天までとどく木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天までとどく木

天までとどくく木(Az égig érő fa)とはハンガリー民話名であり、世界樹 (英語版記事「World tree」)[1]の名前でもある。ただし、題名は「天までとどく『樹』」ではないことに留意したい。

概要[編集]

天までとどく木

7つの国を7回超えたその向こうに王と妻と娘がいた。王妃は若くして病気で死んだ。王はもう結婚しないと誓った。それを聞いた娘が嫁にいかないと言った。王の庭園には天まで届く高い木があった。嫁は庭園で散歩しながら「どうして私がお嫁に行くでしょう。私にはこの世にまたとない美しい花壇があるというのに」と独り言を言った。この言葉を発したとたん風が吹き、風が娘を捉えてその木のてっぺんにつれて行ってしまった。王は軍隊に娘を探させたが、まったく見つからなかった。そしてある夜、王は竜巻に連れ去られた場面と世界樹の上に住んでいる24頭の竜の宮殿に娘が住んでるという夢を見た。王はこの夢は正夢とばかりに木から娘を取り戻す勇者を募集したが、滑り落ち腕を折るもの、足を折るもの、首を折るものが多数おり、成功するものは誰もいなかった。 そんな中、王のもとに豚の飼育係少年ヤノーシュが天までとどく木の攻略法を子豚から聞きだし、ヤノーシュは王に天までとどく木に登ることへの許可を願い出た。ただし、条件を王に願い出た。野牛を殺してその皮でサンダルと七着のそろいの服を作るということであった。それを着て王女を取れ戻すと願い出たのであった。斧で木を打ち込みながら登っていき、細い枝になっただ滑り落ちるという助言をさらに慎重に達成するため毛虫のように這って行きながら葉の部分にたどり着いた。葉に飛び乗った。その先には20階もの建物がいくつもあるような街だが無人だった。突然ある建物の2階からなんと王女の声が聞こえてきた。早速に2階に上がり竜に見つからないように洗い桶の下に隠す王女。しかし竜が戻るとばれてしまう。そこで奉公人として連れてきましたと王女が言い張った。それを聞いた竜は少年ヤノーシュを3回飲み込んでは吐き出した。奉公人として試すことを竜は許した。熱心に仕事するので竜はだんだんヤノーシュを感心する。安心しきった時、王女が竜の弱点を聞き出す。その弱点とは「森にいる銀の熊の額の中に猪がいて、さらに猪の頭を割ると兎が飛び出し、兎の頭を割ると箱が飛び出し、その箱の中にいる雀蜂9匹が竜の力の源だと言う。雀蜂を全滅させると竜は蠅1匹分の力もなくなる」という。少年ヤノーシュは竜の厩にいた5本脚の馬の願いであった厩を外に出すという願いを聞きいれて、うまを味方につけてそれを見事にやり遂げる。竜は力を全部失い懇願するが少年ヤノーシュは剣をつかみ24頭すべてに剣を突き刺して竜を退治した。竜が死んだのを見届けた竜の馬は「お前はこの国で王になりたいのか」と少年ヤノーシュに聞くが、少年ヤノーシュは「王女を連れて帰りたい」と願った。すると馬は2人を載せ、「目をつぶって」というやいなや「ホップ、ステップ、思いのところに、いるだろう」と唱えるとなんと馬は宮廷の庭に着いた。王に報告しようと宮廷内に入ると王は悲しみのあまり衰弱してすでに死の床にいた。しかし娘が戻ってきた光景に驚き、自分の国と娘を与え祝福を与えた後、まもなく亡くなったという。こうして少年ヤノーシュは王となったのである。

補足[編集]

トゥルル(霊鳥)。ブタペスト王宮より

「天までとどくく木」はウラル・アルタイ語族[2]シャーマニズムの信仰世界の代表的モチーフとされている。ハンガリーではシャーマン[3]の太鼓の絵柄にも描かれるどころか広告文にまで多用されると言う。主にハンガリー以東で見られる説話である。AT分類では301/A、302/A、468タイプとみられる。

また、当初主人公が要求した「野牛を殺してその皮でサンダルと七着のそろいの服を作るということ」の意味が物語後半部分において全く見いだせないのも本民話の特徴の1つである。

なお、天までのぼる木には「トゥルル」(Turul)という名の霊鳥が住むとされている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 世界樹=ユグドラシルではないことに留意されたい。ユグドラシルの他にも世界樹はあるのである。本民話はその代表格ともいえる。
  2. ^ 参考文献にはそう書いてあるのだが、現在ではウラル語族とアルタイ語族の関連性は否定されている。「ウラル・アルタイ語族」の記事参照のこと。
  3. ^ ハンガリー固有のシャーマンでタールトシュ(Táltos)という。「Táltos」記事参照のこと(ハンガリー語)。
  4. ^ 詳細はTurul記事(英文)参照のこと。

参考文献[編集]

  • オルトゥタイ著、徳永康元編訳「ハンガリー民話集」岩波書店(岩波文庫)1996,pp121-139,p336.

関連項目[編集]