大牟田4人殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大牟田4人殺害事件(おおむた4にんさつがいじけん)は、2004年9月福岡県大牟田市で発生した強盗殺人死体遺棄事件。被害者側も被告側も家族単位(被害者側は友人を1名含む)で4人ずつ、また裁判で被告である家族4名全員に死刑判決が下った特異な事例である。金銭トラブルが原因で連鎖的な殺人、死体遺棄に至ったと推測されているが、未だに真相は解明されていない。

概要[編集]

道仁会北村組組長だった当時60歳の父親と45歳の母親は、被害者の58歳の女性Aへの借金を含め6800万円以上の借財を抱え、また暴力団上部団体への上納金や生活費に困窮するなどしていたため貸金業を営む被害者Aに嘘の土地売買話を持ちかけ現金を用意させた後に、傷害致死前科があった元力士の長男(当時23歳、母の前夫との子)を誘い込んで殺害を計画した。

長男は両親を出し抜いて被害者Aの金品を奪うため元力士の次男(当時20歳、母と父の子)を誘い込んで兄弟2人で9月16日に被害者Aの次男(当時15歳)を絞殺し、遺体に重しを付けて川に遺棄し、被害者A宅の金庫を強奪し貴金属(400万円相当)を奪って換金後に兄弟で分配した。

母親は、9月17日に長男に殺害を指示し、元力士の次男も加わって家族4人で殺害を実行することになった。同日、被害者Aに催眠薬入りの食事を取らせ次男が絞殺を行って現金を強奪した。被害者Aの所在を探していた被害者の長男(当時18歳)とその友人(当時17歳)を父親が被害者自宅近くで呼び止め車に乗せて埋め立て地に連れて行き、父親の拳銃で次男が撃ち、更にアイスピックで刺殺させた。4人は同日殺害した3名をに乗せて諏訪川に沈め証拠隠滅を計った。

9月21日に最初に殺害された次男の遺体が発見され、母親が逮捕(父親は拳銃で自殺未遂)、更に底から車と他の3遺体が発見された。その後次男、長男の順で逮捕された。

この事件で、被疑者一家は被害者一家に対する死体遺棄強盗殺人および殺人容疑、銃刀法違反により逮捕された。長男は検察庁舎より逃亡し、単純逃走罪で追起訴された。

逮捕と裁判の過程[編集]

  • 被告側は、自殺未遂(拳銃によるものを含む)や検察庁舎からの逃亡事件を起こしたほか、法廷内でも被告同士での口論や被害者遺族への暴言を吐く、刑務官に殴りかかるなど、事件の解明については非協力的な姿を見せることが多く、事件の詳細については公判過程でも明確にされていない部分は多い。
  • 弁護人については、当初、国選及び私選弁護人がついたが、諸事情により辞退が相次ぎ後任が一時不在となった。引き受け手が現れなかったため、地元弁護士会があみだくじで担当者を選んだとまで噂された。
  • 裁判で父親は一人でやったと主張。母親は自分は従属的だったと主張。だが、一審・二審共に実行犯でなくとも主導したのは母親であったと認定している。
  • 2006年6月13日福岡地方裁判所久留米支部にて最終弁論が行われ結審。同年10月17日に母親と次男に死刑判決が、2007年2月28日には父親と長男に死刑判決が下った。4名は判決を不服として控訴
  • 2007年12月25日福岡高等裁判所は母親と次男の控訴を棄却した。両名は判決を不服として上告した。
  • 2008年3月27日、福岡高等裁判所は父親と長男の控訴を棄却した。両名は判決を不服として上告した。
  • 2011年10月3日最高裁判所は母親と次男の上告を棄却。両名の死刑判決が確定した。母親は戦後日本14番目の女性死刑囚である。
  • 2011年10月17日、最高裁判所第1小法廷白木勇裁判長)は父親と長男の上告を棄却。両名の死刑判決が確定した。これで犯罪に携わった一家4人全員に死刑が確定した。
  • なお、収監先は4人とも違う。母親と次男は福岡拘置所に収監されているが、父親は大阪拘置所で、長男は広島拘置所にそれぞれ収監されている。

関連書籍[編集]

  • 鈴木智彦「我が一家全員死刑」(コアマガジン)

外部リンク[編集]