大公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大公国(たいこうこく)は君主制の一形態であり、大公英語ではgrand duke, grand princeまたはarchdukeの3種類がある)によって治められている国を指す。君主がgrand dukeであれば英語ではgrand duchyと表記される。現存する大公国はルクセンブルク大公国のみである。

過去にはリトアニア大公国ハールィチ・ヴォルィーニ大公国キエフ大公国フィンランド大公国モスクワ大公国(grand duchyと英訳されることが多いが、君主の称号は直訳するとgrand princeであり、同様に直訳はgrand principality)などが存在した。リトアニア大公国はポーランド王国同君連合を組み(ポーランド・リトアニア共和国)、後に併呑された。ロシア地方では各諸侯国が勢力争いを繰り返した後、16世紀までにモスクワ大公国によって統一され、18世紀には帝政へ移行してロシア帝国となった。

archdukeは、オーストリア特有の称号であり、歴史的にはオーストリア大公領が存在した。

関連項目[編集]