大田文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大田文(おおたぶみ)とは、中世日本とくに鎌倉時代単位で作成された国内の公領荘園別の田地面積、所有関係などを記載した文書(土地台帳)。田文(たぶみ)・田数帳(でんすうちょう)・田数目録(でんすうもくろく)などの別名がある。

概要[編集]

その成立は、一国平均役が導入され、荘園整理令が度々出された11世紀後半から院政期と推定されているが、現存する21種(うち断簡8種)は全て鎌倉時代以後のものである。大田文には大きく分けて2つあり、1つは国司在庁官人に命じて作成されたもの、もう1つは幕府守護に命じて作成されたものである。前者は役夫工米造内裏役大嘗会役などの一国平均役の賦課のために、後者は地頭補任大番役などの御家人役の賦課のために、作成されて賦課台帳として用いられたと考えられている。作成には国衙にあった検注帳や荘園の立券文書御家人や荘園からの報告を参考にしたとみられている。後には段銭の賦課の台帳としても用いられた。

参考文献[編集]

  • 平郡さやか「大田文」(『日本古代史事典』(朝倉書店、2005年) ISBN 978-4-254-53014-8