大邱市民運動場野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大邱市民運動場野球場
대구시민운동장야구장
大邱市民運動場野球場
施設データ
所在地 大邱広域市北区コソン洞
3街6番地
座標 北緯35度52分53秒 東経128度35分11秒 / 北緯35.88139度 東経128.58639度 / 35.88139; 128.58639座標: 北緯35度52分53秒 東経128度35分11秒 / 北緯35.88139度 東経128.58639度 / 35.88139; 128.58639
開場 1948年4月20日
所有者 大邱広域市
グラウンド 人工芝
使用チーム • 開催試合
三星ライオンズ(1982年~現在)
収容能力
13,941人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 98 m (約 321.5ft)
中堅 - 120 m (約 393.7 ft)
フェンス 3 m (約9.8 ft)

大邱市民運動場野球場(テグしみんうんどうじょうやきゅうじょう、대구시민운동장야구장)は韓国大邱広域市にある野球場韓国プロ野球三星ライオンズが本拠地としている。

1948年完成、1981年に改修された。1982年に韓国プロ野球が発足すると三星ライオンズの本拠地球場となった。近年は老朽化が激しく、球場内の鉄骨にひびが見つかったことから観客席に倒壊のおそれがある。そのため、大邱広域市は2012年12月から新スタジアム(大邱地下鉄2号線大公園駅近くに位置)の建設を開始し、2015年10月完成予定で2016年シーズンからの利用を予定している[1]。なお新球場の建設費の一部はサムスングループも出資する。また、スコアボードに表示されているボールカウントも『SBO』から『BSO』に変更されて、杮落しとなる予定。

当面の対策として2006年のシーズン終了後にわずかではあるが再度の改修をほどこされた。人工芝を拭きなおし、それまで存在していたラッキーゾーンが撤去されて外野が広くなった[2]。なお、2009年より座席のリニューアルが行われた。

収容人員10,000人と韓国プロ野球各球団の本拠地球場で最も少ない。

拡張前は外野フェンスまでの距離が公称より短いという疑いもあり、韓国プロ野球の球場で一番ホームランが出やすい球場と評されていた。

韓国における1シーズンのホームラン記録を持っているイ・スンヨプが三星ライオンズに在籍していた間は、さらにラッキーゾーンも存在していた。2003年最終戦で放った56号も外野フェンスに当たってこのラッキーゾーンに落ち、打ち上げ花火の設置をするなど記念イベントの準備をしていた職員によって拾われた(その後、ホームランボールは球団に寄贈された)。

交通機関[編集]

スタジアムのダッグアウト[編集]

この球場を本拠地としている三星ライオンズが3塁側を使用し、ビジターチームが1塁側を使用する。

リファレンス[編集]


前本拠地:
初本拠地
-
三星ライオンズの本拠地
1982 - 現在
次本拠地:
n/a
-