大腰筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大腰筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 腰神経叢
部位
体肢筋
下肢の筋
下肢帯筋
外寛骨筋
腸腰筋
ラテン名
Musculus psoas major
英名
Psoas major muscle

大腰筋(だいようきん、psoas major muscle)は哺乳類胸椎腰椎筋肉股関節の屈曲(わずかに外旋)、脊柱の屈曲を行う。食肉家畜のいわゆるヒレ肉が、大腰筋に相当する部分である。

ヒトの大腰筋[編集]

起始は浅部と深部に分けられる。浅部(浅頭)は第12胸椎と第1~4腰椎の側面およびそれらの間に介在する椎間円板から起こり、深部(深頭)は第1~5腰椎の肋骨突起から起始し、腸骨筋と合流して腸腰筋となり腸骨筋膜に包まれ、腸恥隆起を越えて走り筋裂孔を通って小転子で終わる。

大腰筋の神経支配は、腰神経叢の筋枝(Th12),L1-3,(L4)である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]