大阪市立中島中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪市立中島中学校
国公私立 公立学校
設置者 大阪市
設立年月日 1955年9月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 533-0033
大阪市東淀川区東中島3丁目5番22号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

大阪市立中島中学校(おおさかしりつ なかじまちゅうがっこう)は、大阪府大阪市東淀川区にある公立中学校

1951年大阪市立淡路中学校から分離開校した。大阪空港に着陸する航空機の着陸経路の近くにある関係で、校舎には航空機の騒音対策が施されている。また基礎学力の定着に力を入れ、少人数授業やマルチメディア機器・インターネットを活用した授業実践などもおこなっている。

大阪市教育委員会は2010年8月、中島中学校と大阪市立啓発小学校を施設一体型小中一貫校に改編する計画を発表した[1]。小中一貫校は現啓発小学校の敷地に2014年度設置計画となっている[2]

沿革[編集]

通学区域[編集]

大阪市東淀川区 東中島1丁目-6丁目の全域、柴島1丁目の一部。

出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪市 (2010年8月26日). “大阪市報道発表資料 大阪市で初めて施設一体型小中一貫校を設置します” (日本語). 2010年8月27日閲覧。
  2. ^ 大阪市. “北部小中一貫校(啓発小・中島中)の設置場所の変更について” (日本語). 2012年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]