大白川ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大白川ダム
大白川ダム大白川ダムの空中写真
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1977年撮影)
所在地 岐阜県大野郡白川村平瀬
位置
河川 庄川水系大白川
ダム湖 白水湖
ダム諸元
ダム型式 ロックフィルダム
中央土質遮水壁(センターコア)型[要出典]
堤高 95 m
堤頂長 390 m
堤体積 1,700,000
流域面積 44.1 km²
湛水面積 67 ha
総貯水容量 14,200,000 m³
有効貯水容量 11,000,000 m³
利用目的 発電
事業主体 電源開発
電気事業者 電源開発
発電所名
(認可出力)
御母衣第二発電所 (59,200kW)
施工業者 間組
着工年/竣工年 1961年/1963年
出典 [1]
テンプレートを表示

大白川ダム(おおしらかわダム)は、岐阜県大野郡白川村一級河川庄川水系大白川に建設されたダム。高さ95メートルのロックフィルダムで、電源開発 (J-POWER) の発電用ダムである。同社の水力発電所・御母衣(みぼろ)第二発電所に送水し、最大5万9,200キロワットの電力を発生する。ダム湖(人造湖)の名は白水湖(はくすいこ)という。

概要[編集]

白山を水源とする庄川水系である大白川を堰き止めたダム。別山の源流である地獄谷、湯谷、蛇枝などの沢が流れ入る。ダム周辺は白山国立公園[2]内に位置する。ダムのすぐ下流には名瀑として知られる白水滝がある。ダム湖が出来る前、温泉が湧き出ていたのでその成分のせいでコバルトブルー色だといわれる。今でも暖かい場所がある。 このダムは同じ庄川水系にある御母衣ダム水力発電出力を増強する目的として作られたもので、1961年(昭和36年)に着手し、1963年(昭和38年)に竣工した。白水湖から地下トンネルを経由し御母衣湖西岸の地下に作られた御母衣第二発電所まで導水され、落差460メートルを利用した発電を行っている。岐阜県道451号白山公園線の終点にある。

周辺の施設等[編集]

周辺にはキャンプ場露天風呂及び白山の平瀬道登山口がある[3]

  • 白水湖畔ロッジ
  • 大白川露天風呂
  • 大白川野営場
  • 平瀬道登山口休憩所
  • 駐車場・トイレ

関連画像[編集]

大白川ダムと別山
奥三方岳より
 
大白川ダムと御嶽山(遠景)
大倉尾根(白山)より
 
大白川ダムと三方崩山
別山より、遠景は北アルプス
 
大白川ダム(左中央)
鳩谷ダム(左下)、白山、上空より
 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電気事業者・発電所名(認可出力)は「水力発電所データベース」、その他は「ダム便覧」による(2011年1月2日閲覧)。画像は国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1977年度撮影)
  2. ^ 1962年昭和37年)11月12日に、この山域は白山国立公園の特別地域に指定された。(白山国立公園区域の概要環境省、2010年12月31日閲覧。)
  3. ^ 白川村観光情報 白川村、2010年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「大白川ダム」は、ダムに関連した書きかけ項目です。
加筆・訂正してくださる協力者を求めています。(建築CPダムPJ