大韓民国国家報勲処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国家報勲処
各種表記
ハングル 국가보훈처
漢字 國家報勳處
発音 クッカボフンチョ
英語 Ministry of Patriots and Veterans Affairs
テンプレートを表示
庁舎

国家報勲処(こっかほうくんしょ英語における略称:MPVA)は大韓民国の国務総理室(英文名 Office of the Prime Minister、略称 OPM)の配下にある国家行政機関で、主な役割は愛国者と退役軍人に関する政策の立案と実施を行なうことである。

組織は13の部門からなっており愛国心の高揚のための政策が大きな役割となっている。

所在地は世宗特別自治市 政府世宗庁舎9棟。

職務[編集]

国家有功者とその遺族に対する報勲、参戦有功者と5・18民主有功者に対する礼遇、除隊軍人・枯葉剤後遺疑症患者・特殊任務遂行者の支援及び報勲宣揚などに関する事務を管掌する。

組織[編集]

幹部[編集]

  • 処長
    • 代弁人
  • 次長
    • 企画調整官
    • 監査担当官

下部組織[編集]

  • 運営支援課
  • 報償政策局
  • 報勲宣揚局
  • 福祉増進局
  • 除隊軍人局

所属機関[編集]

  • 国立大田顕忠院
  • 国立4・19民主墓地管理所
  • 国立3・15民主墓地管理所
  • 国立5・18民主墓地管理所
  • 国立永川護国院
  • 国立仁実護国院
  • 国立利川護国院
  • 地方報勲庁(ソウル、釜山、大田、大邱、光州)
  • 報勲支庁(ソウル南部、ソウル北部、水原、仁川、議政府、春川、江陵、蔚山、馬山、晋州、洪城、清州、忠州、安東、慶州、順天、木浦、全州、益山)
  • 報勲審査委員会

主な活動[編集]

  • “日帝の残滓を取り除こう”キャンペーン
朝鮮日報記事(2005/08/11)によれば、日帝時代の日本語由来の単語を根絶するキャンペーンを行なっている。
  • “臨時政府の「対日宣戦布告」64周年の記念式の開催"
中央日報記事(2005/12/08)によれば、大韓民国臨時政府が日本に宣戦布告した「対日宣戦布告日」の64周年を迎えて記念式を行っている。
  • 親日行為前歴の判明で有功者礼遇中断措置
東亜日報記事(2005/03/04)によれば、遺族年金、子女学資金等 独立有功者に与えられている特典(有功者礼遇)に対して、事後に親日行為があったと判明した場合(親日前歴)は、その有功者礼遇措置の取り消しを行なうとしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 独立有功者礼遇に関する法律」第39条第1項第6号により、「日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法」第2条各号(親日反民族行為の定義部分)に該当する者は、有功者礼遇の対象から除外される。

外部リンク[編集]