大炊寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大炊寮(おおいりょう)とは日本の律令制において宮内省に属する機関の一つである。大炊とは大飯炊(おおいかしぐ)の略称といわれる。「おほい(おおい)つかさ」等とも言う。

職掌[編集]

宮中で行われる仏事、神事の供物、宴会での宴席の準備、管理を分掌する。また、御料地の管理も行った。平安時代以降、頭は中原氏が世襲した。

職員[編集]

供御院[編集]

大炊寮の史生が「供御院預」として監督した。供御とは天皇の食事であり、天皇、上皇東宮中宮など皇族の食事を調理すると共に食材を準備、管理する。

関連項目[編集]