大川ダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大川ダニエル
生誕 1971年7月30日(43歳)
ミネソタ州アップルバレー
身長
体重
5 ft 10 in (1.78 m)
194 lb (88 kg; 13 st 12 lb)
ポジション ディフェンス
シュート 右利き
所属クラブ 日本アイスホッケーリーグ
西武鉄道アイスホッケー部
コクドアイスホッケー部
王子製紙アイスホッケー部
現役期間 1994年 – 2005年

大川ダニエル(だいかわ たにえる Daniel Daikawa, 1971年7月30日- )はミネソタ州アップルバレー出身のアイスホッケー選手。ポジションはディフェンス、右利き。

ローズマウント高校、マイアミ大学出身。1991-92シーズン、カンファレンスのオールルーキーチームに選ばれ[1]、チームもNCAAトーナメントに出場した。大学卒業後は日本アイスホッケーリーグ、アジアリーグアイスホッケーで11シーズンプレーした[2]

大学を卒業後、西武鉄道アイスホッケー部に加入、2002-03シーズンにはベスト6に選ばれた[3]。シーズン終了後の西武鉄道の廃部に伴って菊地尚哉ら12選手とともに、コクドアイスホッケー部に移籍した[4][5]

2004年には王子製紙アイスホッケー部に移籍[6]、2004-05シーズン終了後に退部した。

日本に帰化してオリンピック日本代表として2回、アイスホッケー世界選手権日本代表として5回プレーした[7][8]

現役引退後は母校、マイアミ大学のヘッドコーチを4年間務め、2011年に北米アイスホッケーリーグジェームズタウン・アイアンメンゼネラルマネージャーヘッドコーチに就任した[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CCHA All-Rookie Teams”. augenblick.org. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ Personnel”. ジェームズタウン・アイアンメン. 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ 第38回日本アイスホッケーリーグ シーズン見所”. 日本アイスホッケーリーグ (2003年10月3日). 2012年5月27日閲覧。
  4. ^ 新シーズン始動、各チーム新戦力を補強中!!” (2003年8月6日). 2012年5月27日閲覧。
  5. ^ コクドが本拠地移転 高木監督は留任”. 共同通信 (2003年8月6日). 2012年5月27日閲覧。
  6. ^ 選手移籍について”. 日本アイスホッケーリーグ (2004年6月7日). 2012年5月27日閲覧。
  7. ^ Miami Hockey School Staff”. マイアミ大学. 2012年5月27日閲覧。
  8. ^ UMBC, Miami-Ohio Coaches to Make Euro Trip with Selects”. hockeyyall.com (2011年4月7日). 2012年5月27日閲覧。
  9. ^ NAHL approves relocation of Motor City to Jamestown, New York”. NAHL (2011年5月7日). 2012年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]