大富士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大富士(おおふじ、1958年8月26日 - 2012年10月14日)は、東京都大田区出身で九重部屋(入門時は井筒部屋)所属の元大相撲力士オフィス北野所属の日本タレント俳優。大相撲時代の四股名大富士 慶二(おおふじ けいじ)、本名は伊藤敬司(いとう けいじ)。身長194cm、体重123kg(大相撲時代は、身長194cm、体重150kg)。特技は大食い、早食い。得意技は左四つ、寄り。最高位は西十両6枚目(1980年5月場所)。

来歴[編集]

1978年-1979年[編集]

中学校を卒業すると元横綱北の富士井筒部屋(その後九重部屋に名称変更)に入門し、1974年9月場所本名の伊藤で初土俵を踏んだ。 序の口を一場所、序二段を二年、三段目を四場所で通過し、1977年3月場所で新幕下に昇進。順調に番付を上げ、1978年1月場所には優勝同点となるなど好成績を続け7月場所に十両に昇進(東十両13枚目)したが、跳ね返され5勝10敗と大負けし1場所で幕下に陥落。この時は、一場所で十両に復帰したが(西十両11枚目)、またも6勝9敗と負け越し1979年の一年間を幕下で過ごした。

1980年-1981年[編集]

1980年初場所三度目の十両昇進を果たし、10勝5敗と大勝ちし翌場所も勝ち越したが、自己最高位となった十両6枚目に付いた5月場所では2勝13敗と大きく負け越し三度幕下に陥落した。この年残りの場所は幕下上位を維持し、3場所中2場所を勝ち越して1981年3月場所では西幕下2枚目と再十両のチャンスを迎えたが、1勝6敗に終わった。しかし番付運に恵まれ翌5月場所では西18枚目に留まり、6勝1敗で幕下優勝を果たす。翌九州場所でも4勝3敗と勝ち越した。

1982年-1986年[編集]

1982年初場所で四度目の再十両となるが、一場所で陥落しまたも一年間を幕下上位で過ごす。1981年初場所では東幕下筆頭で6連勝したが、七番相撲に敗れ優勝を逃した。場所後再十両に昇進したが、番付運が悪く東十両12枚目に置かれた。 1983年になると十両でも安定した成績を残せるようになり、十両に定着したかと思われたが、西十両7枚目についた9月場所2日目、益荒雄戦で右膝の脱臼及び靱帯断裂という重傷を負いこの場所残り13日を全休。翌場所は幕下に陥落。公傷が適用されたため1984年初場所は同じ東幕下10枚目の張出に回っただけであったが、回復が遅れ1984年5月場所まで四場所を全休。東三段目74枚目に下がった7月場所では力の違いを見せて三段目優勝を飾り幕下に復帰するが、翌場所再び途中休場となりその後三場所連続で全休。1985年5月場所では序二段100枚目まで番付を下げた。これは十両経験者としては昭和以降、当時2位の最低記録である。この場所では優勝し、その後も三場所連続で勝ち越して幕下東51枚目まで番付を戻したが、1986年初場所初日に敗れ途中休場、場所後27歳の若さで廃業した。

タレント時代[編集]

その後、ビートたけしの勧めで芸能界入りし、アクション・バラエティ番組『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』中のアトラクション「すもうでポン」でタレントデビューし、その後『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』などに出演。1990年代前半には仕切りについて解説したワイドショーの相撲特集に実演要員として出演したこともある(このとき相方は大富士同様に廃業した元序二段力士が勤めた)。また、演出家蜷川幸雄の作品の常連として、『夏の夜の夢』、『近松心中物語』、『NINAGAWAマクベス』、『お気に召すまま』など数多くの舞台に出演しており、近年は一年のうち半分は舞台を中心に活動をしていた。

2012年10月14日、脳梗塞のため死去[1]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]