夢幻戦士ヴァリスII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夢幻戦士ヴァリスIIむげんせんしヴァリスValis: The Fantasm Soldier)は、1989年日本テレネットが発売した、横スクロールアクションゲーム開発は同社・レーザーソフト。PCエンジン版では、設定、ストーリー展開やBGMなどがPC版と異なる。

PC版(PC88SR版・98UV版・MSX2/2+)は1989年7月発売。X68k版も発売されたが、配役の声優オーディションのイベントの後に発売されたため発売時期が異なる。

PCエンジン版は1989年6月23日に発売。

メガドライブ版(SDヴァリス)は1992年2月14日に発売。

PCエンジン版はタイトルから夢幻戦士の文字が外され「ヴァリスⅡ」として発売。またスタッフロールの制作協力に「アトラス」の名前があり、外注部分があると思われる。PC版と同時開発だったため、制作スタッフは別々である。迷路要素が排除され、難易度も万人向けになっている。

メガドライブ版は「SDヴァリス」のタイトルでPCエンジン版のストーリーをなぞらえたパロディとして制作された。PC版の着せ替え要素も踏襲している。スクロールスピードが速いことから操作が難しく、コンティニュー制限もあるためパロディゲームだが難易度はかなり高い。


2011年3月17日よりPCエンジン版がゲームアーカイブスPSPPS3)で配信された。

ストーリー[編集]

PC版

夢幻界に召喚された優子が魔王ログレスを倒し、世界の均衡を守ってから数年後。優子は毎夜同じ悪夢にうなされていた。夢の中に現れ夢幻界の危機を訴える麗子、そして優子に襲い掛かる恐ろしい魔物……。胸騒ぎを覚えつつ目覚めた優子に、ログレス軍の残党たちが襲い掛かる。かろうじて退けた優子だったが、残党たちは死の間際にログレスが亡き者にされたために暗黒界が混乱に陥り、混乱に乗じて反ログレス派の残党たちが封じられし残忍王メガスの封印を解き放ってしまったことを告げるのだった。自分の戦いがもたらした思いもよらない事態に困惑する優子に、ヴァリアが呼びかけた。その呼びかけに応じ、夢幻界の2度の危機を救うべく優子は再び剣を手に取り、夢幻界へ戻ることを決意する。主を殺して暗黒界に混乱をもたらし、一族を破滅に追いやった優子への復讐に走るログレスの残党たち、そして新たな敵、残忍王メガス……。その魔の手がゆっくりと、優子に迫っていた……。

PCエンジン版

夢幻王ログレスが死に、支配者を失った暗黒界ヴェカンティは戦乱の世となった。麗子の知らせによってヴァリアに危機が迫っていることを知った優子は、再び夢幻界へと向かう。時既に遅く、幻夢皇帝メガスの軍勢の襲撃を受け、女王ヴァリアは息を引き取っていた。彼女の遺言によって、優子は自身に秘められた出生の秘密とヴァリスの戦士として背負わされた悲しき宿命を知る。愛する者を奪った悲しみと怒りを糧に戦いに身を投じる優子とメガス。両者の戦いの果てに待つものは……。

主な登場キャラクター[編集]

PCエンジン版、PC版の純で設定を解説する。

麻生 優子(あそう ゆうこ) 声-島本須美(PCエンジン版)

[PCE版]麗子の知らせで夢幻界の危機を知らされた後、夢幻界に駆けつけるが、時既に遅く眼前でヴァリアの臨終を看取ることになる。その際、彼女の遺言から、優子がヴァリアの実の娘で夢幻界の第一王位継承者であること、双子として生まれたために王位継承争いを危惧した母の手で現実界に捨てられたという真実を知らされる。怒りと悲しみを胸に秘め、毅然とした態度でメガスに立ち向かう。
これ以後のシリーズでは、PC版と違い、迷いや弱さといった一面が描かれることはなく、正義という大義名分の下で悪を迷うことなく討っていく、強く勇ましい一面が強調して描かれるようになった。
[PC版]魔王ログレスの野望を打ち砕き夢幻界と現実界を救ったものの、そのことが引き金となってログレス派と反ログレス派の闘争に発展し、暗黒界の混乱を招く結果となってしまった。主を殺した彼女への復讐に走るログレス派から身を守り、暗黒界と夢幻界を支配しようと目論む残忍王メガスを倒すため、ヴァリスの戦士として再び戦いに赴くが、ヴァリスの力の源ファンタズムジュエリーを奪われ、劣勢に立たされる。PCエンジン版と異なり、ヴァリアとは血縁関係には無くあくまでごく普通の人間の少女のままである。
相手の人質を盾にした陽動に応じて隙を見せたり、ヴァリアを眼前で殺されて茫然自失となってしまうなど、戦士としての強さだけでなく、素顔は非力な人間の少女であるがゆえの脆さや危うさも見せている。Ⅱで苗字が明記されているのはPC版のみで、PCエンジン版では「優子」と名前のみとなっている。

麗子(れいこ) 声-三田ゆう子(PCエンジン版)

[PCE版]優子の親友。本名、霧島麗子。『I』において、暗黒界の戦士としてログレスに召喚され、優子と戦った末に命を落とした。霊体となって常に優子を見守っており、夢幻界に迫る危機を知らせるべく姿を現す。
[PC版]『I』における戦いで命を落とした後、優子の力になりたいという願いを聞き届けたヴァリアの導きによって夢幻界に転生し、危機におちた優子を救いに駆けつける。メガスに一撃を見舞って奪われたファンタズムジュエリーを取り戻し、眼前でヴァリアを殺されて呆然自失状態となっていた優子を鼓舞して立ち直らせた。彼女の友を思う気持ちがヴァリスの力を更に高める源となった。

ヴァリア

[PCE版]優子をヴァリスの戦士として指名し魔王ログレスと戦わせた夢幻界の女王。実は、優子の実の母親であり、娘が双子として生まれたため、王位継承争いの勃発による夢幻界の混乱を危惧し、姉に当たる優子を現実界へと捨ててしまった。戦士の素質を持つ優子を手放したためにメガスの軍勢の侵攻を防ぎきれず、傷を負って床に伏していた。優子が駆けつけるも時遅く、今際の際に真実を遺言で伝え残し息を引き取った。
[PC版]残忍王メガスの侵攻を食い止めるべく優子に再び助けを求めるが、ファンタズムジュエリーを奪われて劣勢に立たされた優子を見過ごせずに救いに駆け付けたところをメガスに囚われてしまい、優子の眼前で命を絶たれてしまう。ただとらわれていただけではなく、密かにメガスからファンタズムジュエリーを取り戻しており、血縁関係がなくとも優子の事を我が子のように案じ、身を挺して救おうとした彼女の愛が、優子のヴァリスの力を更に高めることとなった。
ヴァルナ
[PCE版]ヴァリアの娘で夢幻界の王女。優子の双子の妹。姉と違って戦士としての素質はなかったためか、メガスの侵攻を食い止めることはできなかった。その後、『Ⅲ』では剣術は使えないが、優れた魔導師として、魔法の力で優子をサポートし共に戦うことになる。
[PC版]PCエンジン版と異なり優子と血縁関係は無く、戦いを終えた優子の労をねぎらい、母亡き後の夢幻界の新たな女王として即位する。エンディングに登場するのみで、ストーリーには直接関わってこない。
メガス

声-鈴置洋考(PCエンジン版)

[PCE版]前作の総大将ログレス王の兄。父であるヴェカンティ(暗黒界)の前王カイザーの長男として生まれるが、性格に難のあったメガスは後継者に相応しくないと判断し次男ログレスを高家者とした実父の手で深手を負わされ封印される。
ログレスが優子に倒された後、暗黒界は旧ログレス軍と反ログレス派に二分することとなり、劣勢になった反ログレス派の手によって封印を解かれる。致命傷に至るほどの死に体だったが、体の大半を機械化して復活。旧ログレス軍をいとも簡単に壊滅にまで追いやってしまうログレス亡き後のヴェカンティ(暗黒界と夢幻界)を支配しようとヴァリスの戦士である優子に戦いを挑む。性格は正々堂々としており、たとえ仲間であっても卑劣な手段を使うものは容赦なく切り捨てる武人肌である。自分と似た境遇にある優子に共感を示しつつ果てていった。
[PC版]かつてあまりにも残酷すぎる本性がゆえに実の父親の手で封印された男。「残忍王メガス」の通り名の通り、ありとあらゆるものを容赦なく殺し尽くす、残忍かつ非情な性格の持ち主。ログレス一派との闘争を制さんとする反ログレス派の手によって封印を解かれ、持ち前の残酷さによってまたたくまに暗黒界を掌握、ログレス一派を全滅に追い込んだ。生まれ持った残忍さに加え、ヴァリアを盾にして優子の防具を脱ぐように強要し、半裸になった優子を見て欲情するなどの変態的で歪んだ本性も持っている。
PCエンジン版と異なりログレスと血縁関係にはなく、封印された理由も異なっている。

イベント[編集]

PC新版(X68k版)を出すにあたって声優オーディションを行った。 久川綾などが合格している。-->

関連項目[編集]