大胸筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大胸筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 胸筋神経
知覚神経: 鎖骨上神経
動脈: 胸肩峰動脈
部位
体幹筋
胸部の筋
胸腕筋
ラテン名
musculus pectoralis major
英名
pectoralis major
起始・停止
  • 起始:鎖骨内側前面1/2
    胸骨と肋軟骨(第2~第7肋骨前面、深部で第3~第5肋軟骨)
    腹直筋鞘の上端
  • 付着部:上腕骨大結節稜

大胸筋(だいきょうきん)は、胸部の筋肉のうち、胸郭外側面にある胸腕筋のうち、鎖骨胸骨と肋軟骨(第2~第7前面)、腹直筋鞘の3部を起始とし、上外方に集まりながら、上腕骨の大結節稜に停止する。

大胸筋の筋力トレーニング[編集]

大胸筋を鍛える筋力トレーニング法には多くの種目が存在する。最も手軽で一般的なのはプッシュアップ(腕立て伏せ)であり、バーベルを使ったベンチプレスダンベルを使ったダンベル・フライなどもよく知られている。身体前面に位置し、もっとも目立つ筋肉の一つであることからボディビルなどでは重要視される筋肉の一つ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]