大野幹代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおの みきよ
大野 幹代
プロフィール
生年月日 1974年6月17日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 B型
公称サイズ(2005年時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 83 - 59 - 86 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 1989年
ジャンル 歌手タレント
モデル内容 一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

大野 幹代(おおの みきよ、1974年6月17日 - )は、日本タレント女優歌手。元女性アイドルグループCoCoのメンバー。東京都千葉県で育つ。日出女子学園高校大東文化大学卒業。愛称はミッキー

来歴

人物・エピソード

  • CoCoではメンバー中最年少であり、一番の長身でもあった。(167cm)
  • CoCo解散後の翌年(1995年1月15日)に成人式を迎えて新成人となった。
  • 性格は真面目。学生時代はかなりの頻度で班長に選出されたり、高校では学級委員長を務めていたことからも、その真面目でしっかりとした性格が窺える。CoCoで一緒であり、同じ高校の先輩にあたる三浦理恵子は大野について「年下なのにしっかりしてる」「頼りにしちゃう」と述べている。
  • 口癖は「やっぱし(やっぱり)」。
  • 同じ高校に通っていた河田純子と仲が良く、仕事が忙しくプライベートで遊ぶことが難しい状態ではあったが「卒業までに2人で泊りがけの旅行したいね」と約束をする仲だった。また、トークの際にワンテンポ遅れてしまいがちな河田に素早いツッコミの仕方を教えていたのは大野だった。[要出典]
  • 授業を受ける際のノートの取り方が上手く、休み時間には大野の周りに「ノートを見せて」という友人が集まっていた。[要出典]そのことについて河田は「すごくキレイなノートなんですよ。まとまってるし、字もキレイだし、カラフルにペンとか使ってるし」と褒めている。また、大野の性格については「ホントにね、すごく真面目なんですよ」と述べている。
  • 小学5年生から中学1年生の間、劇団に所属していた。
  • 中学生の時に歩道橋から自転車ごと転落し、顔の左半分を擦り剥く大怪我をした。
  • 1989年4月29日の「パラダイスGoGo!!」で、1期生に途中参加という形で加わったが、テレビ初登場時の最初の挨拶の後宮前と目が合った途端に泣き出した。
  • 「パラダイスGoGo!!」のとあるコーナーの司会をしていた時に、コーナー名を言い間違えたために一時期あだ名が「くっさー」だった。
  • 「フジテレビ夏のキャンペーン」の沖縄でのCM撮影では、声が大きいから、という理由で声出しリーダー(キャプテン)を務めた。
  • 声はやや低め。歌声も低めだが安定感があり、CoCoでは瀬能に次ぐ歌唱力を持っていた。そのためか、CoCoの曲は大野のパート(または大野&誰かのパート)から始まる曲が多かった。[独自研究?]
  • 初期はグループ内での妹キャラを印象付けるために髪型を三つ編みにしていた。ちなみにCoCoでは一番年下だが、実際はメンバー内で唯一長女である(5人姉弟の長女)。そのためか年下ながらラジオ等でもまとめたり仕切ったりすることが多く、一時期は「仕切り屋」と呼ばれていた。また、雑学をよく知っていたため、他のメンバーや番組スタッフ等一部には「CoCoの知恵袋」と呼ばれていた。[要出典]
  • CoCo時代はとにかく涙脆いことで知られ、「泣き虫ミッキー」とも呼ばれていた。しかしグループの大きな転換期となった瀬能あづさの脱退コンサートではメンバー内で唯一涙を見せなかった。それに関して大野は「普段の私を知っている人は、当然のように私が一番先に泣くものだと思っていたみたいだけど、何故かあの時は「ここで泣いちゃいけない」って思ったんです。あっちゃんがいなくなってしまうのは勿論淋しいし悲しかったけど、みんなが泣き崩れているのを見ていたら「私だけは泣かない」って気持ちになったんです」と後に語っている。また、CoCoの解散コンサートでも涙を見せたのはメンバーで最後だった。
  • CoCoが4人になってから行われたアンケートの『今までで一番悲しかったこと』という項目には、メンバーで唯一「あっちゃんが抜けちゃったこと」と答えている。

趣味・嗜好

  • が好きであり、知られているだけでも「チャッピー」「チャミ」という名前の鳥と、ゴールデンレトリバーの「リバー」という犬を飼っていた。ちなみにこの犬の名前の由来はそのままレトリバーのリバーであることを本人が明かしている。
  • 得意教科は国語、苦手教科は理科である。
  • 水泳が苦手である。
  • お化け屋敷等の怖いものやジェットコースター等の絶叫マシンが苦手である。また、道化恐怖症(ピエロ恐怖症)である。すぐに顔が赤くなるため、赤面症の傾向もある。[要出典]

ディスコグラフィー

ソロ

シングル

  1. 許して… (1992年7月1日、ポニーキャニオン)
  2. 震える決心 (1993年5月21日、ポニーキャニオン)

ベストアルバム

  1. 大野幹代 SINGLESコンプリート (2007年8月、ポニーキャニオン) - DVD付

LOVE TRACE

シングル

  1. De ja vu/風に吹かれて (2000年1月、自主制作)
  2. Dive/ミルクティー (2000年7月、自主制作)

※CoCo時代の作品はCoCoの項を参照

主な出演作品

バラエティー番組

テレビドラマ

CM

CS・BS

  • パイオニアBEATカラリク (1999年、スカイパーフェクTV!) - 司会
  • アキバTVショップ (2000年、スカイパーフェクTV!) - 司会
  • MacTV-J (2000年、スカイパーフェクTV!) - 司会

ラジオ

  • 10-NIGHTS STORIES (2000年、TOKYO FM) - ラジオドラマ

Vシネマ

※CoCo時代の作品はCoCoの項を参照

ゲームソフト

書籍

写真集

  • NOVA LUNA (1993年9月、山内順仁撮影、ワニブックス)
  • The Wind Rose… (1995年6月、藤田修平撮影、近代映画社)
  • true blue (1996年2月、木村晴撮影、ぶんか社)
  • scarlet (1997年10月、木村晴撮影、ワニブックス)
  • デジタル写真集 Ou Vol.1-4 (2002年6月、山内順仁撮影、art town)

関連項目