大西洋主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大西洋主義または汎大西洋主義(たいせいようしゅぎ、はん-、英語:Atlanticism)とは、西欧諸国と 北米諸国(アメリカ合衆国カナダ)の政治経済軍事における協調政策である。その目的は、参加国の安全保障および共通の価値観である「民主主義、個人の自由、法の支配」を守ること、とされている[1]。大西洋主義の理念を共有する人は大西洋主義者(AtlantistまたはAtlanticist)と呼ばれる。その名前は参加国を2分する大西洋に由来するが、大西洋がそれら2つの諸国を結びつけているとも言える。大西洋主義者は大陸主義とは相容れない存在である。

北大西洋条約機構理事会(NATO理事会、North Atlantic Council)は、大西洋主義における協議および意思決定のための主要な政治的舞台である。著名な大西洋主義者には、元イギリス首相 トニー・ブレア、現イギリス首相ゴードン・ブラウン、 元米国国家安全保障担当大統領補佐官ズビグネフ・ブレジンスキー、そして現欧州連合共通外交・安全保障政策上級代表ハビエル・ソラナがいる。 北大西洋条約機構(NATO)は大西洋主義に基づく組織の1つであり、F-35戦闘攻撃機は大西洋主義プロジェクトの1つである。強く大西洋主義を支持するポーランドルーマニアのような東欧諸国の指導者たちは、「大西洋主義者ならば、必ず西欧(または北米)に住まなければならない、などと云うことはない」との見解を公言している[2]

21世紀に入り、大西洋主義はテロリズムイラク戦争を通じて重大な変化を経験している。参加国の安全保障に北米地域以外の同盟活動が必要となってきているなど、その理念自体に疑いが生じている。 2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件後、NATOは加盟国に対するいかなる攻撃も同盟全体に対する攻撃と見做すとする北大西洋条約の第5条を発動した[3]。NATOの多国籍AWACS部隊が米国上空を飛行して軍用航空の管制を行なった[4][5]、欧州諸国は兵員と装備を配備した[6]2006年、NATO理事会は、NATOの最優先課題はアフガニスタンの平和と安定化への貢献であると宣言した[1]2006年末までにNATOはアフガニスタンに32,000人を派兵した(米軍の11,000人のアメリカ人を含む)[7]。しかしイラク戦争は、米国と西欧諸国、そしてポーランドのような東欧諸国との間に亀裂を生じさせた。スペインイタリアのようなイラク戦争を支持した国々では、その後の選挙でイラク戦争に賛成した政権が下野した。しかしトニー・ブレアはブッシュ大統領との関係にもかかわらず再選され、イラク戦争を支持した。2003年から2005年にかけてのルーマニアポーランドCIAの秘密の監禁施設との関係(両国ともそのような監禁施設の存在を否定している)は、大西洋主義の理念を傷つけた[8][9]。しかしその後、ドイツおよびフランスでは、イラク戦争への幅広い反対意見にもかかわらず、大西洋主義の指導者たちが当選した[10][11]ターリバーンの制圧が思うように進まず、米国と欧州連合との間の政治的内紛によりNATO内部は緊張したが、ロシアグルジアの間で起こった南オセチア紛争では関係改善が見られた[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b North Atlantic Council. "Riga Summit Declaration," 2006-11-29. Retrieved on 2007-10-13
  2. ^ "The new kids on the block," The Economist, 2007-01-04. Retrieved 2007-10-14. Quote: "Romania, under its president, Traian Basescu, is a bastion of Atlanticism in the Black Sea region."
  3. ^ North Atlantic Council. "Statement by the North Atlantic Council," 2001-10-12. Retrieved on 2007-10-13
  4. ^ NATO. "NATO Airborne Early Warning Aircraft Begin Deploying to the United States," 2001-10-09. Retrieved on 2007-10-13
  5. ^ Schmitt, Eric. "NATO Planes to End Patrol of U.S. Skies," The New York Times, 2002-05-02. Retrieved on 2007-10-13.
  6. ^ NATO, "Statement to the Press, by NATO Secretary General, Lord Robertson," 2001-10-04. Retrieved on 2007-10-13
  7. ^ Shanker, Thom. "Leaving NATO, U.S. General Still Seeks Troops for Afghanistan," The New York Times, 2006-12-21. Retrieved on 2007-10-13.
  8. ^ Grey, Stephen, and Doreen Carvajal. "Secret Prisons in 2 Countries Held Qaeda Suspects, Report Says," The New York Times, . Retrieved on 2007-10-14.
  9. ^ "We were there for America," The Economist, 2007-03-01. Retrieved on 2007-10-14.
  10. ^ "European press review," BBC News, 2005-11-23. Retrieved on 2007-10-14.
  11. ^ "The Gaullist revolutionary," The Economist, 2007-05-10. Retrieved on 2007-10-14.
  12. ^ "NATO," The Economist, 2007-07-05. Retrieved on 2007-10-14.