大西健丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大西 健丞(おおにし けんすけ、1967年5月29日 - )は、日本のNGOピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)の代表理事兼統括責任者、公益社団法人CIVIC FORCE代表理事。経済同友会会員(米州委員会副委員長、オリンピック招致・推進委員会副委員長)。学歴ブラッドフォード大学平和研究学部 国際政治・安全保障学 修士課程修了学位修士。大阪大学人間科学科博士課程単位取得満期退学。

大阪府出身。NGOの人道援助を支えるため政府、企業などが資金・人材・ノウハウなどを出し合う「ジャパン・プラットフォーム」の設立に尽力。その後、そのコンセプトをアジアに広げるため「アジアパシフィック アライアンス」を設立し、現在、CEO。国際ボランティア学会理事も務める。ダボス会議ヤンググローバルリーダーに選出。

経歴[編集]

大阪市北区で誕生。父は読売新聞記者、母は高校教師。私立上宮高校を卒業後、1987年、上智大学文学部新聞学科に入学。フィリピンインドネシアで農村開発NGOの活動に接した。

上智大を卒業後、英国ブラッドフォード大学大学院に留学し、国際政治・安全保障学修士課程で紛争解決、人道介入を学ぶ。在学中、研究テーマとしたイラク北部・クルド人自治区での人道介入の実際を見るため、現地を訪問。オックスファムなど欧米のNGOの大規模な活動ぶりに感銘を受け、NGOへの就職を志す。

1994年、NGO「アジア人権基金」に入り、イラク北部担当調整員に。96年、同基金が資金難でイラクから撤退したのを受け、他の2人のスタッフとともにピースウィンズ・ジャパンを設立した。モンゴル、インドネシアなどへ活動を拡大し、紛争地や自然災害の被災地で難民・被災者らの支援を行ってきた。

日本のNGOが緊急支援の資金調達に苦しむ状況を改善するため、政府、経済界などに協力を求め、ジャパン・プラットフォーム(JPF)の設立を主導。2000年に初代の評議会議長に就任した。2006年7月には理事・常任委員長となった。

2001年にはアフガニスタンで国内避難民支援に携わり、同年12月のアフガニスタン復興NGO東京会議の開催に奔走。翌2002年1月に、政府が主催したアフガニスタン復興支援国際会議への出席を予定していたが会議前日に外務省から出席を拒否された(NGO参加拒否問題。しかし、翌日には外務大臣命令で正式参加承認)。記者会見でその不当性を訴え、背後に鈴木宗男の「圧力」があったと指摘したことで政治問題化し、国会での参考人招致も受けた。

2006年2月、10年余のNGO活動をまとめ、初の単著である『NGO、常在戦場』を出版した。また、同年、世界経済フォーラムから「ヤング・グローバルリーダー」に選出。

2008年、国内災害支援のプラットフォームとして、災害即応チーム(後の公益社団法人シビックフォース)を発足。2011年の東日本大震災でも、600社、5万人の支援を得て被災地復興を実施。 2010年、鳩山首相の諮問会議「新しい公共円卓会議」委員に就任。また、広島県「瀬戸内 海の道構想」策定委員会委員(ワークショップ座長)就任。

2012年10月、アジアパシフィックアライアンス(Asia Pacific Alliance for Disaster Management)を第5回アジア閣僚級防災会合において設立発表し、初代CEO就任

2013年、広島県を拠点に、犬の殺処分ゼロを目指した殺処分ゼロ1000日計画を発表し、犬の保護シェルターの運営を開始。

著作[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]