天六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天神橋筋6丁目商店街と大阪市立住まい情報センター
天六阪急ビル

天六(てんろく)は、大阪府大阪市北区天神橋六丁目、もしくはそこにある大阪市営地下鉄阪急電鉄天神橋筋六丁目駅の略称。

概要[編集]

市内の幹線道路である天神橋筋大阪府道14号大阪高槻京都線、南森町以南は市道天神橋天王寺線)と都島通(大阪市道大阪環状線)が交差する。詳しくは後述

1933年昭和8年)6月17日には天六交叉点でゴーストップ事件が、1970年(昭和45年)4月8日には地下鉄工事現場で天六ガス爆発事故が起こった。

大阪市内において天六と同様に、中央区谷町四丁目の略称谷四(たによん)、中央区谷町六丁目の略称谷六(たにろく)、中央区谷町九丁目の略称谷九(たにきゅう)、天王寺区上本町六丁目の略称上六(うえろく)、中央区日本橋一丁目の略称日本一(にっぽんいち)などが用いられている。

大阪市北区天神橋は、天神橋一丁目から天神橋八丁目まであるので、天一から天八まである。天神橋 (大阪市)を参照)

天神橋6交差点[編集]

天神橋筋都島通が交差する以外に済生会病院前交差点から当交差点に至る道路も合流しているので、五叉路である。

このうち、済生会病院前からの道路は、当交差点付近で東行一方通行になっているため、天神橋筋や都島通からの進入はできない。

また、当交差点で済生会病院前交差点からの道路と都島通東行が合流する形となっている。このため、済生会病院前交差点からの道路は右折(天神橋筋南行への進入と都島通西行への進入)ができない。都島通東行も左折(天神橋筋北行への進入)ができない。

交差点周辺には、大阪市営バス天神橋6丁目停留所と阪神バス天神橋筋6丁目停留所が設置されている。かつては、天六を終起点とする市営バスの系統も存在していた。

進路[編集]

方向 道路 行先
天神橋筋府道14号 長柄橋北詰
都島通 都島本通
天神橋筋(府道14号) 南森町
南西 都島通 大阪駅

主な施設[編集]

関連項目[編集]