大阪市営バス守口営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大阪市営バス守口営業所(おおさかしえいバスもりぐちえいぎょうしょ)は、大阪府守口市にある大阪市営バスの営業所。国道1号に面している。最寄バス停は守口車庫前・京阪バス土居停留所。配置車両の側面および後面窓ガラスに貼られる所属営業所を示すシールの表記は「」である。

また守口市にある関係上、当営業所に所属する車両はすべて大阪ナンバーとなる(それ以外の大阪市内にある営業所はなにわナンバー)。

おもに都島区旭区など大阪市北東部の路線を担当している。操車は守口車庫および総合医療センター、天満橋で行っている。以前は旭区新森2丁目に新森操車場(新森公園前バス停に隣接)があったが2010年平成22年)3月28日に廃止となった。また、以前は京橋操車場での操車も行われていたが、こちらも同日に東成営業所に移管された。

守口車庫前バス停の降車場は営業所内に設けられている。

沿革[編集]

  • 1935年(昭和10年)9月4日 - 守口自動車運輸事務所開設。
  • 1936年(昭和11年)10月23日 - 一度廃止。
  • 1947年(昭和22年)7月25日 - 再開設(守)。

現行路線[編集]

10号系統[編集]

運行区間

  • 10:守口車庫前 - 中宮 - 赤川一丁目 - 地下鉄都島 - 東野田 - 天満橋
  • 10A:守口車庫前-中宮-赤川一丁目-地下鉄都島
概要
10号系統は、守口市の守口車庫から旭区都島区城北公園通市道赤川天王寺線)を経由して天満橋駅谷町線京阪本線に接続)に至る路線である。57号系統と同じく、都島区を南北に縦貫する路線である(57号系統とは赤川三丁目 - 東野田間で重複)。このため、運行本数も多く、乗客も多い。また、大阪市電14系統(守口 - 阿倍野橋)の代替路線でもある。
沿革
2002年1月27日の大阪市営バス再編前は、幹線110号系統であった。また、かつては天満橋を発着し路線が一部重複する系統として、幹線47号系統(天神橋六丁目 - 大東町 - 地下鉄都島 - 東野田 - 天満橋)が運行されていた時代もあった。
なお、110A号系統は、総合医療センターが開設されるまでは地下鉄都島発着であった(転回地は現在と同じところにあった)。総合医療センターの開設により1994年3月31日に幹線臨110号系統(守口車庫前 - 天神橋六丁目)と幹線110A号系統(守口車庫前 - 地下鉄都島)が統合し(ただ、実質は幹線臨110号系統の短縮)、総合医療センター前停留所を設置してできたものである。この当時天満橋筋は樋之口町交差点 - 長柄東交差点が開通していなかったため、都島通の樋之口町交差点 - 天神橋六丁目交差点が常時渋滞していたことから、都島通を経由していた幹線臨110号系統は、常に1時間遅れるなどの問題を起こしていた。また、幹線臨110号系統は天神橋六丁目を起終点とする最後の市バス路線であった。
2002年1月27日に幹線110A号系統から、110A号系統に改称した。
また、かつては守口車庫 - 総合医療センター間には、新森公園経由の特33号系統(2007年1月8日に廃止された33A号系統の前身)が運行していた時代があった。特33号系統が運行開始する前には、当時の幹線110・110A号系統の守口車庫行き両方の前後面の行先表示幕に「中宮」経由の表示がなかったが、特33号系統運行開始後には、「中宮」経由の表示が付けられ、現在に至っている。
2014年4月1日より110号は系統番号が10号に変わり、110A号は廃止、代わりに10号系統の区間便として、45号系統の送り込みを兼ねた入出庫系統の10A号系統(守口車庫前 - 地下鉄都島間)に変更。また担当が守口営業所単独となる(東成・井高野営業所が担当から外れる)。
ダイヤおよび停留所
1時間に2-3本程度の運行。
その他
110号だった時代は、110号系統、110A号系統ともに表示幕には110と表記されていた。

21号系統[編集]

運行区間
概要
  • 天満橋・京橋と深江橋を結ぶ路線である。
  • 深江橋付近ではループする形態をとっている。22号系統は東の諏訪神社方面へ向かうのに対し、21号系統は西にループする。
沿革
  • 2002年1月27日の大阪市営バス再編前は1994年3月31日に誕生した特21号系統(総合医療センター - 諏訪神社前間)であった。当時は総合医療センター前 - 関目一丁目が支線区間、関目一丁目 - 諏訪神社前が幹線区間で、担当営業所は守口と古市であった。
  • 2002年1月27日の大阪市営バス再編で担当が古市のみになっていたが、後に守口・古市共同運行体制に戻る。
  • 2010年3月28日に古市営業所の廃止に伴う再編で東成営業所単独の担当となる。
  • 2012年4月1日より、東成・守口共同運行体制になる。
  • 2014年4月1日より45・35号系統と経路が重複する区間を廃止、天満橋からそれまでの28号系統の経路で放出住宅に至るルートに、深江橋付近のループ区間も22号系統とは異なるルート(諏訪神社前経由から天王田公園経由)に変更。担当は東成が閉所により外れて守口単独となった。
ダイヤおよび停留所
平日・土曜・休日とも、昼間はほぼ1時間毎に運行。早朝および深夜などの一部に地下鉄深江橋より営業運転を開始する便や地下鉄深江橋止まりの便(諏訪三丁目→地下鉄深江橋→神路大橋を連続運行しない便)が存在する。

31号系統[編集]

運行区間
  • 31:花博記念公園北口 - 緑三丁目 - 新森公園前 - 関目二丁目(北行)/古市二丁目(南行) - 今福西四丁目 - 京橋北口 - 天満橋
概要
  • 天満橋・京橋と関目・新森地区を結ぶ路線。一部区間は一方通行の関係で花博記念公園北口行きと天満橋行きで経路が異なる。
  • かつてゾーンバス制度を導入していたころには幹線31号系統として天満橋 - 新森公園前間を運行していた。
  • のちに支線26号系統(地下鉄都島 - 新森七丁目東)が廃止になった際に特31号系統として天満橋 - 新森公園前 - 新森7丁目東に運行区間が延長になった(この時に今福西四丁目→新森七丁目東→今福西四丁目間が支線区間になった)。また、天満橋 - 新森公園前間は特31A号系統も存在した。その後、再度天満橋 - 新森公園前に運行区間が短縮された。ただ系統番号は幹線31号系統には戻らずに特31号系統のままであった。
  • 2002年1月27日の大阪市営バス再編の際に31号系統になり、それまでの古市営業所と井高野営業所担当から守口営業所と東成営業所の担当になる。
  • 2010年3月の再編より守口営業所単独の担当路線となる。
  • 2011年4月1日のダイヤ改正で担当営業所が守口営業所から東成営業所に変更となり、起点:天満橋、終点:新森公園となる。また、中型ノンステップバスでの運行が開始される。
  • 2012年4月1日のダイヤ改正で68号系統と統合になり、かつての特31号系統時代のように新森公園前から新森七丁目経由で花博記念公園北口発着へと運転区間が再延伸された。
  • 2013年4月1日のダイヤ改正で新森七丁目経由を廃止し、緑一丁目から往路・復路共に緑三丁目経由で花博記念公園北口へ至る経路に変更となる。
  • 2014年4月1日から前日で閉所となった東成にかわり担当が守口営業所に変更される。また起点が花博記念公園北口、終点が天満橋に変更となる。

34号系統[編集]

運行区間

  • 34:守口車庫前 - 中宮 - 大東町 - 毛馬橋(けまばし) - 地下鉄中津 - 大阪駅前
概要
34号系統は、守口市の守口車庫から、淀川左岸沿いに旭区都島区城北公園通)を経由して、大阪駅とを結ぶ路線である。鉄道空白地域とされる旭区西部、都島区北部の主幹路線の役割を担っているとともに、大阪工業大学への通学の足としても利用されている。そのため大阪市営バスの中で、運行本数が最も多い路線である。また、守口車庫前 - 赤川三丁目間は10号系統と重複している。守口市と大阪駅(梅田)とを結ぶ路線は、他に78号系統や地下鉄谷町線があるが、運行本数も多く、大阪駅での他鉄道路線との乗り換えも容易であることから、78号系統や地下鉄谷町線よりも34号系統の方が利便性が高い場合もある。地下鉄中津では御堂筋線と接続している。また、天神橋八丁目では堺筋線阪急千里線天神橋筋六丁目駅と接続しているが、やや離れているために乗り継ぎには不便である。
34号系統は非常に高頻度の運行であるにもかかわらず、常時混雑しており、特に復路は昼間でも始発の停留所(大阪駅前)で満員になることが多く、乗車客の多い地下鉄中津停留所では乗車できなくなることが時折ある。なお、中宮(大阪工大前)を過ぎると利用者は減る。始発の大阪駅前行や最終の守口車庫前行は大変混雑する。
沿革
2002年1月27日のダイヤ改正以前は、幹線34号系統という名前であり、以前には、守口車庫前 - 地下鉄中津の区間運転である、幹線34A号系統も存在した。2007年1月8日の改正以前は井高野や東成の担当も存在し、2009年3月の再編の際に、この両営業所の担当が復活した。
過去には幹線97号系統や幹線57号系統との連結運行も実施されていた時代もあった。このころの往路(守口車庫前→大阪駅前ゆき)の終点は方向転換の都合で、次に幹線97号系統(神崎橋行き)となる場合は大阪駅前行き(当時、阪急百貨店西側のおりばで乗客を降車後、阪神百貨店の周りを回るようにして歩道1番のりば(現在の歩道2番のりば)に向かう)で、その他は大阪駅北口行き(乗客を降車後、大阪駅桜橋口を回るようにして歩道3・4番のりば(現在の歩道1番のりばの後方)に向かう)と区別していた。ただ当時の停留所での時刻表では終点がどちらになるかは判断できず、バスの行き先幕で確認するしか手段はなかった。現在ではすべてのバスが大阪駅前行きとしてJR大阪駅高架下(新梅田食道街西側)のおりばで乗客を降車させてから大阪駅前バスターミナル(構内のりば付近)で待機後、歩道2番のりばに向かって折り返し守口車庫前として運行している。
ダイヤおよび停留所
前述のとおり非常に高頻度の運行であり、昼間は1時間あたり8 - 12本運行している。2014年4月1日より57号系統の経路短縮もあり34号系統の運行本数が増便され、朝のラッシュ時には1時間に29本運行している(守口車庫前発大阪駅前行きの平日7時台に29本設定されている)。なお以前は守口営業所の他に中津・井高野・東成の各営業所の担当も存在したが、2014年4月1日より守口営業所の単独担当となる。
大阪駅前停留所では歩道のりば(赤色)2番から出発し、おりばはJR大阪駅高架下(新梅田食道街西側)にある。このおりばは以前は阪急百貨店うめだ本店の前付近にあったが客待ちタクシーが停車していることも多く(この付近はタクシー乗り場ではない)バスが歩道に近づけない事もあったが、JR大阪駅改装工事等に伴う大阪駅前停留所の位置の変更に伴い現在の場所へ変更されている。1997年12月まで、大阪駅前停留所では歩道のりば(赤色)3番から発車していたが、34号系統でリフト付きバスの運行を開始するのに伴い幹線57号系統が発車する歩道のりば(赤色)4番と入替になった。これは歩道のりば(赤色)3番の前のドアのところには地下道の出入口があり、リフトが利用できなくなるための処置であった。
2008年1月15日よりJR大阪駅の改修工事によるバスのりば一部変更により、34号系統は歩道2番のりば(以前97・97A号系統が発車していた歩道1番のりばに位置する)からの発車になった。
大淀区北区と合併する前は、沿線に大淀区役所があり、現在の本庄西二丁目停留所が大淀区役所前停留所であった。
その他
2006年度の路線別営業収支は約2億1452万円の黒字であり、大阪市営バスの中で最も黒字額の大きい系統である。

35号系統[編集]

運行区間

概要
35号系統は、守口市にある守口車庫から今里筋を経由して、東住吉区の杭全を結ぶ路線である。途中、旭区城東区東成区生野区を通る。今里筋を南北に貫く路線であるため、東西方向の鉄道路線(以下参照)と接続している。
35号系統は、トロリーバスで最後に廃止された3号線(守口車庫前 - 杭全町)の代替路線でもある。
多くの区間で地下鉄今里筋線と並走するため、一時期より本数が削減されている。しかし、今里筋線が乗客の流動を無視した路線設定になっており(市内中心部を経由せず、他路線との乗り換えを前提にしているなど)、乗客が今里筋線にシフトしきれなかったことから、現在でも一定本数が確保されている。完全に今里筋線と重複している区間があるにもかかわらず、時間帯によるがバスの座席が埋まり立ち客がでるほどである。
長らく、路線別営業収支でも、34号系統に次ぐ黒字を確保していたが、2010年に赤字に転落した。
沿革
かつては幹線35号系統として守口車庫前-杭全間を、幹線35A号系統として守口車庫前-地下鉄今里間を運行していた。
  • 1986年4月に守口車庫前-杭全間に都市新バスシステムが導入された。この区間は「グリーンエースI」と称され、幹線35号系統および幹線85号系統の方向幕は緑地に白文字で、他の系統と区別されていた。
  • 1991年11月14日より、リフト付き路線バス(東成営業所受け持ち)での運行が開始された。
  • 2002年1月27日の市バス再編により、それぞれ35号系統35A号系統になった。
  • 2007年1月8日に今里筋線開業に伴う系統整理で、35号系統は地下鉄今里-杭全間に短縮され35A号系統と分断された。
  • 2007年9月18日に守口車庫前-杭全間の35号系統が復活するとともに、35A号系統は早朝の地下鉄今里発守口車庫前行のみの運行となり守口営業所の担当路線ではなくなった。ちなみに地下鉄今里-杭全間の路線は35B号系統になった。
2014年4月からは東成営業所の閉所で35B号が住吉営業所に移管された。なお35号系統は守口営業所の単独担当路線となる。
ダイヤおよび停留所
平日・土曜・休日とも、昼間は1時間当たり1-2本の運行となっている。

45号系統[編集]

運行区間
概要
都島駅と古市地区・横堤駅を結ぶ路線。
  • 当系統の前身は支線26号系統支線45号系統特45号系統である。この時の主担当は古市営業所。
  • 1985年当時、支線26号系統は、地下鉄都島 - 関目二丁目 - 新森二丁目 - 新森七丁目東で運行、支線45号系統は新森公園 - 緑一丁目 - 鶴見区役所 - 放出東一丁目で運行されていた。後に支線45号系統は古市車庫前 - (→関目三丁目/←関目一丁目) - 高殿 - 新森二丁目 - 鶴見緑地公園前 - 今津中三丁目 - (→放出東一丁目/←放出本通) - 放出住宅前間を運行する特45号系統に変更になった(ちなみに古市車庫前 - 新森二丁目間が幹線区間で、新森二丁目 - 放出住宅前が支線区間であった)。そして1994年に支線26号系統と特45号系統を統合した支線45号系統が地下鉄都島 - 横堤バスターミナル間の運行を開始して、後に総合医療センター前 - 地下鉄都島間が延長され現在の経路になった。
  • 2002年1月27日:支線45号系統が45号系統に改称。
  • 2007年1月8日:緑四丁目 - 緑三丁目間に花博記念公園北口停留所を新設(総合医療センター前行きのみ)
  • 2010年3月28日:ダイヤ改正に伴い古市営業所が廃止となり、また、守口営業所が担当から離れ東成営業所の単独担当となる。
  • 2012年4月1日:守口の担当が復活し、東成・守口共同運行体制になる。
  • 2013年4月1日:横堤バスターミナルの廃止に伴い、同停留所を大阪生駒線上(横堤駅4号出入口付近)に移設して地下鉄横堤に名称変更した上で、鶴見商業高校前 - 地下鉄横堤間で経路変更(鶴見緑地公園前には総合医療センター前行きのみが停車し、地下鉄横堤行きは鶴見に停車)。
  • 2014年4月1日:再度経路を変更して鶴見商業高校前~鶴見区役所前間を往復とも鶴見緑地公園前経由に変更して、鶴見区役所前~諸口間のループ経路を新設。あわせて営業所の廃止により東成が担当から外れる。現在は守口営業所の担当。

46号系統[編集]

運行区間
  • 46:天満橋 - 城見一(OBP) - 放出住宅前 - 徳庵駅口 - 諸口 - 焼野(やけの)
概要
天満橋・OBPと徳庵・横堤を結ぶ路線。
  • 2002年1月27日の市バス再編前は特46号系統という系統番号で、天満橋 - 横堤バスターミナルが幹線区間、横堤バスターミナル - 焼野が支線区間であった。また横堤バスターミナル開設(1990年)以前は片町 - 横堤間を京橋北口・蒲生四丁目経由で運行されており、この頃は天満橋 - 東諸口間が幹線区間、東諸口 - 焼野間が支線区間であって、天満橋 - 安田間(特46号系統とは天満橋 - 東諸口間で同じ経路)を走行する幹線臨46号系統も運行されていた(但し、晩年の幹線臨46号系統は休日のみの運行であった)。
  • 2002年1月27日の市バス再編で46号系統は東成営業所が担当から外れ古市営業所のみの担当になったが、2007年1月8日より東成営業所が全便を担当するようになった。
  • 2013年4月1日のダイヤ改正で横堤バスターミナルが廃止され、地下鉄横堤を経由しない経路(鶴見区役所前の交差点を右左折)に変更。
  • 2014年4月1日のダイヤ改正で放出住宅~鶴見区役所間の経路の一部を徳庵駅口経由に変更(28号系統廃止の代替)、担当は守口に変更(東成が廃止により外れる)。

57号系統[編集]

運行区間
  • 57:京橋駅前 - 都島区役所前 - 地下鉄都島 - 高倉町三丁目 - 大東町 - 毛馬中央公園
概要
57号系統は、京橋駅(長堀鶴見緑地線大阪環状線京阪本線と接続)と都島区北部を結ぶ路線。多くの区間で重複する10号系統の補完的な位置づけも担っている。
沿革
  • かつては幹線57号系統として地下鉄都島-大阪駅前間の運行であったが、その後京橋駅前-地下鉄都島が延長された。延長当初京橋駅前発着は昼間のみの運行で、幹線57号系統を運行しない時間帯には幹線57A号系統(総合医療センター前-大阪駅前)も運行されていたが、のちに幹線57号系統が終日運転をするようになり幹線57A号系統は廃止された。2002年1月27日のダイヤ改正時に57号系統に改称された。
  • 2010年3月28日の市バス再編の際に、それまで主に担当していた古市営業所が廃止された事に伴い、東成営業所が専属で担当する路線となった。また、大阪駅前 - 大東町一丁目間の区間便(守口営業所中津営業所が担当)もこの時廃止となった。
  • 2014年4月1日から運行区間を毛馬中央公園 - 京橋駅前に短縮し、新たに桜宮高校を経由するルートに変更。守口の担当となり、中型車で運行されるようになる。
ダイヤおよび停留所
平日・土曜・休日とも、1時間あたり1-2本の運行となっている。
京橋駅前 - 東野田間にある京橋北口停留所(国道1号線上西向き)は毛馬中央公園行のみ停車する。

83号系統[編集]

運行区間

概要
沿革
  • 2002年1月27日以前は、幹線33号系統(新森公園前-大阪駅前間)、幹線33A号系統(新森公園前-総合医療センター前間)、特33号系統(守口車庫前-総合医療センター前間)、特33A号系統(総合医療センター前ー新森七丁目東間、後に新森七丁目間)が運行されていた。
  • 2002年1月27日より、幹線33号系統は33号系統に、特33A号系統は33B号系統に、幹線33A号系統は33C号系統に改称され、特33号系統は33A号系統になるとともに総合医療センター-上新庄駅前間に運転区間が延長された(この時までは、古市営業所や井高野営業所担当)。
  • 地下鉄今里筋線の開通に伴い、豊里大橋を越える33A号系統は廃止され、代りに33C号系統が増便された。
  • 2010年3月28日のダイヤ改正で33号系統と33C号系統が統合され系統番号が現在の83号系統に変更となり、運行区間も守口車庫前 - 森小路 - 大阪駅前(森小路 - 新森公園前間は廃止)となった。また新たに、東成営業所・井高野営業所が担当に加わることとなった。なおこの時に33B号系統が33号系統に系統番号が変更された。
  • 2012年4月1日のダイヤ改正で33号系統と83号系統とが統合される形で、83号系統の運行区間が守口車庫前 - 大阪駅前から大阪駅前 - 花博記念公園北口に変更される(33号系統は廃止となる)。また、主担当が守口営業所から中津営業所に変更となり、更に酉島営業所が担当に加わり、一方では井高野営業所が担当から外れる事となった。
  • 2014年4月1日のダイヤ改正で東成・中津・酉島が担当から外れ、守口の単独担当となり、起点:花博記念公園北口、終点:大阪駅に入れ替えられた。
ダイヤおよび停留所
  • 83号系統は平日昼間は1時間あたり2本、土曜昼間は1時間あたり2-3本、休日昼間は1時間あたり3本運行している。: 33号・33C号系統だった時期は新森公園前 - 森小路間で運行経路が異なり、新森公園行が森小路駅前、大阪駅・総合医療センター行が高殿を経由した。これは、京阪森小路駅付近で細い一方通行道路を大型バスで走行するためであった。この区間では駐車違反の車が連続していて、暫く立ち往生してしまうこともあった。
その他
  • 33B号系統・33C号系統だった当時、表示幕には「B」や「C」の表示はなく「33」とのみ表示された。

廃止・撤退路線[編集]

27号系統[編集]

  • 27:守口車庫前 - 地下鉄太子橋今市 - 上新庄駅北口 - 柴島 - 天神橋六丁目 - 大阪駅
    • 運行開始当初は特27号系統として運行を開始、2002年1月27日の市バス改編により特27号系統から27号系統に改番された。
    • 2007年1月8日に地下鉄今里筋線開業に伴う市バスダイヤ改正で廃止となる。ただしこの改正では上新庄駅前を境に37C号系統(大阪駅前-上新庄駅前)と86D号系統(守口車庫前-上新庄駅前)に系統分割された(37C号系統は中津営業所、86D号系統は守口営業所の担当)が、いずれも2010年3月28日のダイヤ改正で廃止となった。
    • 2012年4月1日に37A号系統から改番された27号系統とは異なる。

33号系統[編集]

  • 33:総合医療センター前 - 地下鉄都島 - 旭区役所区民センター - 高殿 - 新森七丁目
    • 2010年3月28日の再編で東成営業所の単独担当路線となる。
    • 2012年4月1日に廃止、83号系統に統合される。

36号系統[編集]

  • 2014年4月1日より中津営業所単独の担当路線となる。

78号系統[編集]

  • 2014年4月1日より井高野営業所単独の担当路線となる。

86D号系統[編集]

運行区間

概要
地下鉄今里筋線開通後の2007年1月8日に、86号系統布施駅 - 上新庄駅)が大幅に減便されると同時に新設された系統。過去に運行されていた、支線27A号系統と同一路線である。詳細は井高野営業所#86号系統参照。2010年3月28日のダイヤ改正で86D号系統は86号系統に統合され廃止となった。

幹線97号系統[編集]

運行区間

概要
中津営業所担当路線のひとつであるが、嘗ては守口営業所も担当していた。
当時の運行形態は幹線34号系統往路を大阪駅前まで運行し、幹線97号系統往復運行の後に幹線34号系統復路で守口車庫へ戻るコースであった(34号系統の項にも関連記述あり)。
2014年4月現在、97号系統は中津営業所単独の担当路線である。

車両[編集]

守口営業所所属車両。守口営業所は大阪市営バスの営業所で唯一大阪運輸支局(大阪ナンバー)管轄内にある。因みに写真の車両は、新製導入時は古市営業所所属であった。

2013年現在、大型車・中型車とも所属している。2012年4月の改正以前は大型車のみで、メーカーは、いすゞ自動車を中心にUDトラックス(旧:日産ディーゼル)三菱ふそうの車両も配置されていた。なお、いすゞ製の車両は、1980年代まではメーカー標準車体(川重車体工業、後のIKコーチ→いすゞバス製造)を架装した車両をメインに配置していたが、1990年代以降、2002年の市バス再編までは、西日本車体工業の58MCや96MCボディを架装した車両が殆どを占めていた。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、緊急消防援助隊の移動に際し、同所所属の車両2台が岩手県へと派遣されていたが、その後岩手県釜石市へと無償譲渡されることとなった。

2012年の改正により、港・井高野営業所などから中型車が一部移籍し、21号系統や45号系統に運用されている。

なお、2013年春現在では、東成営業所や住吉営業所と同様に低公害車の配置がない(尿素SCRシステム搭載車は在籍)。

関連項目[編集]

出典[編集]