大槻快尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおつきかいそん
大槻快尊
生誕 1880年4月13日
日本の旗 日本・愛知県
死没 1936年6月2日(満56歳没)
日本の旗 日本東京府
出身校 東京帝国大学
職業 仏教僧侶
テンプレートを表示

大槻 快尊(おおつき かいそん、1880年4月13日 - 1936年6月2日)は日本の心理学者。かつ真言宗智山派の僧である[1]

来歴[編集]

愛知県海部郡甚目寺村(現・あま市)生まれ。幼年の時期に出家真言宗智山派の僧籍を持つ。日本において最も早い時期に、欧米の実験心理学を紹介した人物の一人である[1]

著作[編集]

  • 大槻快尊 『實験心理學』 成美堂、1911年。全国書誌番号:40004715NCID BN10457664OCLC 43110211
  • 大槻快尊 「記憶の実験法」『心理学通俗講話会』第4輯、心理学通俗講話会・編纂、同人館、1911年。全国書誌番号:40004817OCLC 33781183
  • 大槻快尊「語に対する好悪に就いて」、『心理研究』、心理学研究会、1912年
  • 大槻快尊・述 『心理學概論』 早稲田大学出版部、1912a。全国書誌番号:43056228OCLC 33766818
  • 「心理学上最近の論争に就いて(1)~(5)」、『哲学雑誌』(1914年)。
  • 大槻快尊「感官の練習」、『婦人と子ども』第14巻第8号、フレーベル會、1914年、 349-354頁、 NAID 120000855546OCLC 295252934

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b (中村元・監修 1982)
  2. ^ 斉藤昭俊 1974, p. 48.
  3. ^ 『近代日本哲学思想家辞典』(中村元・監修 1982)によると「1911年『心理研究』の編集に参画」とされている。
  4. ^ a b 斉藤昭俊 1974, p. 50.
  5. ^ a b 『方面』、愛知県方面委員助成会連合会、愛知県庁社会課内愛知県方面委員助成会連合会、1936年