大聖堂 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大聖堂』(だいせいどう、英語: The Pillars of the Earth)は、ケン・フォレットによる歴史小説。1989年に発表され、日本では1991年新潮文庫から矢野浩三郎訳により出版された。2005年にはソフトバンク文庫により再版されている。

12世紀中葉の史実を背景として、キングズブリッジという架空の町に建築される大聖堂を中心として展開される群像劇。ホワイトシップの遭難から始まる無政府時代からカンタベリー大司教トマス・ベケットの暗殺という半世紀の間が描かれている。

ロマネスク建築からゴシック建築へ移り変わる技術的な歴史も背景としている。キングズブリッジは実際のイングランドの町から名前をとっているが、作中のキングズブリッジは筆者の創作によるものである。

ケン・フォレットはこの小説以前はスリラー小説のジャンルで活躍していたが、大聖堂は全世界で2,000万部を売り上げ、代表作となった。

続編の『大聖堂-果てしなき世界』(World Without End)が2007年10月に発売された。日本では2009年にソフトバンク文庫から戸田裕之訳により出版されているが、内容的には直接の続編ではない。

2010年に本作のテレビドラマが制作され、日本では2011年に放映されている。

あらすじ[編集]

トム・ビルダーは腕の立つ石工で、かつてとある大聖堂の建築に参加していた。トムはそれにより腕を上げ、とある伯領の専属石工として雇用を持ちかけられるほどであった。妻のアグネスは夫にそれを受けて欲しかったが、トムはいつの日か自分の設計した大聖堂を建築することを生涯の夢としており、専属石工の座を断っていた。しかし彼は腕が立つため、仕事には困らなかった。

トムはその秋はとある領主の息子の新婚のための屋敷を建築していた。しかしその領主の息子であるウィリアム・ハムレイは、シャーリング伯爵令嬢アリエナに婚約を解消されてしまった。アリエナは高慢で知的な少女であったため、粗野で下品なウィリアムとの結婚を断ったのである。トムは解雇されたため、冬を越すためしばらく農作業の手間賃を稼ぎ晩秋に移動を開始したが、貴重な財産である豚を盗まれ、また冬を迎えて仕事がどこにも見つからずに困窮した。出発の時期が悪く、すでに冬に入って建築はどこも休止していたのだった。

トムの一家は、森で暮らしていたエリンとその息子のジャックに助けられた。トムとエリンは互いに惹かれるものを感じたが、トムは再び仕事を求めて町から町へさまよう。

フィリップとその弟のフランシスは孤児で、両親はウェールズで兵士たちに襲われ殺された。修道院で育てられたフィリップはやがて博識で敬虔な修道士となった。やがてキングズブリッジの修道院の分院を任され、それを見事に立ちなおさせると、財政的にもモラル的にも破綻している本院の再建も望むようになった。

そんな時、修道院でなくより世俗的な教会での出世の道を選んだ弟フランシスが訪ねてきた。当時のイングランドはヘンリー1世の嫡子がホワイトシップの遭難で失われたために、後継者がその娘のマチルダと指名されていた。フランシスはフィリップにヘンリー1世が死去し、甥のスティーブンがイングランドへ乗り込んできて王位を奪ったことを知らせた。そしてフランシスは兄のフィリップに、シャーリング伯がそのスティーブンに反旗を翻そうとしていることを何とかして知らせて欲しいというのだ。スティーブンの弟はウィンチェスター司教ヘンリーであり、教会勢力に権限を認めると目されていたので、教会としてはスティーブンの即位は望ましかった。

フィリップはキングズブリッジの司教に会いに行くが、司教は不在。フィリップは助祭長のウォールランにシャーリング伯の蜂起の情報を告げ、その善処をウォールランに任せることにした。ウォールランは近くの領主であるパーシー・ハムレイにその情報を伝えた。パーシー・ハムレイは野心があり、息子のウィリアムとシャーリング伯爵令嬢アリエナとの婚約もその一環であった。ウィリアムはアリエナへの婚約の再考を促すことを名目にシャーリング伯の居城へ行きその情報を確かめた。パーシーとその妻のリーガンは野心から、また息子のウィリアムは自分を振り家名を貶めたアリエナへの意趣返しから、シャーリング伯爵襲撃を決めた。

一方で森をさまようトム・ビルダーは窮地に陥っていた。妻のアグネスは寒い森の中で出産し、産褥で死んでしまった。食料もなく赤子に乳を与えられないため、トムは妻の遺体を産め、そこに赤子を放置した。しかし、やがてそれは大きな罪だと考え、せめて連れて行こうとそこに戻ったが、赤子は既に、フランシスがフィリップの修道院に連れて行った後だった。トムはそれを知り、赤子の世話を修道院に任せようと決める。

トムはやがてエリンとジャックと再会する。エリンはトムの妻が死んだことを知り、ジャックを連れてトムの一家に合流した。トムとエリンはすぐに男女の仲になる。しかし、トムの息子のアルフレッドはジャックが博学で知的なのが気に食わなかった。一方でジャックもアルフレッドがすでに働いており、体も大きいために傲慢なため、嫌悪した。エリンは2人の反目を心配するが、トムはアルフレッドを溺愛しており、2人の仲を放置していた。アルフレッドは妹のマーサもよくいじめの対象にしていた。一方でジャックとマーサは互いに仲良くなった。

トムたちはキングズブリッジへ向かうが仕事は無かった。藁をもつかむ思いでシャーリング伯の城へ向かうと、そこでは戦争の準備中であった。シャーリング伯はスティーブン王に対し蜂起しようとしていたのだ。トムは城の不備を指摘し、伯爵に雇われることに成功した。その夜、ジャックはシャーリング伯令嬢アリエナを食堂で見て、その美しさに惹かれる。

しかし、そこにシャーリング伯の蜂起をウォールランから知らされたパーシー・ハムレイの軍が乱入してきた。パーシーの息子であるウィリアムが僅かな部下と共に先行して跳ね橋が上がらないようにしており、また本丸に先に立てこもっていたのだった。シャーリー伯爵は降伏し逮捕された。ウィリアムはアリエナに再度結婚の意志を尋ねるが、はねのけられた。

フィリップはキングズブリッジ修道院で、修道院長のジェームズが死んだことを知った。副院長のリミジアスが院長になろうと狙ったが、フィリップは自分が院長となって修道院を建て直すのが天啓だと信じ、自らも立候補を表明した。カスバートやミリアスといったフィリップの支持者の支持を得て一時は優勢となったが、リミジアスは政治的な手段で立候補者を自分ひとりにさせようとした。そこへウォールランがやってきた。ウォールランは立候補を指名できる権限を自分が持っていると告げ、フィリップと取引を持ちかけた。キングズプリッジの司教が死んだら自分を指名することを約束すれば、フィリップを立候補者に指名すると言う。フィリップは迷いながら、天啓を信じてこの取引を受けた。フィリップが修道院長となるやウォールランは司教が死んだことを知らせた。明らかにその死を隠して取引したのであった。フィリップは渋々と約束どおりウォールランを司教に推薦し、ウォールランは司教の座を得た。

トムの一家はシャーリング伯の城から解放されたが、アテはなかった。キングズブリッジの修道院で一夜を過ごすが、ジャックはこのキングズブリッジの修道院の聖堂が無くなればトムに仕事ができ、母と定住できると考え、夜中に抜け出て放火した。聖堂は全焼した。トムは応急処置を申し出て、寝食と引き換えに雇われた。

トムは夢であった大聖堂の建築をフィリップに申し出た。フィリップは修道院の再建の象徴として、またキングズブリッジを豊かにするためにも、大聖堂の建築を同じく夢見たが、とても資金が無かった。しかし、そこへ司教となったウォールランがやってきて、反逆者である先のシャーリー伯の領土とその採石場と森林を王に願い出れば大聖堂が建てられると示唆した。共に王の宮廷へ向かう。一方で、パーシー・ハムレイとその妻のリーガンも宮廷におり、伯爵を逮捕した功績として伯爵領を願い出ていた。リーガンはウィリアムに対し、ウォールランに利用されているだけだと告げた。ウォールランは自らの城を建て始めており、その資材と資金を流用するためにフィリップを利用していたのだ。フィリップはリーガンと取引し、伯爵の称号と重要な領土、そして市場をハムレイ家が取るのに対し領土の一部と採石場と森林の権利を要求した。しかしリーガンは1枚上手で、採石場は採石の権利のみが修道院に与えられた。しかしながら、大聖堂建築の許可が下りたのである。

ウォールランを出し抜いたため、ウォールランは以後、フィリップの生涯の敵となってしまったが、フィリップは大聖堂の建築を開始することができた。トム・ビルダーを棟梁として正式に雇い、作業が始まった。トムは熱心に作業をする中、修道院で育つジョナサンと名づけられた彼の息子を可愛がった。

一方で、前伯爵令嬢アリエナは弟のリチャードと共に城に隠れ住んでいた。それをウィリアム・ハムレイは知っており、毎日覗きに来ていた。ハムレイ家は新伯爵として城に移り住むことになり、準備にウィリアムは忠実な郎党のウォルターを連れて城へ向かった。ウィリアムは2人が隠れ住んでいる場所へ行き、1人残っていた遺臣を切り殺し、アリエナをウォルターと共に犯した。そして弟のリチャードの耳たぶを切り落とし、姉が犯されているのを見させた。2人が油断しているうちにアリエナとリチャードはなんとかその場を逃れ、2人の馬を盗んで逃げ出した。姉弟は王の下へ向かったが、王は出陣して留守であった。アリエナは牢獄に囚われていた前伯爵である父と面会した。父はアリエナに自分はもう死ぬため、自分のことは忘れろという。その代わりに弟のリチャードを伯位につけるために努力することを誓わされた。

姉弟はすぐに困窮したため、アリエナは羊毛で商売をしようと考え、全財産で羊毛を仕入れたが、足元を見られて安値でしか買わないといわれてしまう。そこをキングズブリッジのフィリップ修道院長が適価で買うことを保証した。フィリップは姉弟の凋落の遠因に自分が前伯爵の蜂起を伝えたことがあると感じて助けたのだった。キングズブリッジでアリエナは羊毛の商売に成功した。

イングランドは前王の娘であるモード女帝を中心として現王のスティーブンの間に内戦が始まっていた。また修道院とハムレイ家は、採石場での採石の権利をめぐって次第に反目していく。フィリップは採石場の件を直訴するため、出陣中の王の下へ向かった。しかしその戦いで王は女帝の捕虜となり、フィリップも身代金目的で捕らえられてしまった。しかし、弟のフランシスがモード女帝の陣営におり、無事に釈放された。

スティーブン王が捕らえられたことにより、モード女帝がロンドンに入った。フィリップは採石場の採石権を訴えたが、ハムレイ家もモード女帝側に付いたため、それは拒否された。しかし、代わりにフィリップのおかげでもう一つの請願であった市場の開催が認められた。 アリエナとフィリップはキングズブリッジに羊毛市を開き、盛況となった。シャーリング伯領のシャーリングの羊毛市は寂れてしまう。

トムは大聖堂の建築に取り掛かっていた。トムはやがてエリンと正式に結婚し、ジャックはアリエナと再会する。アリエナとジャックは、共に知的で詩や物語を好むため、2人はやがて恋に落ちた。ジャックはトムの手伝いをするようになり、いつの間にか一流の石工となっていた。ジャックはフィリップに気に入られて、修道士になるように働きかけられた。そのため、フィリップとトムの橋渡し役ともなり、設計などにも関わるようになってきた。トムの息子のアルフレッドは棟梁の一人として働いていたが、ジャックが気に入らなかった。

アリエナは富裕な商人となり、リチャードを貴族の小姓として騎士叙勲させた後に、馬と武器を仕立て、スティーブン王の下へ出資させていた。スティーブン王は捕虜交換で解放され、内戦が続いていたが、リチャードは王のお気に入りの一人であった。

そうした中、シャーリング伯パーシー・ハムレイが突然死亡した。当然自分が後継者だと信じていたウィリアム・ハムレイであるが、王はリチャードの願いもあり、後を継がせるとは明言しなかった。母のリーガンに軍を仕立てて王のために働けば認められると示唆されたが、資金が無かった。その原因の一つであるシャーリングの町の凋落はキングズブリッジの繁栄が原因だと考え、ウィリアムはウォルターなどの郎党を連れ、キングズブリッジを襲撃した。ウィリアムはアリエナの屋敷も襲い、倉庫の羊毛を全て焼いてしまった。そしてその襲撃のためにトム・ビルダーの命が奪われてしまった。

キングズブリッジの襲撃自体は、致命的な損害ではなかった。しかし、ウィリアムがいつ再び襲ってくるか分からないため、キングズブリッジは衰退した。大聖堂の建築はトムの息子のアルフレッドによって継続されることになった。アルフレッドは、全てを失ったアリエナに結婚を申し込んだ。ジャックがアリエナが好きなために、それを邪魔しようとしたのである。アリエナは粗暴なアルフレッドを嫌っていたが、アルフレッドはリチャードに新たな馬と武具の購入を約束したため、リチャードも姉のアリエナにアルフレッドとの結婚を迫った。アリエナはそもそも大勢の人の不幸の原因が自分がウィリアム・ハムレイの求婚を断ったことにあると思い、この求婚を受けることにした。結婚の直前、ジャックはアリエナに対する思いを遂げる。そして翻意を迫るが、それは果たせなかった。ジャックは傷心の中でキングズブリッジから旅立った。アルフレッドはアリエナと結婚したが、どうしても遂げることができずいた。そしてアリエナは不能の原因を押し付けられ、床で寝させられる屈辱を味わう中で、自らが妊娠したことに気付く。このままでは、当然アルフレッドの子どもでないことは明白である。しかしアリエナは隠し通すことを決心する。

アルフレッドは、父のトムが設計した木製の天井に飽き足らず、石造りの天井を計画した。フィリップはアルフレッド許可を与えた。そしてその一部が完成しお披露目の時、天井は重みに耐えられずに亀裂ができ、崩壊した。76人の村人が死亡し、アリエナはそのさ中に子を産む。アルフレッドはアリエナを追い出し、アリエナはジャックの母であるエリンの助言を受け、父親のジャックを探しに大陸へ向かう。アルフレッドはシャーリングへ移って住宅建築の仕事を始め、大聖堂の建築は頓挫した。

一方、ジャックはスペインのトレドにいた。現地に住む聖職者達と共に、より進んでいたイスラムの哲学や数学を学んでいた。特にユークリッド幾何学を学ぶことがジャックには大きな成果であった。ジャックはムーア人のラシード・アルハーンの家で末娘のアイシャに気に入られ、結婚寸前までいったが、アリエナが忘れられず、結局はトレドを旅立つ。アリエナはジャックの足跡を追い続け、パリのサン・ドニの大聖堂で再会した。ジャックは、サン・ドニの大聖堂の建築に関わっていた。そのために、最新型のリブ・ヴォールト尖塔アーチをの建築法を学ぶことができた。

サン・ドニの大聖堂が落成すると、落成式典に大勢の市民が集まったが、市民は退屈からか、石工たちの小屋から工具を持ち出して暴れだした。そのうちの一人が、ジャックがトレドでラシードからもらったマリア像を盗んだのをジャックは見た。そのマリア像は気温の変化を利用する仕組みか、泣き出すことがある不思議な像であった。ジャックはそれを取り戻すことに成功し、さらにそのマリア像を利用して群集を鎮めた。ちょうど夕方で気温が急に下がったせいかマリア像が泣き出したため、奇蹟とされ、市民がコインをジャックへ投げ始めた。ジャックはそれを奇禍として、マリア像はキングズブリッジへ戻される途中であり、寄付をキングズブリッジの大聖堂に使うと宣言した。たまたまキングズブリッジを司教区の一つとしている大司教の保護を得ることができ、公認の下でイングランドへ戻りつつ寄付を募りながら旅をすることになった。そしてノルマンディーのシェルブールの街で、ジャックは偶然にも父の一族と出あった。自分のルーツを知ることができたジャックはイングランドに渡ってキングズブリッジへ戻り、フィリップと再会する。

フィリップはウィリアム・ハムレイの襲撃から心の傷が癒えていないキングズブリッジの市民に説教を行っていた。そこへ大陸から戻ってきたジャックはマリア像と寄付金を見せる。フィリップは逡巡の後、マリア像を奇蹟と認め、またジャックを棟梁として新たにジャックの設計による大聖堂の再建を認めた。しかしながら、フィリップはアリエナとジャックの結婚を認めなかった。アリエナはアルフレッドと結婚しており、それが有効だというのだ。アリエナは結婚の事実が無かったことを理由に結婚の無効を求めたが、大司教により却下された。ジャックはアリエナと別居することを認めた。ただし、2人は公然と愛人関係にあった。

徐々に繁栄を取り戻すキングズブリッジに対し、ウィリアム・ハムレイは再度襲撃を行うことを計画した。それを知ったジャックはリチャードとフィリップと相談し、一日で石の壁を町の周囲に築き、自衛することを提案した。石壁は間に合わせながら完成し防衛体制が整った。ウィリアム・ハムレイの軍勢は思ったより多かった。彼らは石壁を見ても襲撃を諦めず、回り込んで攻撃を行ったが、リチャードの指揮の下で撃退に成功した。リチャードは生計を立てる手段をもたなかったが、戦士として、そして指揮官としては優秀であった。アリエナはリチャードをキングズブリッジの守備隊長として契約することを町に求め、受け入れられた。そして石壁は本格的に作り直されることになった。リチャードは石壁の威力を内戦時に実感していた。

ウィリアムは若い女性と結婚した。新妻のエリザベスは粗暴で粗野なウィリアムの虐待的な扱いに失望し、憎むようになった。そんな中、雨やどりでアリエナとエリザベスは出会い、知り合う。アリエナは、まずは家臣たちに言う事を聞かせるためのコツを伝授した。

3年続いた不作により、飢饉がイングランドを襲った。今度は無法者たちがキングズブリッジを襲ったが、リチャードの指揮で撃退した。アリエナは無法者たちをリチャードが指揮すれば軍勢になると考えた。リチャードは無法者たちを効率よく指揮し、ウィリアム・ハムレイの領土で効率よく略奪を繰り返した。ウィリアムは反キングズブリッジで同盟しているウォールランに相談すると、ウォールランは反フィリップ院長派である副院長のリミジアスを使い、リチャードと無法者たちの根城を突き止めた。リミジアスはそのまま修道院を出奔し、ウォールランの下へ走った。ウィリアムはサリーの石切り場と呼ばれる彼らの根拠地へ向かったが、すでにも抜けの殻であった。そして、そこにいたエリンにリチャードは亡きモード女帝の息子であるヘンリーに出仕するためにノルマンディーへ向かったと告げられた。

長い内戦は終わった。スティーブン王は嫡子を失い、すっかりやる気を失っていた。スティーブン王は地位を認められたが、その後継者はモード女帝の息子であるヘンリーとなることで合意をみた。そして領土はヘンリー1世時代のものに戻されることになり、リチャードは念願の伯爵位を取り戻した。しかしながら、これにはスティーブン王の強制執行義務が無いため、スティーブン王が生きている間はシャーリング伯領はウィリアム・ハムレイに簒奪されたままになりかねない。そこでアリエナはリチャードと謀り、シャーリングの城を奪うことを計画した。アリエナは単身農民に化けて城に潜り込むと、旧知であるウィリアムの妻である伯爵夫人エリザベスと会うことに成功した。エリザベスが未だに夫であるウィリアムを強く憎んでいることを確かめ、守備の兵の注意を惹きつつリチャードの軍勢が乗り込む時間を稼ぐのに協力してもらった。エリザベスは何とかそれに成功し、リチャードは間一髪で城に乗り込み、制圧した。ウィリアム・ハムレイもリチャードが軍勢を伴っていち早く離れたのを知り、急いで城に戻ったが、すでに城は制圧されていた。ウィリアムはそれを知り、失意の後に元のハムレイ家の領土に引きこもった。

新たなる州長官が選ばれることになり、シャーリングへ向かったフィリップだったが、新しい長官がウォールランによってウィリアム・ハムレイに決まったことを知った。一方でリチャードへの襲撃が空振りに終り、リミジアスはウォールランに相手にされずに、乞食となった。フィリップはそれをシャーリングの町でみつけ、再度修道院で平修道士として神に仕えるように言った。リミジアスは改悛してそれに従った。

キングズブリッジでは新たな問題が持ち上がっていた。新伯爵であるリチャードが採石場の使用を認めないのである。リチャードがキングズブリッジへやってきた際に、姉のアリエナは背信行為をなじる。一方でアルフレッドは、ウォールランのために石工を引き抜き、またシャーリングへ大聖堂を建築するための手助けをしていたが、ウォールランの建築は行き詰っていた。アルフレッドはシャーリングでの仕事を失い、またキングズブリッジでは仕事ができないため、アリエナに金の無心にやってきた。アリエナが断ると、アリエナを犯そうとした。そこへ弟の新伯爵であるリチャードがやってきてそれを見たため、リチャードはアルフレッドを殺してしまう。

これをウォールランとウィリアム・ハムレイは直ちに問題として逮捕してしまおうと試みた。そこでフィリップは一石三鳥の名案を思いついた。リチャードにその償いとして十字軍に参加させようとしたのである。リチャードは結局は戦いが好きであり、また彼の逮捕も有耶無耶になる。一方でアリエナはその経営手腕を伯爵領で発揮でき、フィリップは採石場の石を大聖堂の建築に使用できる。リチャードはウィリアム・ハムレイから逃れ、エルサレムへ向かった。ウィリアムの伯爵領奪還の試みは失敗に終わった。アルフレッドの死により、アリエナは法的にも独身に戻り、ジャックと結婚した。ジャックは息子のトミーを石工にしようとしたが、全く才能もやる気もなく、逆に娘のサリーが一人前のステンドガラス職人となりつつあった。

トム・ビルダーの捨てた息子のジョナサンはフィリップに育てられ、すっかり一人前になった。フィリップはジョナサンを副院長とし、後継者と目していた。それに対し、ウォールランは、そのようなことはないと知りつつも、ジョナサンはフィリップの実の息子であり、フィリップは姦淫の罪を犯していると告発した。まずいことに、その裁判のために来たのは、かつてキングズブリッジ修道院の分院を建て直す際に、結果的に追い出したピーターであった。ピーターはカンタベリー大司教の下で出世していたのである。ピーターとウォールランによりフィリップは追い詰められる。無実の罪を証明するためには、ジョナサンの真の父を見つけるしかない。話を聞いたジャックは、ジョナサンの捨てられていた時の状況から、トム・ビルダーの捨てた赤子こそがジョナサンなのではないかと考えた。ジャックは全てを知っている母のエリンを説得し、エリンは裁判でジョナサンの父親がトムであると証言した。またエリンは、ウォールラン司教が自分の前の夫の死に対して偽証をしたという証言も行った。その後ウォールランは信用を失っていく。

やがて大聖堂は完成した。その頃、フィリップはカンタベリー司教であるトマス・ベケットの信用を得るようになっていた。トマス・ベケットは即位したヘンリー2世と教会の権利に対して対立した。そのため、王の意を汲んだとしてウィリアム・ハムレイはトマス・ベケットを襲撃した。フィリップはトマス・ベケットを懸命に逃がそうとしたが、トマス・ベケットはそれを潔しとせず、堂々と名乗り、ウィリアム・ハムレイに衆人環視の中で殺された。フィリップはその殺した剣を持ち、トマス・ベケットを殉教者に仕立て上げた。そして大衆にトマス・ベケットの殉教を知らせ、イングランド中に広めるように言った。トマス・ベケットの死はキリスト教世界に大きな影響を与え、イングランドでは聖務禁止の処置が取られ、ヘンリー2世は妥協せざるを得なかった。

シャーリング伯リチャードがエルサレムで亡くなった。彼には子供がいなかったために、甥でジャックとアリエナの間の子供であるトミーことトマスが新伯爵となった。トマスはウィリアム・ハムレイをトマス・ベケット殺害で逮捕して処刑した。トマスは統治者として優秀であり、アリエナは統治を息子に譲ってキングズブリッジに戻り、商売に専念した。

ウォールランは出世の道を失い、修道院で出直していた。そしてジャックはそのウォールランからホワイトシップ遭難の陰謀と父の死の原因を知らされた。

ヘンリー2世は改悛し、形ながらロンドン司教やキングズブリッジ司教であるフィリップをはじめとする司教や修道士たちに鞭打ちたれることになった。フィリップは、念願であった無制限の暴力が神の権威に屈する時に立ち会えたのであった。

登場人物[編集]

主要人物は名前の後ろに※を、教会関係者の名前の後ろに☆を付している。

架空の人物[編集]

トム・ビルダー ※
前半の主人公。腕のよい石工で、生涯の夢は自らの設計した大聖堂を建てること。勤勉で誠実な建築家で、息子のアルフレッドと義理の息子のジャックを優秀な石工に育てた。自らの判断ミスにより妻を貧困の中で死なせ、次男を遺棄する羽目になった。キングズブリッジの修道院長フィリップと出会い、よき同志として大聖堂建築に取りかかかる。だが、キングズブリッジの繁栄に嫉妬したウィリアム・ハムレイの襲撃を受け、志半ばで死亡する。彼の死は大きな痛手で、フィリップも一時は大聖堂の建築を諦めたくらいである。アルフレッドを溺愛し、マーサやジャックへのいじめも制止しなかった。しかし義理の息子であるジャックにも彼なりの愛情を注いでいた。
フィリップ ※ ☆
もう一人の主人公ともいえる人物。敬虔で誠実な人物で、堕落していたキングズブリッジ修道院の分院を建て直すと、院長の死をきっかけに院長に立候補し、院長となった。しかし、その時にウォールランと行った取引が悔恨となる。大聖堂建築のためにウォールランを出し抜きハムレイ家と裏取引を行ったため、ウォールランとは敵となってしまった。トムの遺棄した赤子のジョナサンをトムの息子と知らずに育てあげた。何度も困難を受けながら、そのたびに不屈の闘志で修道院とキングズブリッジの町のために大聖堂の建築を推進した。そのため、権力欲に取り憑かれた彼の敵が脱落していくのに対し、キングズブリッジ司教にまで出世していくのは皮肉である。
シャーリング伯爵令嬢アリエナ ※
高貴で知的な少女で、婚約者であるウィリアム・ハムレイが粗暴であることを知り、婚約を断ったことが、この物語の発端の一つであった。そのためにハムレイ家によって爵位を失う遠因となり、また自身も何度も傷つく羽目となった。その轍を踏むまいと、ジャックと恋に落ちながらも弟のリチャードのためにアルフレッドと結婚するが、アルフレッドと結婚生活を送ることができず、屈辱的な扱いを受ける。父に伯爵領の回復と弟を伯爵にすることを誓わされ、弟を懸命に助けた。一時は羊毛の商売で富を築き、武具を買い与えたが、ウィリアムのキングズブリッジ襲撃で全てを失ったため、前述の通りアルフレッドと結婚をするが、結婚式の直前にジャックと初めて交わり、妊娠してしまっていた。大聖堂の天井が崩壊した日にジャックの子を産み、アルフレッドに追い出される。しかしエリンにジャックを追いかけるように示唆され、スペインまで追いかけた結果、パリで再会する。以後はフィリップにジャックとの結婚を認められずに週末のみしか公然とジャックと会えない生活を10年も続けながら、羊毛の商売を再開する。また、内戦の終了時にはリチャードをせきたて、旧領を回復することに成功した。アルフレッドの死に伴い障害がなくなり、ジャックと結婚する。リチャードが十字軍に参加後は伯爵領を切り盛りする。アリエナは商才があり、また領土の経営能力もあり、戦闘の分野の能力しかない弟のリチャードと対照的である。前半生では様々な苦労を背負うが、ついには父との誓いを果たした。
ウィリアム・ハムレイ ※
後のシャーリング伯爵。両親に負けず劣らずの野心家であるが、陰謀よりも直接的な行動を好む。アリエナに執心しており、アリエナの処女を強引に奪い、その弟のリチャードの心と耳に一生の傷を負わせるが、油断から事後に逃がしてしまったことが一生の痛恨事であった。母の影響からか、妙に神の罰を恐れることがあり、地獄へ行くことを恐れている。母親の死に際して何もできなかったことを悔い、ウォールランの目論んでいるシャーリングに大聖堂を建てることに協力することが、母の死後の世界での苦しみを軽減することだと信じている。父の死後は当然伯位を継げると考えていたが、リチャードが出仕して王のお気に入りとなったために、長らく爵位を継ぐことができなかった。最後には彼の兵力を必要としていた王に爵位を認められた。キングズブリッジの繁栄に嫉妬し、襲撃をかけ、アリエナの全財産を焼き払った。しかし、ヘンリー2世とスティーブン王の和議により爵位を失い、アリエナの機知で伯領も奪われてしまった。その原因の一つとして、若い妻の純真さに対し、加虐的な扱いをしているために、妻に裏切られたことがある。同盟しているウォールランにより州長官の地位を得るが、カンタベリー司祭のトマス・ベケットを暗殺したことをフィリップに殉教として利用されたために、アリエナの息子トマスに捕らえられて絞首刑になった。フィリップ院長やアリエナにとって常に大きな脅威であっただけでなく、トムの死の原因となった。
ジャック・ジャクソン(ビルダー) ※
エリンの息子でトムの義理の息子となった。トムの息子であるアルフレッドとは折り合いが悪く、よくいじめられていた。トムがジャックが働くようになればアルフレッドとの中もよくなるだろうと楽観していたが、むしろジャックの能力にアルフレッドが嫉妬して却って修復不可能になった。石工細工の能力は義理の父のトムをはるかにしのぐ腕前であった。アルフレッドと反目したために初恋のアリエナとの思いを遂げた後に、父のルーツを求めて大陸へ向かった。スペインで幾何学を学び、フランスでゴシック様式の建築術を学んだジャックは、思いつきで行ったスペインで貰ったマリア像に対する寄付を持ってキングズブリッジへ戻り、新式の大聖堂をフィリップへ提案し、以後は棟梁となって建築を進める。しかしながら、フィリップの反対で長い間アリエナと結婚できなかった。息子はシャーリング伯を継いだ。本編の後半の主人公の一人。
エリン
ジャックの母でトムの2人目の妻。語学や文学に造詣が深く、息子のジャックに勉強を教えながら共に森で暮らしていた。フィリップにトムとの婚前交渉を指摘されてすぐの結婚に反対されたため、一時的に森に引きこもったが、再び現れてトムと結婚した。トムの死後は森に引きこもった。最初の夫の処刑時には偽証を行った3人に対し、そしてアルフレッドとアリエナの結婚に対してはその結婚に対し呪いの言葉を吐き、そのためか全員がその呪いのせいで悲惨な運命を辿った。
アグネス
トムの最初の妻。アルフレッドとマーサの母。ジョナサンを森で産み落とした後に死亡した。本来はトムに安定した伯爵領での専属石工の職につくことを望んでいた。
アルフレッド
トムとアグネスの長男。エリンとジャックの母子を警戒しており、ジャックとは仲が悪い。父の跡を継いで石工となり、ジャックへの対抗心でアリエナと結婚するが、後にリチャードによって殺されてしまう。
マーサ
トムとアグネスの娘。内気で人見知りをするが、義理の兄であるジャックを慕っている。ただしジャックが気付くことは無かった。兄のアルフレッドとの仲は悪い。ジャックとその子供たちのために本作では独身のまま尽くした。続編にあたる『大聖堂-果てしなき世界』では子孫がいるため、後に結婚したものと思われる。
ウォールラン・バイゴット司教 ※ ☆
シャーリングの司教。ずる賢い。フィリップと司教と修道院長の座を取引した後に、フィリップの大聖堂建築を利用して自身の城建築を果たそうとしたが、フィリップに出し抜かれ、以後恨みに思い、様々な妨害を行う。元来は敬虔な人物であったようだが、目的のために力を得ようとしたのが、そのうち権力そのものに取り付かれてしまった。ジャックの父親の偽証を行った一人。本作においては、フィリップの最大の障害の一人として全編において登場し、妨害を行う。何度もフィリップを屈服させたようとし、目的がかなったかに見えたこともあったが、結局はフィリップは生き残り、自身は失脚してしまう。その後はキングズブリッジの修道士として出直す。
シャーリング伯リチャード
元シャーリング伯爵の嫡子だが、戦争以外全く能がない。まだ少年の頃に姉がウィリアムとウォルターに犯されるのを見ることを強要された上に、耳に傷を付けられた。そのため、ウィリアムを生涯恨む。しかしながら、生活能力が全くなく、資金的には姉のアリエナに頼りきっている。スティーブン王に出仕し、伯爵領の回復を目指すが果たせなかった。しかしキングズブリッジの守備隊長として就任し、またウィリアム・ハムレイに対し無法者を指揮して大きな打撃を与えた。ヘンリー2世に出仕し、伯爵位を回復するが、義理の兄に当たるアルフレッドが姉を強引に犯そうとしているところをみて、ウィリアムに姉が犯されたトラウマがよみがえり、アルフレッドを殺してしまう。そのため、またもやウィリアムに口実を与えることとなり、十字軍に参加して難を逃れたが、同地で死亡した。
ジョナサン ※
トムの3人目の子供だが、母のアグネスが死亡したことにより、遺棄された。フランシスに拾われ、フィリップにより育てられることになった。トムはキングズブリッジでジョナサンの成長を見守りつつ、可愛がった。フィリップにより副院長となるものの、それが原因でフィリップは訴えられる羽目となったが、その過程で自分の父親のことを知る。
パーシー・ハムレイ
ハムレイ村の小豪族。ウォールランからシャーリング伯爵のスティーブン王への蜂起の情報を知り、シャーリングの城を落とした。そのために、論功行賞でシャーリング伯爵の地位を得ることができた。内戦時の掠奪中に急死。
レディー・リーガン
パーシー・ハムレイの妻でウィリアム・ハムレイの母親。醜い容貌だが、決断力と智謀は夫のパーシーを大いに助けている。パーシーの死後も息子のウィリアムを助けたが、心臓発作で急死した。死ぬ寸前に息子に司祭を呼びたかったようだが、ウィリアムは動転して何もできなかったため、そのまま司祭に看取られることもなく死亡した。
ウォルター
ハムレイ家の郎党で、ウィリアムの忠実な部下。ウィリアムの行くところに常に従い、それを助けた。アリエナをウィリアムが強姦した際に、ウォルターもご相伴に預かっている。その後もウィリアムの郎党の筆頭として、常にウォルターは右腕として付き従っていた。
エリザベス
小領主の娘。14歳でウィリアムの妻となる。何も知らずに結婚生活を夢見ていたものの、暴力的な扱いを受け、屈辱を受けている。アリエナと偶然雨宿りで知り合い、アリエナに家臣の操縦のアドバイスを受ける。後に嫌悪する夫を裏切り、アリエナと協力してウィリアム・ハムレイの居城をリチャードが抜く手助けをする。
ジャック・シェアバーグ(ジャック・シェルブール)
ホワイトシップの遭難における唯一の生き残り。吟遊詩人で、エレンと恋仲になり息子のジャックが産まれる。ホワイトシップの遭難が仕組まれたものであることは知らなかったが、彼が生きていることにより、万が一を恐れられ、無実の罪を着せられて処刑されてしまった。
ジェームズ院長 ☆
キングズブリッジ修道院の前院長。フィリップがキングズブリッジの修道院に入った時から無気力で、修道院の荒廃をもたらした。ジャック・シェアバーグの処刑に対し、偽証こそしていないが、他の2人が偽証をしていることを知りながら黙っていたことに対し、罪の意識をもっていた。そのため、死に臨んで副院長のリミジアスに罪の告白をした。
リミジアス ☆
キングズブリッジ修道院の副院長。ジェームズの死に際し、ジャック・シェアバーグの処刑の秘密を告白された。修道院の荒廃に対して立て直せる手腕もないが、院長の死後は当然自分が院長になるものと考えていた。しかしフィリップが院長になってしまったことにより、以後もフィリップに対して何かと足を引っ張る行動を行う。フィリップとウォールランの対立が深まるにつれ、リミジアスはキングズブリッジ修道院を裏切ってウォールランにリチャードが率いる無法者たちの潜んでいる場所を告げるが、それは空振りに終わった。そのためにウォールランに捨てられ乞食となっていたが、フィリップがそれを偶然見つけ、平修道士として戻ってくるように言われたため、それに従った。後にフィリップが姦淫の罪で告発された際に、逆にエリンが告発したウォールランの偽証の証言をした。
ジョニー・エイトペンス ☆
やや頭が弱い修道士。ジョナサンが拾われた後、ヤギの乳で育てた。
カスバート・ホワイトヘッド ☆
キングズブリッジの修道士。最初のフィリップの同志で、フィリップの院長選挙に参謀のような形で協力した。その後もフィリップに協力を続けている。
ミリアス・バルサー ☆
キングズブリッジの修道士で、院長選挙におけるフィリップ派の一人。フィリップが院長になった後は重要な役割を任される。
ピーター ☆
フィリップが最初にキングズブリッジ修道院で敵対した人物。結果的にフィリップと袂を分かったが、後に出世し、フィリップの姦淫の罪に対する告発で裁判官となってやってくる。そのため、危うくフィリップは無実の罪を着せられかねないところであった。
フランシス ☆
フィリップの弟。修道院の堅苦しい生活を嫌い、世俗的な教会で出世していく。当初はグロースター伯ロバートの側にいたが、敵対するスティーブン王が教会の権利を当初は認める姿勢をみせたため、密かにシャーリング伯爵の蜂起の情報を兄のフィリップに伝え、善処を望んだ。また、トムの息子のジョナサンを森で見つけた人物でもある。フィリップが捕虜になったときにはモード女帝の側におり、釈放させた上、フィリップが採石場の権利を失う代わりに市場を開く権利を認めさせた。後にヘンリー2世に仕えた。登場場面は少ないものの、常に重要な役割を物語中果たしている。
トミー(後にトマス)
ジャックとアリエナの最初の息子。アリエナとアルフレッドの結婚の直前にジャックがアリエナと交わった時に妊娠した。アルフレッドの建築した石造りの大聖堂の天井が崩壊した日に生まれ、アリエナがジャックを探しに大陸に渡った時も胸に抱かれていた。長じるに従い、ジャックは石工にしようとするが、トミーにはその意思も才能もなかった。叔父でシャーリング伯となったリチャードが死亡した後、リチャードには子供がなかったため、シャーリング伯の地位を継いだ。統治にはアリエナも認める才能をみせた。
サリー
ジャックとアリエナの娘、トミーの妹。石工となることを嫌ったトミーと異なり、女ながらも建築家の才能を見せる。ステンドグラスの製作が特に得意。

歴史上の人物[編集]

イングランドヘンリー1世
王権を強化するのに成功したが、嫡子をホワイトシップの遭難で失った。娘のマティルダ(後のモード女帝)を後継者に指名して死亡。
スティーブン1世
ヘンリー1世の甥。ヘンリー1世の死去に乗じてフランスからロンドンへ乗り込み、王位を奪った。弟はウィンチェスター司教ヘンリーであり、即位に当たり教会勢力の統治権を認めたために、ローマ教皇の支持を得た。一時リンカーンで捕虜となるが、妻が交戦を続け、捕虜交換で釈放された。統治の晩年で長男を失ったために、自身の即位を追認させる代わりに後継者をヘンリー2世とすることで講和する。その翌年に死亡した。
ウィンチェスター司教ヘンリー
スティーブン1世の弟。兄の即位当初こそは蜜月であったが、後にスティーブン1世が教会との約束を無視するようになり、関係に亀裂が生じた。
モード女帝
スティーブン王に対して反旗を翻した庶兄のグロスター伯ロバートと合流するためにイングランドへ上陸し、王位を求めて内戦を続けた。一進一退を続けたが、やがてグロスター伯の死によりモード女帝はフランスへ帰った。モード女帝の死によってスティーブン王派が優勢に思われたが、スティーブン王が息子を失ったため、彼女の息子がヘンリー2世として後継者となった。
グロースター伯ロバート
モード女帝の庶兄。モード派の主要な勢力であったが、ウィンチェスターで敗北して捉えられ、すでに虜囚となっていたスティーブン王と捕虜交換された。やがて内戦の中で死亡し、モード派の凋落の主因となった。
ヘンリー2世
モード女帝の息子。スティーブン1世の後継者となり即位、フランスにすでにある父母の遺領と併せ、広大なアンジュー帝国を築き上げた。有名なリチャード獅子王ジョン欠地王の父親でもある。晩年は広大な領土と息子たちの統制に失敗し、不幸な最後を迎えた。
トマス・ベケット
カンタベリー大司教。ヘンリー2世の腹心であったが、教会の自由のために後に王と対立し始めた。1170年にヘンリー2世の意を汲みトマス・ベケットは暗殺されたが、トマスは直ちに殉教者とされ、ローマ法王から列聖されたこともあり、ヘンリー2世はキリスト教世界から非難された。そのためにヘンリー2世は教会への譲歩を余儀なくされた。

テレビドラマ[編集]

2010年リドリー・スコットらの制作総指揮の下、ドイツカナダイギリスの3か国共同で、全8話からなる本作のテレビドラマ "The Pillars of the Earth" が制作された。

カナダ、アメリカ、ドイツ、イギリス、ポーランドポルトガルで放映され、日本でも『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』のタイトルで、2011年2月5日 - 3月26日の間、毎週土曜日22時台(日本標準時)にNHKデジタル衛星ハイビジョンにて放映された。作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ/テレビ映画部門)にノミネートされた。

原作のうちアルフレッドの死までの部分と大聖堂の完成が描かれているが、ストーリーの要所にいくつかの変更がされている(原作では一修道士となるウォールランが最後に事故死する、等)。

キャスト[編集]

日本語版制作に際し、一部の役名は原作の日本語訳と表記が異なるものとなった。ドラマと原作で異なる場合はドラマでの役名に続いて( )内に原作での人名を記す。俳優の後の( )内は日本語吹き替え版の声優

スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

日本語題の後ろに原題を記す。放送日・放送時間はJST

  1. 無政府時代 (Anarchy) - 2011年2月5日 22:00 - 22:56
  2. 聖堂炎上 (Master Builder) - 2011年2月12日 22:00 - 22:52
  3. 聖アドルファス祭 (Redemption) - 2011年2月19日 22:00 - 22:53
  4. 戦場 (Battlefield) - 2011年2月26日 22:00 - 22:47
  5. 芸術と破壊 (Legacy) - 2011年3月5日 23:00 - 23:54
  6. 偽りの代償 (Witchcraft) - 2011年3月12日 22:00 - 22:51 (予定) → 2011年3月19日 22:00 - 22:51
    東北地方太平洋沖地震報道に伴う変更により、1週間順延となった。
  7. 奇跡を呼ぶ像 (New Beginnings) - 2011年3月19日 22:00 - 22:54 (予定) → 同日 22:51 - 23:45
    上記変更により、第6話と連続放送となった。
  8. 終わりなき創造 (The Work of Angels) - 2011年3月26日 22:00 - 22:54

DVD(日本版)[編集]

『ケン・フォレット原作 リドリー・スコット製作総指揮 ダークエイジ・ロマン 「大聖堂」』2012年1月18日 ポニーキャニオン より販売

外部リンク[編集]