇である。天安は1999年に北朝鮮の朝鮮人民軍と韓国海軍との武力衝突である第1延坪海戦で、北朝鮮と交戦した一隻であった。浦項級は24隻就役したが、2009年から順次退役が始まっており、天安も遠くない将来に退役する予定であった。

沈没事件[編集]

2010年3月26日午後9時45分頃、天安は朝鮮半島西方黄海上の北方限界線 (NLL) 付近(西南方)で、船体後方が爆発し、船体が2つに切断され沈没、乗組員104名のうち46名が死亡した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]