天城一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天城 一(あまぎ はじめ、1919年1月11日 - 2007年11月9日)は、日本小説家推理作家。本名は中村 正弘で、数学者解析学)、大阪教育大学名誉教授。東京生まれ。東北帝国大学数学科卒業。

別名義に「高天原アリサ」「青山狂介」がある。

経歴[編集]

1947年、探偵小説雑誌『宝石』2・3月合併号(岩谷書店)掲載の短編「不思議な国の犯罪」(後に「不思議の国の犯罪」に改題)でデビュー。摩耶正を探偵役とした密室ものの作品を発表し、寡作ながらも学者独特の観察眼からの作品は人気が高い。1955年に長編「圷家殺人事件」執筆後、長らく作品がなかったが、1975年に復活。アリバイを重視した島崎警部を探偵役とした作品を発表した。

長らく単独の著書がなかったが、晩年になって著作がまとめられた(「天城一傑作集」全4巻)。雑誌デビューから実に57年を経ての初単行本である。その第1巻『天城一の密室犯罪学教程』で、第5回本格ミステリ大賞評論・研究部門を受賞。

2007年11月9日、肺炎のため死去、享年88。

作品[編集]

長編[編集]

  • 圷家殺人事件
  • 風の時/狼の時 (『圷家殺人事件』改稿版)
  • 宿命は待つことができる (『Destiny can wait : または<犬> 』改題)
  • 沈める涛

短編[編集]

  • 不思議の国の犯罪
  • 鬼面の犯罪
  • 奇蹟の犯罪
  • 高天原の犯罪
  • 夢の中の犯罪
  • 明日のための犯罪
  • 盗まれた手紙
  • ポツダム犯罪
  • 黒幕・十時に死す
  • 夏の時代の犯罪
  • 冬の時代の犯罪
  • ニ長調のアリバイ
  • 春嵐

著書[編集]

  • 天城一の密室犯罪学教程 (編集:日下三蔵日本評論社、2004年)
  • 島崎警部のアリバイ事件簿 (編集:日下三蔵、日本評論社、2005年)
  • 宿命は待つことができる (編集:日下三蔵、日本評論社、2006年)
  • 風の時/狼の時 (編集:日下三蔵、日本評論社、2009年)

関連項目[編集]