大学前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大学前停留場
大学前停留場
大学前停留場
だいがくまえ - Daigakumae
新富山(0.5km)
所在地 富山県富山市五福
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 富山市内軌道線呉羽線
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
開業年月日 1916年(大正5年)11月22日
キロ程 6.4km(南富山駅前起点)
キロ程 1.2km(安野屋起点)
大学前停留場
(旧)大学前停留場

大学前停留場(だいがくまえていりゅうじょう)は、富山県富山市五福にある、富山地方鉄道富山市内軌道線呉羽線の停留場であり、同線の終点である。

概要[編集]

富山県道44号富山高岡線上の併用軌道に設置されている。

2012年平成24年)3月24日、新しい富山大橋開通に伴い当駅まで軌道が複線化されたが、停留所直前にポイントがありホームは今まで通り単線となる。またホームを広げ上屋が設けられるなどの改良工事が行なわれ同日供用を開始した。また工事期間中は停留場手前に仮設ホームを設置していた。

大学前電停は富山大学正門より300m手前に位置しているため、大学関係者からは不便性を指摘する声が挙がっていた。そのため富山大学では延伸を要望しており、大学前電停から西に県営富山野球場県営陸上競技場を回り込む形で五福スポーツ広場まで約1㎞の延伸構想も示している。延伸構想に対し、運行事業者である富山地鉄は延伸費用を負担しないことなどを条件としながらも延伸に前向きな姿勢を示している[1]

構造[編集]

周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1916年(大正5年)11月22日 - 富山電気軌道の駅として開業。
  • 1920年(大正9年)7月1日 - 富山市に譲渡され、富山市営軌道の駅となる。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山地方鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)5月17日 - 大学前 - 呉羽公園下間廃止。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 球場前 - 大学前間廃止、球場前を大学前と改称。
  • 2012年(平成24年)3月24日 - ホームの改良、上屋を設置し供用開始。
  • 2014年(平成26年)4月24日 - 歩道橋を閉鎖し、横断歩道新設工事が開始される。
  • 2014年(平成26年)6月 - ホームへのアクセスとして押しボタン付き横断歩道が供用開始。

隣の停留場[編集]

富山地方鉄道
富山市内軌道線(本線・支線・安野屋線・呉羽線)
新富山停留場 - 大学前停留場

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]