大塩駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大塩駅
大塩駅駅舎(2010年07月19日)
大塩駅駅舎(2010年07月19日)
おおしお - Ōshio
SY 34 山陽曽根 (1.5km)
(1.4km) 的形 SY 36
兵庫県姫路市大塩町字宮前2088-3
駅番号 SY 35
所属事業者 山陽電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 42.8km(西代起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
4,766人/日
-2008年-
開業年月日 1923年大正12年)8月19日

大塩駅
配線図

山陽曽根駅

4 3 2 1


STRg STRf
ABZlf ABZlg
SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE
STRrg ABZrf ABZlf STRlg
SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STRlf ABZlg ABZrg STRrf
SKRZ-G2BUE SKRZ-G2BUE
STRg STRf

的形駅

駅神戸寄り踏切道から見た駅構内踏切。2番線(下り姫路方面行き待避線ホーム)に差し掛かる形で設置されている。

大塩駅(おおしおえき)は、兵庫県姫路市大塩町字宮前にある、山陽電気鉄道本線。駅番号はSY 35

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線の地上駅である。駅舎は線路北側神戸寄りにあり、各ホームへは構内踏切で連絡している。

下りホームの長さは阪神・山陽車6両分程度、上りホームについては5両分程度であるが、駅ホームの神戸方・姫路方のいずれも直近に踏切道があり、さらに2 - 4番線の最も神戸寄りに先述の構内踏切が下りホームに差し掛かる形で設置されているため、停車列車については以下のような制約がある。

  • 1番線(下り待避線)は6両編成まで対応可
  • 2番線(下り主本線)と4番線(上り待避線)は4両編成まで対応可
  • 3番線(上り主本線)は5両編成まで対応可

このような変則的な構造になっているのは、過去にかなり無理なホーム延長工事を重ねたためで、3番線から発着する上り直通特急など6両編成の列車は、最後尾の車両のドアが開かないドアカットを実施している。同様に、配線上1番線が待避線であるにも関わらず、下り直通特急・特急は1番線にしか停車できない(緩急接続時も普通車が2番線で待ち合わせを行う)。大塩駅近辺の線路付け替え構想があり、駅も移設が予定されていることから現行の駅施設において抜本的な改良は予定されていない。

駅南側には保守用側線がある。かつては、この側線には貨物ホームが併設されていた。

のりば[編集]

1・2 本線(下り) 飾磨姫路網干方面
3・4 本線(上り) 明石三宮大阪京都方面

1番線・2番線から明石方面への発車も可能で、実際に2009年3月19日以前は1番線で折り返して発車する当駅始発の上り列車(S特急)も設定されていた。
またかつて設定されていた当駅(大塩)止まりの直通特急と山陽特急は1番線到着後、東二見車庫まで折り返し回送していた。

利用状況[編集]

乗降者数 4,766人(2008年11月11日調査) 山陽特急一部停車駅の荒井駅より利用者が少ない。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

じょうとんバス3系統 当駅からやや北側に離れた場所に大塩駅北停留場がありJR曽根駅まで運行されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

山陽電気鉄道
本線
特急直通特急(ともに下記以外)
高砂駅 (SY 31) - 大塩駅 (SY 35) - 飾磨駅 (SY 40)
特急・直通特急(ともにラッシュ時)
荒井駅 (SY 32) - 大塩駅 (SY 35) - 白浜の宮駅 (SY 38)
S特急・普通
山陽曽根駅 (SY 34) - 大塩駅 (SY 35) - 的形駅 (SY 36)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]