大平修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大平修三(おおひら しゅうぞう、1930年昭和5年)3月16日 - 1998年平成10年)12月11日)は、日本囲碁棋士岐阜県出身、日本棋院所属、木谷實九段門下、九段。日本棋院選手権戦4連覇5期など。棋風は剛腕で、「ハンマーパンチ」「丈和の再来」と称された。

経歴[編集]

小学校教師から専門棋士になった父・憲治五段の指導により、9歳で囲碁を覚え、スパルタ教育を受ける。10歳の時、木谷実九段に岐阜で3子で指導碁を受け、1941年に木谷門下の内弟子となり、平塚に移る。その後身体が弱いため一旦郷里に戻るなどし、1947年、日本棋院東海本部(中部総本部の前身)で入段。四段に昇ってから東京本院に移るが二段に格下げされ、1951年に再度四段となる。1952年に青年棋士選手権戦準優勝。1953年に優勝、結婚、五段。この頃、加納嘉徳加田克司とともに「戦後派新三羽烏」と呼ばれる。

1957年に首相杯争奪戦準優勝。1958年に最高位リーグ戦に参加。1960年に八段、首相杯争奪戦優勝。1963年九段。1964、65年に日本棋院第一位決定戦坂田栄男に連続挑戦。1966年に日本棋院選手権戦で坂田栄男に挑戦し、3-1で奪取。以後、林海峰山部俊郎宮下秀洋を破って4連覇し、選手権男と呼ばれる。67年の林海峰との挑戦手合は、昭和生まれ同士による初めてのタイトル戦となった。1972年に石田芳夫に挑戦してタイトル奪還。

1977年早碁選手権戦優勝。1984、88年名人リーグ入り。1990年にIBM早碁オープン戦準優勝。1992年棋聖戦最高棋士決定戦ベスト4。

攻めの強い棋風で、大平に狙われた石は助からないと言われ、前田陳爾から「ハンマーパンチ」、山部俊郎から「丈和の再来」の呼び名を受ける。しかし当人は秀栄を尊敬しており、守ってから攻める碁、「伸びて引く碁」で、(石を)取りに行く意志は無いと言っていた。1973年の日本棋院選手権戦の五番勝負第2局で、挑戦者坂田栄男の40目もの大石を仕留めた碁は有名。また辺を重視する碁とも評された。

1996年に大動脈瘤で手術し、4月から9月まで休場するが復帰、翌年にも動脈瘤手術で再度4月から10月まで休場し再復帰。1998年に心筋梗塞で死去。人柄のよさは「善人原器」とも言われ、また昭和一桁生まれの世代の代表的棋士でもあった。趣味は映画、中日ドラゴンズ吉川英治のファン。通算戦績は800勝456敗5ジゴ。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

著作[編集]

  • 『大模様の焦点 (ゴ・スーパーブックス19)』日本棋院 1971年
  • 『名局鑑賞室 (ゴ・スーパーブックス28)』日本棋院 1974年
    • (復刊『名局鑑賞室 日本棋院アーカイブ 道策から秀策まで・江戸時代の碁 』日本棋院 2010年)
  • 『道的・名人因碩 (日本囲碁大系4)』 筑摩書房 1976年
  • 『怪腕 大平修三 (芸の探求シリーズ2)』日本棋院 1977年
  • 『大平修三』(現代囲碁大系30)講談社 1983年
  • 『大平詰碁120題』金園社 1978年
  • 『辺の打ちこみ 烏鷺うろブックス』日本棋院 1989年

参考文献[編集]

  • 「棋士の気分展観」(『棋道』1987年10月号 日本棋院)
  • 相場一宏「追悼 大平修三九段」(『棋道』1999年2月号 日本棋院)

外部リンク[編集]