天安門広場自動車突入事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天安門広場自動車突入事件(てんあんもんひろばじどうしゃとつにゅうじけん)とは、2013年10月28日中華人民共和国天安門前の歩道自動車が突入し、炎上した事件。5人が死亡、38人が重軽傷を負った。

概要[編集]

付近の地図。上部が天安門

事件は2013年10月28日0時5分(北京時間)、スポーツ用多目的車1台が長安街(街路)の歩道に東側より突っ込み、約400m暴走して天安門前の橋の欄干に衝突炎上したものである[1][2]。この事件により自動車の運転手を含む計5人が死亡した[1]北京警察ブログによると死亡した3人は自動車に乗っていたものであり、2人は観光客であったとのこと。他に負傷者が38人に上っており、このうちの1人は日本人であったとのこと。

自動車が突入した天安門毛沢東の肖像画が掲げられている等の中国政府の象徴の場所であり、常に厳重な警備が敷かれている場所であった[3]。この事件以降、天安門や付近の歩道は封鎖され立ち入り禁止となっている。また立ち入り禁止区域の外から写真を撮ろうとすれば武装警察官に怒鳴られながら制止される模様。現場にいた目撃者の証言によると、自動車に乗っていた者は少数民族の使うような文字が書かれた旗を振りながら突入していった模様[4]

公安当局はこの事件を新疆ウイグル自治区の少数民族によるものとの見方を強めている模様。29日にネット上に流出した公安局治安管理総隊の内部通知によると、容疑者と思われるものの名前は少数民族に多い名前であり、容疑車両とされている自動車は新疆ナンバーであった[5]。 車中からガソリン容器、鉄の棒、スローガンが見つかり、30日、公安当局は事件をテロ事件と断定、関連する容疑者5人を拘束した[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]