夜来たる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夜来たる』(よるきたる、Nightfall)は、アイザック・アシモフ1941年に発表した短編SF小説。アシモフの出世作であり、SF界の古典の一つと言われている。また同題の短編集、及びロバート・シルヴァーバーグによる長編版も存在する。

概要[編集]

6重太陽の惑星・ラガッシュを舞台に、日食によって2000年振りの「夜」の到来を迎えた人々の姿を描いている。

本作の基本アイデアは、アシモフのSF作家としての師であるジョン・W・キャンベルによるものである。当時『アスタウンディング』誌の編集長だったキャンベルは、アシモフにラルフ・ワルド・エマーソン随筆「Nature」の一節「もし星々が千年に一夜のみ輝くなら、人々はいかにして神の都の存在を信じ、後世に語り継ぐ事が出来ようか」を読み聞かせ、これをモチーフにした短編を書くように薦めた。

本作によって、それまで無名の若手作家の一人だったアシモフは一夜にして一流作家の仲間入りを果たし、本作はその後50冊以上のアンソロジーに収められた他、SF作品の人気投票でも常に上位に入るなど、SF界の古典として確固たる地位を占めている。

こうした評価に対してアシモフ自身は生前、21歳の時の作品が自身の最高傑作と言われることに難色を示す一方で、自身の名義会社を「Nightfall Inc.」と名付けるなど、複雑な心境を覗かせていた(詳細は後述の短編集の本人の記述および巻末解説に詳しい)。

なおアシモフは後年、『アシモフ初期作品集』の本作執筆時の状況を記したくだりにて、自分は実際に前述のエマーソンの文章を読んだことがなく、出典を探したが見つからなかったので教えて欲しいと読者に訴えている。

収録[編集]

短編集[編集]

1969年、同題の短編集が刊行された。巻頭の『夜来たる』をはじめ20篇が収められている。

巻頭でアシモフ自身が語っているところによれば、最高傑作と呼ばれる『夜来たる』以来、少なくとも文章技巧の点では当時より進歩していることを証明するために、それまで短編集に未収録だった短編群を執筆順に収めて比較できるようにした、とのことである。そのため巻頭の『夜来たる』から巻末の『人種差別主義者』まで、執筆時期に26年もの開きがあり、内容も異星人・宇宙戦争物やロボット・カーの話、TVの討論番組の最中に書かれた掌編や医学専門誌に掲載された作品などバラエティに富んだものとなっている。

なお、日本語訳はハヤカワ文庫より『夜来たる』『サリーはわが恋人』の2分冊で刊行されている。

収録作品[編集]

  • 夜来たる Nightfall
  • 緑の斑点 Green Patches
  • ホステス Hostess
  • 人間培養中 Breeds There a Man...?
  • C-シュート C-Chute
  • 正義の名のもとに In a Good Cause-
  • もし万一… What If-
  • サリーはわが恋人 Sally
  • 蝿 Flies
  • ここにいるのは― Nobody Here But-
  • こんなにいい日なんだから It's Such a Beautiful Day
  • スト破り Strikebreaker
  • つまみAを穴Bにさしこむこと Insert Knob A in Hole B
  • 当世風の魔法使い The Up-To-Date Sorcerer
  • 4代先までも Unto the Fourth Generation
  • この愛と呼ばれるものはなにか What is This Thing Called Love?
  • 戦争に勝った機械 The Machine that Won the War
  • 息子は物理学者 My Son, the Physicist
  • 目は見るばかりが能じゃない Eyes Do More Than See
  • 人種差別主義者  Segregationist

長編版[編集]

1990年ロバート・シルヴァーバーグによる長編版が出版された。アシモフのオリジナル短編をベースにして、主に前日譚と後日譚とを加えた物になっている。

その他[編集]

2000年のアメリカ映画『ピッチブラック』は本作の設定をベースとしており、当初はタイトルも『Nightfall』の予定であった。