大秦景教流行中国碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大秦景教流行中国碑拓本

大秦景教流行中国碑(だいしんけいきょうりゅうこうちゅうごくひ)は、末に長安の崇聖寺の境内で発掘された古碑。ネストリウス派(景教)の教義や中国への伝来などを刻す。781年建中2年)に伊斯が建立した。碑文は景浄。古代キリスト教関連の古碑ということで世界的に有名。現在西安碑林博物館に保管されている。

概略[編集]

431年エフェソス公会議で異端として禁止されたネストリウス派は、西アジア中央アジアに伝播。そのころは西方に国威を伸長しており、635年貞観9年)阿羅本という者が始めて景教を中国に伝えた。それから約150年間、不遇の時代もあったものの王朝の保護もあり隆盛。781年建中2年)に中央アジアバルフ出身で唐に登用された伊斯という人物がこの記念碑を長安の大秦寺に建立、景教の教義や中国伝来の歴史を残した。しかし、9世紀半ばに即位した武宗道教に傾斜し、仏教をはじめ他の宗教を弾圧(会昌の廃仏)。景教も例に漏れず弾圧を受け、多くの大秦寺が破壊される。その際に碑は土中に埋没したと考えられている。

出土したのは、埋没から約800年後の末の長安。異説もあり年代ははっきりしないが、1623年天啓3年)または1625年天啓5年)出土というのが有力。明末の陽瑪諾(洋名Emmanuel Diaz)の『唐景教碑頌正詮』の序には「大明天啓三年」とある。出土の状況は、ポルトガルイエズス会士セメド(Álvaro Semedo、漢名魯徳照)の『支那通史』[1]に記されている。出土から30年足らずで少なくとも3ヶ国語8種類の碑文の西洋語訳が出るなど、即座にヨーロッパに紹介された。石碑は長安の金勝寺境内に碑亭を建て安置されていたが、1860年代にこの地方で回教徒による騒乱が起き、金勝寺が焼払われ碑亭も失われてしまう。その後西安碑林に運ばれ、現在はその碑林を母体とする西安碑林博物館が所蔵している。日本にはその模造碑が高野山奥之院と京都大学の2ヶ所にある。

碑首(題の上部に十字が彫られている)
碑のシリア文字

碑は黒色の石灰石からなり、高さは台の亀趺(亀形の碑趺)を除いて約270cm、幅は平均約100cm、厚さ約28cm。題額には「大秦景教流行中国碑」とあり、その上部に十字架が線刻されている。碑文は32行、毎行62字、計約1900字。景浄の撰。書は呂秀巌で格調高い。漢字の外にエストランゲロと呼ばれる当時伝導に使用された古体のシリア文字が若干刻されている。この文字はおおよそ景教に関係ある僧侶約70人の名を記したもので、その大部分には相当する漢名を添える。

碑文[編集]

碑文は『大正新脩大蔵経』外教部[2]に納められている。『全唐文』にも収められているが、遺漏が多いとされる。

碑文の概要を述べると、いわゆるキリスト教の教義を述べた後で、阿羅本が景教を伝えた時に、唐の太宗が感激して宰相の房玄齢にわざわざ出迎えさせ、貞観十二年七月に詔勅を賜ったこと、玄宗や唐の武将郭子儀が景教を保護したことなどを記している。

なお方壺島というサイトに書き下し文、日本語訳、詳注が載る[3]

景浄[編集]

円照が編纂した仏典目録の『貞元新定釈教目録』巻第17に、インド僧般若三蔵が胡本(ソグド語版)の『大乗理趣六波羅蜜多経』を翻訳する際、「波斯僧景淨」の協力を仰いだとある。すなわち碑文を撰した景浄はペルシャ人であり、また般若三蔵と交流があった。[4]804年末に長安に入った空海サンスクリット語を学んだのがこの般若三蔵であり、また空海の長安での住居西明寺や般若三蔵の醴泉寺は大秦寺に近いことから、空海が景教に触れた可能性は高い。なお、この『貞元録』は800年徳宗へ上進されたほぼ同時代の証言なので信用できる。なお、空海の師・恵果を大秦景教流行中国碑に登場する「佶和」と同一人物とする説もあるが、この説は疑問視されている。[5]

脚注[編集]

  1. ^ Semedo; The History of China. p. 157。
  2. ^ 『大正新脩大蔵経』大秦景教流行中國碑頌
  3. ^ 方壺島「大秦景敎流行中國碑頌」
  4. ^ イー・エー・ゴードン、高楠順次郎らの説。『弘法大師と景教との関係』丙午出版社、明治四二年
  5. ^ 山口鹿三の『弘法大師と公教 : 聖フランシスコ・ザベリオ以前に於けるキリスト教と我が日本との接触』(1939)によると、ゴードンは景教宣教師でペルシャ人の佶和と恵果を同一人物としたが、高楠は「恵果は中国出身者だする史料と矛盾する」としてこの説を退けているという。

参考[編集]

関連項目[編集]