大岳宗正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大岳 宗正(だいがく むねまさ、1965年4月14日 - )は滋賀県草津市出身の元大相撲力士。本名は横江 英樹(よこえ ひでき)。身長185cm、体重146kg。得意手は押し、左四つ、寄り。最高位は西十両2枚目(1992年3月場所)。

来歴[編集]

自動車修理業の長男で、小学校時代には柔道、中学校時代にはサッカーを経験し、スポーツ万能として鳴らした。中学3年のときから相撲を始め、団体で大会に出場して優勝を果たし、高校1年のときに国民体育大会に出場した。時津風部屋の幕下力士が噂を聞いたことにより高校を2年で中退し、1983年3月に時津風部屋に入門した。相撲の経験が豊富だったため順調に出世し1991年1月場所に新十両。十両昇進後は安定した成績を残し、1991年11月場所に見事十両優勝を果たした。新入幕が期待されたが、ケガなどのため以降精彩を欠き、1993年1月場所には幕下に陥落。以降も自分の相撲が取れず三段目まで陥落し、同年9月場所限りで28歳の若さで引退した。引退後は地元・滋賀で飲食店を経営。1994年、3年前に巡業先の神奈川県横須賀市で出会った元タレントの深野晴美と結婚したが、のちに離婚している。

戦績[編集]

  • 生涯成績:268勝224敗45休(64場所)
  • 十両成績:77勝79敗24休(12場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:1回(1991年11月場所)

改名歴[編集]

  • 横江 英樹(よこえ むねまさ)1983年3月場所-1985年7月場所
  • 大岳 宗正(だいがく-)1985年9月場所-1993年9月場所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]