大川周明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大川周明
生誕 1886年12月6日
日本の旗 日本山形県酒田市
死没 1957年12月24日
日本の旗 日本神奈川県中津村
職業 思想家

大川 周明(おおかわ しゅうめい、1886年12月6日 - 1957年12月24日)は、日本思想家1918年東亜経済調査局満鉄調査部に勤務し、1920年拓殖大学教授を兼任する。1926年、「特許植民会社制度研究」で法学博士の学位を受け、1938年法政大学教授大陸部(専門部)部長となる。その思想は、近代日本の西洋化に対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義もしくは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した[1]

なお、東京裁判において民間人としては唯一A級戦犯の容疑で起訴されたことでも知られる。しかし、精神障害と診断され裁かれなかった。晩年はコーラン全文を翻訳するなどイスラーム研究でも知られる。

経歴[編集]

山形県酒田市出身。祖先は代々「大川周賢」を襲名してきた医者の家系である。荘内中学(現山形県立鶴岡南高等学校)、第五高等学校を経て、東京帝国大学文科大学卒(印度哲学専攻)。荘内中学時代は、庄内藩の儒者・角田俊次宅に下宿し、このときに漢学の素養を身につけた。また『南州翁遺訓』(西郷隆盛が遺した言葉を庄内の人々が纏めたもの)を何度も読み、明治政府に批判する西郷の精神を学ぶ。五高時代には、栗野事件(入学試験における学校当局の不正事件)で自ら先頭に立ち活躍した。大学時代は宗教学を学ぶ中で「マルクスを仰いで吾師とした」[2]大川にも唯物論的な社会主義への疑問が芽生えてくるようになる。その後、キリスト教系の新興宗教団体「道会」に加入。大正2年(1913)、道会創立者松村介石に依頼され、歴代天皇の業績を表した『列聖伝(れっせいでん)』の出版を試みたが、実現しなかった。

大学卒業後、インドの独立運動を支援。ラース・ビハーリー・ボースヘーラムバ・グプタを一時期自宅に匿うなど、インド独立運動に関わり、『印度に於ける國民的運動の現状及び其の由来』(1916年)を執筆。日本が日英同盟を重視して、イギリス側に立つことを批判し、インドの現状を日本人に伝えるべく尽力した。また、イスラム教に関心を示すなど、亜細亜主義の立場に立ち、研究や人的交流、人材育成につとめ、また、亜細亜の各地域に於ける独立運動や欧米列強の動向に関して『復興亜細亜の諸問題』(1922年)で欧米からのアジアの解放とともに、「日本改造」を訴えたり、アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードケマル・アタチュルクレザー・パフラヴィーらの評伝集である『亜細亜建設者』(1941年)を執筆した。

一方、日本精神復興を唱えて佐藤信淵源頼朝上杉謙信横井小楠らの評伝をまとめ『日本精神研究』(1924年)を執筆。日本史を概観する書物として『日本二千六百年史』(1939年)を著す。同書は大ベストセラーとなるが、当時賊徒とみなされていた北条義時北条泰時足利尊氏直義兄弟を称賛するなどの内容があったため批判され、改訂を余儀なくされる。

大正昭和期に、北一輝満川亀太郎らと親交があり、特に北一輝とは上海で2日間語り合い、北が計画している「日本改造」の原稿を託される。その際、北が、「君も命を狙われているだろうから」と仕込み槍を贈られたという逸話がある。日本で普通選挙運動が盛んだった頃、「日本改造」を実践する結社猶存社や、行地社神武会を結成。貴族院議員の徳川義親侯爵と親交が深く、徳川から金銭的援助を受けており、徳川は、大川やその他日本改造主義者たちの経済的パトロンであった。三月事件十月事件にも関与し、五・一五事件では禁錮5年の有罪判決を受け服役。またルドルフ・シュタイナー社会三層化論を日本に紹介している(「三重国家論」として翻訳)。

満州事変に際しては、在満邦人と満州人民を政治的横暴から救うという視点から、満州国の建国を支持し「新国家が成立し、その国家と日本との間に、国防同盟ならびに経済同盟が結ばれることによって、国家は満州を救うとともに日本を救い、かつ支那をも救うことによって、東洋平和の実現に甚大なる貢献をなすであろう」と主張した(文藝春秋昭和7年3月号『満州新国家の建設』)。北守南進を主張していたが、それはあくまでも「日中連携」を不可欠のものとしており、日中間の戦争を望むものではなかった。日中戦争が勃発時大川は獄中にあった。太平洋戦争については、「最後の瞬間までこの戦争を望まず、1940年に、日本がもっと準備を整える時まで、戦争を引き延ばそうと努力した[3]」と記述があるとおり、肥田春充とともに日米戦回避のため開戦前夜まで奔走した。

戦後、民間人としては唯一A級戦犯の容疑で起訴された。1946年3月21日に極東軍事裁判被告人選定委員会に提出された報告書によると、訴追の理由として「扇動的な書物を出版し、講演で変革を訴え、超国家主義的右翼団体を結成」「陸軍が合法的独立国家の中国から満州を奪取できるように、満州事変の陰謀をめぐらし計画」が挙げられている。

東京裁判には大川は水色のパジャマを着用し、素足に下駄を履いて出廷した。開廷後、パジャマを脱ぎ始めたり、休廷中に前に座っている東條英機の頭を後ろから音がするほどの力で叩いたり(この場面を記録した映像が現存している。東條は最初は苦笑していたものの、何度も叩かれたため睨みつけたという)、「インダー・コメンジー!(「Inder kommen Sie!、ドイツ語で「インド人よ来たれ」の意。アメリカはインディアンを収奪したことを主張していたという説がある)」、または「イッツア・コメディ!(It's a comedy!、戦勝国による裁判に対する不公正を主張した説がある)」、「アイ、アイ・シンク(I, I think)」などと支離滅裂な言動を行ったため、法廷内で失笑を誘った。

15分間の休廷中、オーストラリアウェッブ裁判長は大川を精神異常と判断し、1947年4月9日、彼を正式に裁判から除外した。大川は米軍病院に入院させられ(のち東大病院、松沢病院に転院)、主治医の内村祐之により梅毒による精神障害と診断された。その後の精神鑑定で異常なしとされたが、裁判には戻されず、松沢病院での入院が続いた。入院中、以前より念願であったクルアーン全文の翻訳を完成する。なお東京裁判終了後まもなく退院。東京裁判で起訴された被告人の中では、裁判終了時に存命していて有罪にならなかった唯一の人物となった。

その後は、神奈川県愛甲郡中津村の自宅で過ごし、「瑞穂の国」を築く為の農村復興運動に取り組んだ。大川の墓銘は歴史学者平泉澄の揮毫[4]

代表的著作[編集]

  • 『復興亜細亜の諸問題』(1922年、大鐙閣)、新版(以下略) 中公文庫 1993年
  • 『日本及日本人の道』(1926年、行地社出版部)
  • 『特許植民会社制度研究』(1927年、東京寶文館)
  • 『日本精神研究』(1930年、文録社)
  • 『国史読本』(1931年、先進社)
  • 『日本二千六百年史』(1939年、第一書房)。毎日ワンズ 2008年
  • 『米英東亜侵略史』(1941年第一書房)
  • 『亜細亜建設者』(1941年、第一書房)
  • 『回教概論』(1942年、慶應書房)。中公文庫 1991年ちくま学芸文庫 2008年
  • 『大東亜秩序建設』(1943年、第一書房)
  • 『古蘭』(1950年、岩崎書店) 
  • 『安楽の門』(1951年、出雲書房)。大川周明顕彰会刊 1988年
  • 『大川周明全集』 同刊行会編・岩崎学術出版社(全7巻、1961年-1974年
  • 『大川周明関係文書』 同刊行会編・芙蓉書房出版 1998年ISBN 4829502037
  • 近代日本思想大系21 大川周明集』 筑摩書房 1975年、橋川文三編集解説
  • 『日本的言行』 <叢書日本人論16>大空社 1996年

著作新版[編集]

  • 『頭山満と近代日本』 春風社 2007年、中島岳志編集解説
  • 『道 大川周明道徳哲学講話集「人格的生活の原則・中庸新註」』 書肆心水 2008年
  • 『特許植民会社制度研究 大航海時代から二十世紀まで』 (書肆心水、2008年) 
  • 『アジア主義者たちの声 下』 (同上、2008年)
五・一五事件調書、「振興アジアの諸問題」序、北一輝君を憶う 他を収録。
  • 『文語訳 古蘭 (上・下)』 (同上、2009年)
  • 『敗戦後』(同上、2010年)
  • 『マホメット伝』(同上、2011年)
  • 『大川周明世界宗教思想史論集』(同上、2012年)

大川周明が登場する作品[編集]

大川周明を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大塚健洋『大川周明』
  2. ^ 大川周明『日本精神研究』序文
  3. ^ 『国際検察局尋問調書』第23巻
  4. ^ 『大川周明関係文書』柳澤一二宛て書簡(昭和30年4月27日)に云う、「平泉澄博士は、当代の学者中、生(周明)が先生と敬ひて師事する唯一人」とあり、年下の国史学者平泉を評価していたという。

関連項目[編集]

文献[編集]

伝記・研究[編集]

資料[編集]

  • 『大川周明日記 明治36年~昭和24年』 岩崎学術出版社、1986年
  • 『大川周明旧蔵書目録 酒田市立光丘文庫所蔵』 酒田市立図書館、1994年
  • 『大川周明「獄中」日記 米英東亜侵略史の底流』 毎日ワンズ 2009年   

外部リンク[編集]