大東隆行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「大東隆行」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

大東 隆行(おおひがし たかゆき、1941年(昭和16年)3月8日 - 2013年(平成25年)12月19日)は、株式会社王将フードサービス営業本部長・代表取締役社長。大阪市出身。

人物[編集]

関西経理専門学校へ入学して中退後、薪炭・氷販売業の経営を経て、義兄の加藤朝雄が1967年に創業した「餃子の王将」1号店へ1969年に入店。1978年に営業本部長、1995年に副社長を経て、2000年に社長へ就任した。

社長就任後は毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自ら開錠しては、玄関駐車場を掃き清めて散水していたという。昼にはトイレ掃除もしていたが、その理由は「従業員には綺麗な会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということや、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであったという。また、社長専用車はあったが運転手は付けず、自ら運転していたという。

直営店の店長300人以上の名前だけでなくFCオーナーの名前も、すべて覚えていたという。また、社員の誕生日には自ら選んだ自己啓発本を、社員の配偶者の誕生日には花束をそれぞれ贈呈していたという。

京都市内のとある店舗では、スタミナを付けるために小遣いでそこを利用していた高校のサッカー部部員たちの健闘を称えて店舗を臨時休業させ、彼らやその関係者たち約100人を招いて160人前の餃子など総額約30万円分を振る舞ったという[1]

経歴[編集]

  • 1941年(昭和16年)3月8日 大阪市生まれ
  • 1961年(昭和36年)10月 大東商事(自営)を営む
  • 1969年(昭和44年)8月 中華料理店「王将」入店
  • 1974年(昭和49年)7月 (株)王将チェーンを設立
  • 1978年(昭和53年)3月 営業本部長
  • 1980年(昭和55年)7月 (株)餃子の王将チェーンに商号変更
  • 1984年(昭和59年)10月 取締役
  • 1984年(昭和59年)12月 常務取締役
  • 1993年(平成5年)6月 専務取締役
  • 1995年(平成7年)2月 取締役副社長
  • 2000年(平成12年)4月 代表取締役社長
  • 2002年(平成14年)3月 営業本部長
  • 2005年(平成17年)1月 王将餃子(大連)餐飲有限公司董事長
  • 2013年(平成25年)12月19日午前5時40分から45分頃、京都市山科区の王将フードサービス本社前にて何者かに25口径の拳銃で4発撃たれ[2]、病院に搬送された。しかし、同日午前8時10分頃には死亡が確認された[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 王将前社長の義理固さ…京都橘サッカー部との「約束」果たした 3 イザ! 2014年1月26日
  2. ^ 王将事件:プロか素人か特定困難 有力な手掛かりなく 毎日新聞 2013年12月27日
  3. ^ 「餃子の王将」社長殺害:現場に薬きょう 銃撃で死亡か 毎日新聞 2013年12月19日
  4. ^ 「餃子の王将」社長撃たれ死亡=本社駐車場で血流し倒れる-胸、腹3カ所に傷・京都 時事ドットコム 2013年12月19日

関連項目[編集]