大阪ホークスドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪ホークスドリーム
創設年度 2009年
所属リーグ
関西独立リーグ2011年 - 2012年
日本野球連盟(2013年 - )
歴代チーム名
  • 大阪ホークスドリーム(2009年 - 2012年)
  • 大阪HDベースボールクラブ(2013年 - )
本拠地
縁故地 大阪府高石市
永久欠番
なし
獲得タイトル
成績(タイトル以外)
球団組織
運営母体 株式会社ヒューマンドリーム

大阪HDベースボールクラブ(おおさかHDベースボールクラブ、Osaka HD Baseball Club)は、大阪府硬式野球のクラブチームである。2009年に発足。2011年から2012年まで関西独立リーグに加盟していた。

概要[編集]

  • 名誉顧問:岡田茂樹
  • 球団代表:川戸康嗣
  • 代表代行:西村聡
  • 女子硬式野球部総監督:小池兼司
  • 男子硬式野球部監督:福島聡
運営会社所在地
〒592-0014 大阪府高石市綾園7-3-35 櫛谷ビル303

歴史[編集]

2009年[編集]

2009年1月に株式会社ホークスドリームが設立される。球団運営は名誉顧問である岡田茂樹(医療法人岡田会 岡田クリニック理事長)をトップとして組織。総監督は門田博光

12月に入団テストを行いチームを結成。選手はホークスドリームのグループ会社や医療施設を含めた施設で働きながらチームに所属する。

2010年[編集]

発足当初は、「神戸9クルーズのファーム」[1]「メジャーリーグ、NPB、9クルーズを目指すための選手育成球団」と称し、選手育成を目的として活動していた。練習試合では主にKANDOK勢と対戦し、紀州レンジャーズ、神戸9クルーズにも快勝した実績から、「独立リーグキラー」の異名を取る[要出典]

10月27日、2011年シーズンより関西独立リーグに参戦することを発表した[1]。監督には前韓国ヘチコーチの田中実が就任。

また、ネパールナショナルチーム主将のイッソー・タパが同国出身者初となるプロ選手として入団した[2]

2011年[編集]

2011年1月9日に大阪市浪速区で開催された関西独立リーグ代表者会議で参入が正式決定する。

4月10日に参入後初の公式戦、紀三井寺球場で行われたスプリングカップ紀州戦を戦い、10-7で初勝利をあげる。スプリングカップは2勝1敗1分の成績で準優勝だった。5月5日に紀三井寺球場紀州レンジャーズと前期リーグ戦開幕戦を戦い、2-0で勝利。しかし前期リーグ戦途中の6月23日、田中監督が2009年に起こした詐欺容疑で逮捕され、「指導者に不適」として解雇される。後任には門田総監督が就任[3]したが、前期リーグ戦・後期リーグ戦ともに最下位に終わった。

シーズン終了後の10月21日、来年度はリーグ参加を見送る予定と報じられる[4]。2012年はカップトーナメント戦にのみ参加することとなった。

2012年[編集]

7月22日、関西独立リーグサマーカップに出場し、1回戦で紀州レンジャーズに敗れた。9月11日、関西独立リーグを脱退[5]

2013年[編集]

この年より、球団名を「大阪HDベースボールクラブ」に変更。日本野球連盟に加盟し、社会人野球チームとして活動する。

成績[編集]

年度 監督 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
2011 田中実→
門田博光
5 24 7 16 1 .304 8.0
5 24 5 15 4 .250 11.0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 元南海・門田氏が総監督、新球団参入…関西独立リーグ”. スポーツ報知大阪版 (2010年10月27日). 2010年11月19日閲覧。
  2. ^ 夢 右腕に懸けて ネパール人初プロ野球選手誕生”. 大阪日日新聞 (2010年11月24日). 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ 大阪 田中監督を解任!門田総監督が監督に”. スポニチアネックス (2011年6月23日). 2011年10月15日閲覧。
  4. ^ 大阪と奈良拠点の新球団誕生へ…関西独立L”. スポーツ報知 (2011年10月21日). 2011年10月22日閲覧。
  5. ^ 関西独立リーグ脱退についてのお知らせ”. ホークスドリーム (2012年9月21日). 2012年10月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]