大西清右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大西清右衛門美術館

大西清右衛門(おおにし せいえもん)は、千家十職釜師。大西家は、室町時代後期から400年以上続く京釜師の家。四代目当主が清右衛門をなのり、六代目以降九代目をのぞき、代々の当主は清右衛門という名を継いだ。京都市中京区三条釜座(かまんざ)に工房があり、「大西清右衛門美術館」も併設されている。

現在は十六代清右衛門が当主。十五代の長男として京都に生まれ、大阪芸術大学美術学部彫金科卒業。父が隠居の後、1993年に十六代清右衛門を襲名した。

大西家歴代[編集]

  1. 浄林 (1594 - 1682) :(五郎左衛門)
  2. 浄清 (1594 - 1682) :(五郎左衛門) 古田織部小堀遠州らにつかえ、茶釜師としての大西家の基礎を確立した。
  3. 浄玄 (1630 - 1684) :(仁兵衛)
  4. 浄頓 (1645 - 1700) :(清右衛門)
  5. 浄入 (1647 - 1716) :(新兵衛)
  6. 浄元 (1689 - 1762) :古浄元(清右衛門)表千家中興の祖七代如心斎天然につかえ、家元好みの釜を多数つくった。
  7. 浄玄 (1720 - 1783) :くろ玄(清右衛門)
  8. 浄本 (1747 - 1785) :(清右衛門)
  9. 浄元 (1749 - 1811) :左兵衛浄元
  10. 浄雪 (1777 - 1852) :(清右衛門)表千家十代家元吸江斎のころの人。家元より「弄鋳軒」の軒号を受ける。名物釜を調査し、記録に残した。
  11. 浄寿 (1808 - 1875) :(清右衛門)
  12. 浄典 (1841 - 1869) :(清右衛門)
  13. 浄長 (1866 - 1943) :(清右衛門)
  14. 浄中 (1888 - 1960) :(清右衛門)
  15. 浄心 (1924 - 2002) :(清右衛門)
  16. 当代 清右衛門 (1961 - )

参考図書[編集]

  • 『茶の湯の釜』大西清右衛門(著) 淡交社 2004年 ISBN 4473031438

外部リンク[編集]