大津絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼の寒念仏[1]
米国オハイオ州クリーブランド美術館所蔵。

大津絵(おおつ-え)とは、滋賀県大津市江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符として知られていた。

大津絵の画題を唄い込んだ元唄・音曲俗曲大津絵節)、大津絵節を元に踊る日本舞踊の一種(大津絵踊り)にも、「大津絵」の名がついている。

歴史[編集]

東海道逢坂関の西側に位置する近江国追分髭茶屋追分)を発祥の地とする。寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始めた。当初は信仰の一環として描かれたものであったが、やがて世俗画へと転じ、加えて18世紀ごろより教訓的・風刺的な道歌を伴うようになった。

松尾芭蕉俳句「大津絵の筆のはじめは何佛」には、仏画が多かった初期の大津絵の特徴が表れている。また、江戸時代初期のキリシタン弾圧に際して「自分は仏教徒である」という隠れ蓑的役割も有していたと言われる。

江戸時代を通じ、東海道大津宿の名物となった。文化文政期(1804- 1829年)には「大津絵十種」と呼ばれる代表的画題が確定し、一方で護符としての効能も唱えられるようになった(「藤娘」は良縁、「鬼の寒念仏」は子供の夜泣き、「雷公」は雷除けなど)。画題は増え続け、幕末には最盛期を迎えたが、画題の簡略化に伴って減少し、現在では百余種とされる。

特徴[編集]

神仏や人物、動物がユーモラスなタッチで描かれ、道歌が添えられている。多くの絵画・道歌には、人間関係や社会に関する教訓が風刺を込めて表されている。

主な画題[編集]

※ の付いているものは「大津絵十種」と呼ばれる主要画題。
他項に記述あるものはこれを明記する。

大津絵の歌舞伎舞踊[編集]

脚注[編集]

文献[編集]

※一部の著作である。
  • 信多純一 『祈りの文化 大津絵模様』 思文閣出版 2009年
  • 尾久彰三監修 『大津絵 日本民芸館所蔵』 東方出版 2005年 
英文併記、柳宗悦解説を付す

外部リンク[編集]