大鳥塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大鳥塚古墳(おおとりづかこふん)は、大阪府藤井寺市古室2丁目にある前方後円墳1956年昭和31年)9月22日に国の史跡に指定された。

概要[編集]

古市古墳群の北部、誉田御廟山古墳の北東に位置する。全長約110メートル、前方部の幅50メートル・高さ6.1メートル、後円部の直径72.6メートル、高さ12.3メートルである。墳丘からは葺石円筒埴輪列が確認されている。くびれ部の両側に造出しがあり、幅の狭い水のない濠が周囲をめぐっている。

埋葬施設は不明であるが、副葬品として銅鏡2面、鉄剣、鉄刀、鉄鉄鏃が出土したと伝えられている。この古墳からは、円筒埴輪のほか、家形・蓋(きぬがさ)形・盾形・靫(ゆき)形・冑(かぶと)形などのさまざまな形象埴輪が出土している。出土した埴輪の特徴から、5世紀前半の築造と考えられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]