大明会典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大明会典』(だいみんかいてん、拼音:Dà Míng Hùidǐan)は、明朝法律のひとつである。

洪武26年(1393年)、明の太祖洪武帝が『唐六典』に倣って制定した。孝宗弘治10年(1497年)、歴代の典制がまとまっておらず相互に食い違いがあり、運用が難しいのを見て、詔して編集させた。これは弘治15年(1502年)に完成している。武宗正徳年間に重校して刊行した。神宗万暦4年(1576年)に重修し、万暦15年(1587年)2月に完成した。これを『重修会典』と言う。共に228巻となった。

『大明会典』は、六部の官職を中心として、各行政機関の職掌と実例を記述している。一官職ごとに、まず関係する法律を記載し、事例を載せている。該当する法令が無い場合は、事例のみを載せている。

その内容、性質などからみると、国家の各レベルの行政機関や職責の行政を調整する法典であった。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]