大谷能生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大谷 能生(おおたに よしお、1972年6月29日 - )は、評論家音楽家青森県八戸市出身。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。

概要[編集]

青森県立八戸高等学校卒業、横浜国立大学教育学部中退。

1996年2002年までは「複製技術を前提とした音楽制作に対応する批評の確立」を目的とする音楽批評誌「EsPresso」を編集・執筆する他、批評活動、演奏活動(サックスエレクトロニクス奏者であるが、最近ではラップ朗読を披露する事も増えた)をメインに教養的かつレフトな姿勢で日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わり、アンダーグラウンドでは着実に評価を得ていく。

彼の名を一般に広くしたきっかけの一つは菊地成孔とコンビを組んでの活動だといわれる。東京大学教養学部アテネ・フランセ映画美学校で共に音楽の講義を担当し、その講義録を出版。FMラジオ・パーソナリティを共に務めている。 他に、演奏家としてのライブ活動や、自身主催の対談イベント『大谷能生のフランス革命』や音楽、文学に関するレクチャーを開くなど精力的に活動をしている。

彼の嗜好は幅広く、音楽に関しては一番好きなのはモダン・ジャズと発言しているが、現代音楽ブラック・ミュージックにも精通し、批評を行っている他、J-POPにも好きなものがあるという。

書籍[編集]

単著[編集]

  • 貧しい音楽(月曜社、2007年10月)
  • 散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む (ブレインズ叢書:メディア総合研究所、2008年12月)
  • 持ってゆく歌 置いてゆく歌―不良たちの文学と音楽(エスクァイア マガジン ジャパン、2009年4月)※発売はアクセスパブリッシング
  • 植草甚一の勉強(本の雑誌社、2012年1月)
  • ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く(本の雑誌社、2013年5月)
短編小説
  • 鏡の国のデューク・エリントン楽団(新潮、2008年5月号)
  • 空地(「STRANGE FICTION」SFマガジン2009年5月増刊号、早川書房、2009年3月)

菊地成孔との共著[編集]

  • 憂鬱と官能を教えた学校 (河出書房新社、2004年9月11日)
  • 東京大学のアルバート・アイラー ―東大ジャズ講義録・歴史編(メディア総合研究所、2005年5月)
  • 東京大学のアルバート・アイラー ―東大ジャズ講義録・キーワード編(メディア総合研究所、2006年3月)
  • M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究(エスクァイア マガジン ジャパン、2008年3月)
  • アフロ・ディズニー エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで(文藝春秋、2009年8月)
  • アフロ・ディズニー2 MJ没後の世界(文藝春秋、2010年9月)
  • JAZZDOMMUNE(メディア総合研究所、2012年1月)

共著[編集]

  • 日本の電子音楽(愛育社、2006年7月) ※川崎弘二が主著者
  • 大谷能生のフランス革命(以文社、2008年3月)門松宏明との共著
  • 日本ジャズの誕生(青土社、2008年12月)瀬川昌久との共著
  • 魔法なんて信じない。でも君は信じる。(大田出版、2009年10月) 西島大介との共著
  • 村上春樹を音楽で読み解く(日本文芸社、2010年9月)栗原裕一郎鈴木淳史大和田俊之、藤井勉との共著
  • ジャニ研!ジャニーズ文化論(原書房、2012年10月)速水健朗・矢野利裕との共著

音楽作品[編集]

ソロ[編集]

  • 「河岸忘日抄」より (HEADZ、2006年12月)
  • Jazz Abstractions (BLACK SMOKER RECORDS、2012年3月)

JAZZ DOMMUNISTERS[編集]

  • BIRTH OF DOMMUNIST(ドミュニストの誕生)(ビュロー菊地 / Apollo Sounds、2013年11月)

mas[編集]

  • turn(Flyrec、2004年)
  • steppers+(Flyrec、2005年)
  • えんけい(Penguinmarket Records、2010年)

sim[編集]

  • sim(HEADZ、2005年)
  • common difference(MIDI CREATIVE、2006年)
  • Monte Alto Estate(doubtmusic、2009年)
  • sec:ond sim(doubtmusic、2011年)

feep[編集]

  • the great curve(mao、2003年)

プロデュース[編集]

  • Le son sauvage/Tokyo Next Texture (ewe、2005年3月23日)

その他 、共作など[編集]

  • 『みずうみのかもめ』(『長短調(または眺め身近め)』公式サウンドトラック)

大谷能生:作曲、プロデュース 中野成樹:作詞

作詞作曲:入江陽。大谷能生・大島輝之によるリミックス。 (入江陽の2013年のアルバム『水』に収録)

  • 『秋刀魚にツナ~リアルタイム作曲録音計画』

大島輝之との共作

ラジオ番組[編集]

  • WANTED!」水曜日 (JFN全国34局ネット 水曜日27:00~29:00) 2005年4月~2006年3月の1年間、菊地成孔と担当していた。
  • 2011年1月1日の坂本龍一ニューイヤー・スペシャル(NHK-FM)にて坂本龍一とフリーセッションを行う。ラップなどを披露した。

参加バンド[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]