大日寺 (板野町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日寺
Kokuganzan-dainichiji-main.JPG
本堂
所在地 徳島県板野郡板野町黒谷5
位置 北緯34度9分4.7秒東経134度25分51.2秒座標: 北緯34度9分4.7秒 東経134度25分51.2秒
山号 黒巌山
宗派 東寺真言宗
寺格 準別格本山
本尊 大日如来
創建年 (伝) 弘仁6年(815年)
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 黒巌山 遍照院 大日寺
別称 黒谷寺
札所等 四国八十八箇所4番
テンプレートを表示
山門
大師堂
回廊の三十三観音像

大日寺(だいにちじ)は徳島県板野郡板野町にある東寺真言宗の準別格本山。四国八十八箇所霊場の第四番札所。黒巌山(こくがんざん)遍照院(へんじょういん)と号する。本尊は大日如来。別名は黒谷寺

本尊真言:おん あびらうんけん ばざらだどばん

ご詠歌:眺むれば 月白妙の 夜半なれや ただ黒谷に 墨染めの袖

歴史[編集]

寺伝によれば空海(弘法大師)がこの地での修行中に大日如来を感得、一刀三礼して1寸8分の大日如来像を刻み、これを本尊として創建したと伝えられる。この地が三方を山に囲まれ黒谷と呼ばれていたところから黒巌山とし、本尊より大日寺と号したという。

荒廃と再興を繰り返したが、徳島藩5代藩主蜂須賀綱矩の篤い帰依を受け、江戸時代中期の宝暦1751年 - 1763年)ころには堂塔の大修理が行われた。1998年(平成10年)から住職を務める真鍋俊照仏教美術学者として著書多数あり。

境内[編集]

  • 山門鐘楼門) - 下層は角柱で上層は丸柱の造りとなっている。
  • 本堂:本尊は住職でも住職交代の折の人生2度しか見られない秘仏、前仏と同じ大きさで金色に輝く室町時代作。
  • 大師堂:大師像を拝顔できる。
  • 薬師堂
  • 護摩堂
  • 回廊観音堂:本堂と大師堂をつないでおり、江戸時代中期の明和年間(1764年 - 1772年)に大坂の信者が奉納したとされる西国三十三所霊場の三十三体の観世音菩薩像が安置されている。

上層を鐘楼とした山門を入ると左手の池の先に手水鉢があり、正面奥に本堂が建てられている。本堂右手にある回廊を、安置されている観音像を鑑賞しながら進むと大師堂の横に出る。納経所は大師堂の向かい側にある。

  • 宿坊:なし
  • お手洗い:水洗男女別水洗トイレ、水洗障害者用トイレ
  • 駐車場:普通車30台・バス6台 駐車可能

文化財[編集]

  • 板野町指定史跡「大日寺」

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
3 金泉寺 -- (5.0km) -- 4 大日寺 -- (2.0km) -- 5 地蔵寺

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]