大阪マリオット都ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿部野橋ターミナルビル > あべのハルカス > 大阪マリオット都ホテル
大阪マリオット都ホテル
Osaka Marriott Miyako Hotel
Abeno Harukas construction site 20130503-001.jpg
大阪マリオット都ホテルが入居する「あべのハルカス」(2013年5月)
ホテル概要
正式名称 大阪マリオット都ホテル
ホテルチェーン マリオット・ホテル&リゾート都ホテルズ&リゾーツ
デベロッパー 近畿日本鉄道
運営 近鉄ホテルシステムズ
階数 19 - 20,38 - 55,57階
レストラン数 3軒
部屋数 360室
スイート数 6室
延床面積 約32,000 m²
開業 2014年3月7日
最寄駅 大阪阿部野橋駅天王寺駅
所在地 〒545-0052
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
位置 北緯34度38分44.9秒
東経135度30分48秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

大阪マリオット都ホテル(おおさかマリオットみやこホテル、英称:Osaka Marriott Miyako Hotel)は、大阪市阿倍野区超高層ビルあべのハルカス」内にあるホテルである。

概要[編集]

近鉄ホテルシステムズマリオット・インターナショナルと提携し、ホテル運営は近鉄ホテルシステムズが担当する[1]。ホテルの名称は両社のホテルブランド「都ホテル」と「マリオット」を冠したものである。

フロア構成は、19階・20階の共用部分(ホテルロビー、バー・ラウンジ、ブッフェレストラン、中小個室など)、38階から55階の客室(室数:360室)と、57階のレストランに分かれる。標準客室の面積は38m²を基本とし、全客室のバスルームに洗い場を設けるなど、快適に宿泊できる設計となっている[1]。なお、ホテル施設は横浜ロイヤルパークホテルに次いで日本で2番目の高さに位置している[2]

「マリオット」ブランドの日本展開は東京(いったん離脱したが2013年12月に再進出)、名古屋沖縄に次いで4軒目で、関西では初となる。

施設[編集]

大阪マリオット都ホテル
57F レストラン「ZK」(ジーケー)
55F インペリアルスイート(1室)・クラブルーム
54F ロイヤルスイート(1室)・クラブルーム
53F エグゼクティブスイート(2室)・クラブルーム
50F - 52F クラブルーム・デラックスルーム・スーペリアルーム
39F - 49F プレミアムルーム・デラックスルーム・スーペリアルーム
38F クラブラウンジ・フィットネスジム・コンフォートスイート(2室)・コンフォートルーム
20F 中個室(茜)・小個室(月・光・星・空・雲・海)
19F ホテルロビー、ロビーラウンジ・バー、ライブキッチン「COOKA」(クーカ)
1F エントランス
B3F 車寄せ、駐車場

客室は38階から55階に設けられており、以下に示す4つのフロア名で区分されている。

  • 53F - 55F:クラブフロア
  • 50F - 52F:アッパーフロア
  • 39F - 49F:レギュラーフロア
  • 38F:コンフォートフロア

レストラン「ZK」(ジーケー)[編集]

当ホテルの最上階である57階、約270mの高さに位置する高層レストランである。日本の高層レストランとしては、東京スカイツリーの「Sky Restaurant 634(MUSASHI)」(345m)、横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「シリウス」(277m)に次ぐ第3位の高さである。メニューは欧風料理日本料理鉄板焼きがメインで、夕食に限りタパスが用意されている。

席数は鉄板焼・テーブル席・ビストロカウンター・割烹カウンターを合わせて約208席。全席禁煙であるが、フロア内に喫煙所が存在する。

クラブラウンジ[編集]

クラブルームとスイートルーム宿泊者専用のラウンジであり、38階に位置する。3層吹き抜けで天井高は約9mであり、面積は460m²、席数は77席である。当ラウンジが利用できる客室は、クラブフロアとコンフォートフロアの全客室と、アッパーフロアの各フロア3室[注 1]の計75室に限られ、該当する客室のチェックイン・チェックアウトは原則として当ラウンジで行う。コンチネンタルブッフェ、アメリカンブッフェ、アフタヌーンティー、カクテルタイム、2回のティータイムと、1日6回のフードプレゼンテーションが受けられる。

ライブキッチン「COOKA」(クーカ)[編集]

19階に位置するブッフェレストランである。朝食、昼食、夕食の3食ともブッフェスタイルが基本であるが、朝食に限り、洋食のセットメニューや和定食などのメニューも存在する。席数は204席で、全席禁煙である。

客室[編集]

客室はすべてツインルームまたはダブルルーム仕様であり、定員は2名を基本としている[注 2]。部屋数は限られるが、スーペリアツインとスーペリアダブルを組み合わせたコネクティングルームも用意されている。

タイプ 室数 面積(m²)
スーペリアルーム 252 38
プレミアムルーム 33 42 - 58
クラブルーム 69 38 - 58
スイートルーム 6 73 - 162

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クラブコーナーツイン、クラブコーナーキング、クラブジュニアスイートである。
  2. ^ ロイヤルスイートの定員は4名である。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]