大隈湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大隈湾の位置(南極大陸内)
大隈湾
大隈湾の位置
大隈湾周辺の地図

大隈湾(おおくまわん、: Okuma Bay)は、南極大陸からロス海に突き出たエドワード7世半島の西岸、ロス棚氷との接続部にある湾[1]白瀬海岸の一部にあたる。

歴史[編集]

1902年、イギリスのロバート・スコット率いるディスカバリー号の探検[注釈 1]によって、この湾は発見された[1]。1912年、日本の南極探検隊を率いる白瀬矗中尉によって、大隈重信に因み「大隈湾」と命名された[1]

大隈重信は白瀬の南極探検の重要な支援者であり、「南極探検後援会」の会長を務めていた[2]。大隈湾(Okuma Bay)という命名は、1933年にアメリカ地理学協会によって認められ、国際的な名称となった[2]。なお、大隈湾を含むエドワード7世半島西岸一帯は、1961年に白瀬海岸(Shirase Coast)と名付けられている[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正式名称は British National Antarctic Expedition。1901年から1904年にかけておこなわれた。「スコットの第一回南極探検」とも。エドワード7世半島はこの探検隊によって発見されている。

出典[編集]

座標: 南緯77度50分 西経158度20分 / 南緯77.833度 西経158.333度 / -77.833; -158.333