大島ともよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大島 ともよ(おおしま-、1949年 - )は、日本の編集技師である。1970年代初頭から、大島渚寺山修司といった前衛作家の作品を若くして手がける。のきなみ著名な国際映画祭に出品するレヴェルの作品を編集し、現在、東京フィルメックス理事。

人物・略歴[編集]

1949年(昭和24年)、秋田市に生まれる[1]

21歳になる1970年(昭和45年)、浦岡編集室に入り、編集技師の浦岡敬一に師事した[1]1972年(昭和47年)にはフリーランスの編集技師となり、現在に至る[1]

2006年(平成18年)、第7回東京フィルメックスのコンペティション審査員を、キム・ドンホ(審査員長、釜山国際映画祭ディレクター)や諏訪敦彦映画監督)らとともに務めた[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 東京フィルメックス公式サイト内の「東京フィルメックス2006コンペティション審査員」の紹介記事の記述を参照。

外部リンク[編集]