大津シンフォニックバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大津シンフォニックバンド(おおつ-、Otsu Symphonic Band)は、1979年滋賀県大津市に設立された吹奏楽団である。略称はOSB。

概要[編集]

1979年、日本の吹奏楽の発展に情熱を傾けた東京藝術大学教授の山本正人を団長として創立。同年に行われた関西吹奏楽コンクールで銀賞を受賞して以来、毎年吹奏楽コンクールに出場している。1989年に全国大会に初出場、金賞を受賞した。1998年からはほぼ毎年出場しており、現在では全日本吹奏楽コンクールの常連となっている。また、2003年に行われた第51回全日本吹奏楽コンクールで銀賞を受賞するまで「出れば金賞」の記録を5回としている。自由曲には、1998年に伊福部昭作曲「シンフォニア・タプカーラ」を演奏して以来、すべて邦人作品を採用しており、『邦人作品のOSB』といわれるほどの実績を残している。全日本吹奏楽コンクールでの成績は2013年現在で出場13回、金賞10回、銀賞2回、銅賞1回。

定期演奏会は設立された1979年から行っている。1980年までは1年に1回だけで冬にあったが、現在は春と冬の2回、滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで行われている。

「21世紀の吹奏楽 響宴」にも何回か参加している他、多くのイベントで演奏を行い、様々な演奏活動を行っている。

歴史[編集]

  • 1979年 設立。
  • 1989年 全日本吹奏楽コンクールに初出場(結果は金賞)。
  • 1990年 滋賀県文化奨励賞受賞。
  • 1993年 岩手県で開催された国民文化祭に出場。
  • 2002年 「第5回 響宴」に参加。
  • 2006年 「第9回 響宴」に参加。
  • 2010年 「第13回 響宴」「第2回もうひとつの全国大会」に参加。

全国大会での成績[編集]

1990年97年:不出場 2001年05年09年3出規定による不出場

年度 指揮者 課題曲 自由曲
1989年 森島洋一 風と炎の踊り
小長谷宗一
ディオニソスの祭り
フローラン・シュミット
金賞
1998年 森島洋一 童夢
松尾善雄
シンフォニア・タプカーラより 第3楽章
伊福部昭 (羽毛田耕士)
金賞
1999年 森島洋一 行進曲「K点を越えて」
高橋伸哉
吹奏楽のための交響的印象「海響」
和田薫
金賞
2000年 森島洋一 をどり唄
柏崎真一
大阪俗謡による幻想曲
大栗裕
金賞
2002年 森島洋一 吹奏楽のためのラメント
高昌帥
大唐西域記より 第1章「玄奘」
阿部勇一
金賞
2003年 森島洋一 行進曲「虹色の風」
松尾善雄
写楽
高橋伸哉
銀賞
2004年 森島洋一 吹奏楽のための「風之舞」
福田洋介
鳳凰〜仁愛鳥譜〜
鈴木英史
金賞
2006年 森島洋一 風の密度
金井勇
Dithyrambos for Wind Orchestra
高昌帥
銀賞
2007年 森島洋一 憧れの街
南俊明
パンソリック・ラプソディ
高昌帥
金賞
2008年 森島洋一 火の断章
井澗昌樹
鳥のマントラ/萬歳楽
鈴木英史
金賞
2010年 森島洋一 汐風のマーチ
田嶋勉
吹奏楽のためのバラードV
兼田敏
銅賞
2012年 森島洋一 行進曲「希望の空」
和田信
響瀬の鹿
酒井格
金賞
2013年 森島洋一 復興への序曲「夢の明日に」
岩井直溥
吹奏楽のための情景詩「陽が昇るとき」より
高昌帥
金賞

参考文献[編集]

外部リンク[編集]