大阪市中央体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪市中央体育館
Osaka Municipal Central Gymnasium
Osaka Municipal Central Gymnasium.jpg
施設情報
用途 屋内スポーツ
設計者 大阪市都市整備局、日建設計
施工 大林組西松建設浅沼組JV
建築主 大阪市
事業主体 大阪市
管理運営 一般財団法人大阪スポーツみどり財団
構造形式 鉄筋コンクリート造
敷地面積 123,986.02m²m²
建築面積 408.42m²m²
延床面積 42,664.90m²m²
階数 地下3階
着工 1993年6月
所在地 552-0005
大阪府大阪市港区田中三丁目1番40号
位置 北緯34度39分34秒
東経135度26分41.1秒

大阪市中央体育館(おおさかしちゅうおうたいいくかん)は大阪市港区八幡屋公園にある大阪市立の体育館である。

沿革[編集]

1996年八幡屋公園へ移転するまでは、中央区大手前(現在のNHK大阪放送局大阪歴史博物館)にあった。移転前の中央体育館は1959年(昭和34年)7月9日に竣工し、こけら落としは「五大都市体育大会」のバスケットボール競技であった。

1985年に大阪市が、大阪城公園難波宮跡公園を一体化した「歴史公園構想」を発表。その一環として、馬場町にあったNHK大阪放送会館を中央体育館の場所に移転させることとなった。中央体育館は開館から30年ほど経ち施設が老朽化していたこともあって、候補地となっていた八幡屋交通公園(現・八幡屋公園の一部)への移転が決まった。1997年国民体育大会なみはや国体)の開催にあわせて、1993年6月に着工、1996年3月に竣工した。

大阪プールも同時期に、扇町公園からインテックス大阪の完成で更地となっていた大阪国際見本市港会場跡地(現・八幡屋公園)へ移転している(併設の扇町プールは扇町公園内に現存)。

施設概要[編集]

  • メインアリーナ 収容人員1万人。バスケットボールバレーボールテニスのコート4面、ハンドボールコート2面などが取れる。各種国際大会・国内大会規模のイベント対応。プロボクシングの試合も行われたことがある。
  • サブアリーナ 収容人員188人。バスケットボール・バレーボールコート各2面、テニスコート1面取れる。主として市民大会規模のものに使われる他、メインアリーナのイベントの控え室としても活用できる。
  • 柔道場、剣道場、大会議室(200名)、中会議室(100名)、小会議室3室(各30名)

主な大会・イベント[編集]

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]

先代:
不明
サンパウロ
バレーボール女子世界選手権
決勝戦会場

1998
次代:
マックス・シュメリング・ハレ
ベルリン
先代:
マックス・シュメリング・ホール
(ベルリン)
バレーボール女子世界選手権
決勝戦会場

2006
次代:
国立代々木競技場第一体育館
東京