大泉実成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大泉 実成(おおいずみ みつなり、1961年11月16日 - )は東京都出身のノンフィクションライター。

略歴[編集]

小学校から高校まで茨城県日立市で育つ。茨城県立日立第一高等学校中央大学文学部哲学科卒業。同大学院文学研究科修了。

少年の頃、エホバの証人の信者だった経験を持ち、1985年におきた信者による「輸血拒否」による少年死亡事件に衝撃を受け、関係者に取材して、処女作『説得-エホバの証人と輸血拒否事件』を刊行。1989年講談社ノンフィクション賞を受賞。同著は後にビートたけし主演でテレビドラマ化された。

その後も、対象に密着したノンフィクション作品を発表。『麻原彰晃を信じる人びと』等のハードなものから、『消えたマンガ家』、『東京サイテー生活-家賃月二万円以下の人々』等ライトなものまで幅広い著作がある。

1999年、両親が東海村JCO臨界事故で被曝したことから、被害者の会の事務局長を勤める。

大泉実成と水木しげる[編集]

取材で水木しげると出会い、その人柄に感銘を受けたことから、自ら「世界は水木しげるを中心に回っている」と唱える「水木原理主義者」であると称している。同主義の唯一の教義は『水木しげるのマンガを持って南の島でゴロゴロすること』とされている。大泉は水木しげるから『妖怪びろーん』というホーリーネームを貰っている。

大泉は水木しげるの妖怪探検のパートナーとして、マレーシアメキシコオーストラリアをともに旅し、水木が絵、大泉が文章を書くというスタイルで著書を発表している。

水木しげるの画業50周年記念愛蔵版『水木しげる80の秘密』にも寄稿している。

著作[編集]

  • 『説得-エホバの証人と輸血拒否事件』(現代書館、1988年 のち講談社文庫) -ビートたけし主演で1993年、TBSの「実録ドラマシリーズ」としてTVドラマ化されている。
  • 『東京サイテー生活-家賃月二万円以下の人々』(太田出版、1993年)のち講談社文庫 
  • 『マレー獏は悪夢を見ない 夢をコントロールする民族・セノイへの旅』(扶桑社、1994年)「夢を操る」講談社文庫 
  • 麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社、1996年
  • 『消えたマンガ家』1-3(太田出版、1996-97)のち新潮OH!文庫 
  • 『爆音に焦がれて 森且行の挑戦』太田出版 1997
  • 宮崎駿の原点 母と子の物語』(潮出版社、2002年
  • 『人格障害をめぐる冒険』(草思社、2005年
  • 『萌えの研究』(講談社、2005年
  • 『Hard After Hard かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語』(カンゼン、2013年

共著[編集]

水木しげるとの共著[編集]

  • 水木しげるの大冒険(扶桑社、1994年)「水木しげるの妖怪探検」講談社文庫 
  • 幸福になるメキシコ妖怪楽園案内 水木しげるの大冒険(祥伝社、1999年)
  • 精霊の楽園オーストラリア アボリジニ 妖怪の古里紀行(水木しげるの大冒険2)(祥伝社、2000年
  • 本日の水木サン 思わず心がゆるむ名言366日 水木著 大泉編 草思社 2005.12 「水木サンの迷言366日」幻冬舎文庫 

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]