大首長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大首長(だいしゅちょう)とは、ポリネシアの伝統的な君主号トゥッイ(Tu'i)、あるいはサモアの世襲の有力者・タマ・ア・アイガの日本語訳。

かつては「大酋長」と訳されていたことばである。各地の「酋長」のなかから、さらにその上に立つ者として選ばれたという意味である。しかし「酋長」ということばは、日本人が“文明”の一員である自らと対比して「野蛮人の長」という侮蔑の意味を込めて用いることが多かったため、現在では差別語とみなされ「首長」と言い換えられている。これにともなって「大酋長」も「大首長」と言い換えられている。

関連項目[編集]

サモア独立国国家元首。サモアの有力な大首長4人から選ばれるのが不文律となっている。