大臀筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大臀筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 下殿神経
部位
体肢筋
下肢の筋
下肢帯筋
外寛骨筋
臀筋
ラテン名
Musculus gluteus maximus
英名
Gluteus maximus muscle

大臀筋(だいでんきん、gluteus maximus muscle)は人間腸骨筋肉股関節の伸展(特に屈曲位から)、外旋を行う。

起始は浅部と深部に分けられる。浅部は腸骨稜、上後腸骨棘、仙骨および尾骨から起こり、深部は後臀筋線の後ろの腸骨翼、仙結節靭帯および中臀筋の筋膜から起始し、上部は腸脛靭帯で終わるが、下部は臀筋粗面で終わる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]