大王町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
だいおうちょう
大王町
Daiozaki-todai 01.JPG
Daio Mie chapter.svg
大王町章(1969年10月13日制定)
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
浜島町大王町志摩町阿児町磯部町志摩市
現在の自治体 志摩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方東海地方
都道府県 三重県
志摩郡
団体コード 24522-4
面積 12.90km².
総人口 8,517
(2004年7月31日)
隣接自治体 阿児町志摩町
町の木 サクラ
町の花 スイセン
大王町役場
所在地 517-0603
三重県志摩郡大王町波切3234番地2
Shima City Daiō Branch 20100207.jpg
外部リンク 大王町のホームページ
国立国会図書館によるアーカイブ)
座標 東経136度53分52秒
北緯34度16分52秒
大王町の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大王町(だいおうちょう)は、三重県志摩半島南部に位置した。旧英虞郡。町名は大王崎に由来。2004年(平成16年)10月1日に志摩郡阿児町浜島町磯部町志摩町と合併し志摩市大王町となった。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

名前の由来[編集]

  • 船越
    神鳳鈔』に東船越という名称で言及されている。船越とは全国に見られる地名であり、船による対岸への行き来がたやすい地を指す。船越神社も参照。
  • 波切
    平城京から出土した木簡より、同地地名がいくつか発見されている。年代がわかっているもっとも古い木簡は天平17年(745年)であり名錐の地名が、それ以前と思われる(年代不詳)ものからは魚切里がそれぞれ見られる。平安期に書かれた『和名抄』にも名錐、『神鳳鈔』では名切、『吾妻鏡』では菜切と書かれている。もとは横に浸食され崩れた地を指すナグレであったと考えられる。
  • 名田
    波の荒いことを示すが由来であると考えられる。
  • 畔名
    『神鳳鈔』に安瀬名とあり、名田と同様に安瀬灘などが由来であると考えられる。

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道は通っていない。最寄駅は近鉄志摩線鵜方駅

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 大王埼灯台
  • 絵かきの町宣言(平成8年3月)
    • 大王大賞展
    • 写真コンテスト
    • スケッチ会
    • 写真撮影会
    • 海と灯台のある風景画コンクール
  • メルパール伊勢志摩(現・ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩
  • ともやま公園

出身有名人[編集]

関連項目[編集]