夜刀神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

夜刀神(やつのかみ、やとのかみ)は、『常陸国風土記』に登場する日本蛇神)である。

概要[編集]

『常陸風土記』の行方郡段に見え、行方郡の郡家の周辺の原野に群棲する蛇体で頭にを生やした神で、その姿を見た者は一族もろとも滅んでしまうと伝えられていた。継体天皇の時代に箭括氏(やはずのうじ)の麻多智(またち)が郡家の西の谷の葦原を新田として開墾するに際し、妨害する夜刀神を打殺したりして山へ駆逐し、人の地(田)と神の地(山)を明確に区分するためにその境界である堀に「標の梲(しるしのつえ)」を立て、以後祟りのないようにを創建して神として崇めることを誓い、自ら神のとして仕えるようになったといい、麻多智の子孫(箭括氏)によって『風土記』編纂の時代まで代々祀ってきたという。

また、孝徳天皇の時代に行方郡を建郡した壬生連(みぶのむらじ)麿(まろ)が、夜刀神の棲む谷の池に堤を築こうとすると、池の辺のの樹上に夜刀神が集まり、いつまで経ってもそこを去らなかったという事件が起こったが、麿が大声で「民政のための修築であり、王化でもあるが、それに従わないのはどのような神祇か」と叫び、築堤工事で使役していた人々に「憚り怖れることなく、全て打ち殺せ」と命令したために逃げ去ったといい、周囲に椎の木があり、泉が湧いていたのでその池を「椎井(しひゐ)の池」と名付けたという[1]

箭括氏と夜刀神[編集]

説話の前半は、土着の氏族である箭括氏の首長と思われる麻多智が夜刀神に呪術宗教的な戦いを挑み、それを駆逐することで葦の蔓延る渓谷の原野を切り拓いて新田を造営するという、箭括氏を中心とする氏族共同体の起源を述べ、それとともに首長である麻多智とその子孫が「神の祝」として夜刀神の祭祀を司るようになったという夜刀神の社の縁起譚ともなっている[2]。夜刀神の「夜刀(やつ・やと)」は関東地方の方言である「谷(やつ)」を意味し、文字通り谷や葦原などの人による開拓以前の野生状態の自然を可視化したもの、自然の持つ霊威を形象化したものであり[2]、箭括氏による原野開拓の過程を物語るものであるとするのが従来の解釈で[3]、箭括氏という氏族の存在は確認できないものの[4]物部氏の同族での製作に関わる集団と見られている[5]。また、行方郡の郡家は現茨城県行方市行方に存したとされるので[4]、説話の舞台とされるのは同市玉造、ないしは麻生町内とされ、夜刀神の社は現行方市玉造の愛宕神社がこれに擬されている[6]

麻多智と標の梲[編集]

麻多智は箭括氏を率いる首長と思われるが、夜刀神に対して標の梲を堺の堀に立て、「此より上は神の地と為すことを聴(ゆる)さむ。此より下は人の田と作(な)すべし」と宣言したが、これは世界を「内部」(人の世界、稲田、ミクロコスモス)と「外部」(神の世界、谷・山、マクロコスモス)に分類する出来事を始原として語ったもので、古代の首長層が土地の神を鎮める呪具としての梲(つえ)(梲は大きい杖)を「内部」と「外部」の境界標識として立てることで境界を画定し、土地の占有や支配を示すとともに、夜刀神の「祝」となることで融和をはかったものであろうとされ[2]、自然を表象する神々を克服するという点で、常陸における英雄時代を語るものであるともされる[7]

また、その境界において共同体の安寧をはかった呪術儀礼が実修され、蛇神は多く水神の表象とされるので、蛇神である夜刀神に対する祭祀は稲作に関わる水利管理に関するものであり、定住と稲作を前提とする農耕祭儀であろうと見られ[2]、土地の開墾に際して自然神である山野の神霊から土地を譲り受ける「地もらいの儀礼」と見ることもできるというが[8]、この点に関しては、編纂者による説話内容の改変を疑う説もある(後節「『常陸風土記』と儒教思想」参照)。

壬生麿と王化[編集]

後半は、茨城・那珂両国(後の茨城郡那珂郡)の一部を割いて行方郡を建郡した茨城国造壬生麿[9]が、谷の池に堤防を築き周囲を開拓するのは王化(天皇による徳化、天皇を戴く国家の施政方針)であると宣言するものであるが、この点については編纂者による脚色が認められるという(次節参照)。なお、ここに登場する「椎井の池」は遺称地が現存しないために不明であるが[4]、上記愛宕神社の社前に湧く「天龍の御手洗」がそれであるという[6]

『常陸風土記』と儒教思想[編集]

『茨城県史』において志田諄一は、『常陸風土記』は編纂者(藤原宇合をその中心と見るのが通説)の儒教思想の影響が濃厚である事を指摘し、「旧聞遺事」などは必ずしも在地の伝承をそのまま記したものではなく、全般的に儒教的、合理的な内容へと改編されているとする。夜刀神について言えば、その姿を見た者を一族諸共に滅ぼす神ではあるが、同時にそれ程の「霊威すさまじい」神でもあり、従って在地の農耕の成否を左右する国魂神として不可欠の存在であった筈であり、それを駆逐する行為は本来的にありえず、原話では麻多智が夜刀神を敬い祀る事で土地の開発と子孫の繁栄が得られたために、今(『風土記』編纂の時代)に至るまで祭祀を司っているといった内容であったのを儒教的に説明し直したものと見る。また壬生麿の場合、麿は国造であり、その重要な職務として支配地の国魂神を祀って作物の豊穣を祈った筈なので、これも「打ち殺せ」などと叫ぶ筈はなく、同様に儒教的改変を与えたものであり、しかも「民政のために云々」との神への叱責は、実は非儒教的に土俗的な神を崇める在地の郡司層(いわゆる旧国造層)へ向けての編纂者の叱責であり、そこには「律令貴族の思いあがりの姿」しか見えないとする[3]

脚注[編集]

  1. ^ 原文の訓下しを以下に示す。

    古老(ふるおきな)のいへらく、石村(いはれ)の玉穂の宮に大八洲(おほやしま)馭(しろ)しめしし天皇(継体天皇)のみ世、人あり。箭括の氏の麻多智、郡より西の谷の草原を截(きりはら)ひ、墾闢(ひら)きて新に田に治(は)りき。此の時、夜刀の神、相群れ引率て、悉尽(ことごと)に到来たり。左右に防障(さ)へて、耕佃(たつく)らしむることなし。(俗(くにひと)いはく、蛇を謂ひて夜刀の神と為す。其の形は、蛇の身にして頭に角あり。率引て難を免るる時、見る人あらば、家門を破滅し、子孫継がず。凡て、此の郡の側の郊原(のはら)に甚(いと)多に住めり。)是に、麻多智、大きに怒の情を起こし、甲鎧を着被けて、自身仗(ほこ)を執り、打殺し駈逐らひき。乃ち、山口に至り、標の梲を堺の堀に置て、夜刀の神に告げていひしく、「此より上は神の地と為すことを聴さむ。此より下は人の田と作すべし。今より後、吾、神の祝(はふり)と為りて、永代に敬ひ祭らむ。冀くは、な祟りそ、な恨みそ」といひて、社を設けて、初めて祭りき、といへり。即ち、還(また)、耕田(つくりだ)一十町余を発(おこ)して、麻多智の子孫、相承けて祭を致し、今に至るまで絶えず。其の後、難波の長柄の豊前の大宮に臨軒(あめのしたしろ)しめしし天皇(孝徳天皇)のみ世に至り、壬生連(みぶのむらじ)麿(まろ)、初めて其の谷を占めて、池の堤を築かしめき。時に、夜刀の神、池の辺の椎株に昇り集まり、時を経れども去らず。是に、麿、声を挙げて大言(たけ)びらく、「此の池を修めしむるは、要は民を活かすにあり。何の神、誰の祇(くにつかみ)ぞ、風化(おもむけ)に従はざる」といひて、即ち、役の民に令(おほ)せていひけらく、「目に見る雜の物、魚虫の類は、憚り懼るるところなく、随尽(ことごと)に打殺せ」と言ひ了はる応時(そのとき)、神(あや)しき蛇避け隠りき。謂はゆる其の池は、今、椎井の池と号(なづ)く。池の回に椎株あり。清泉出づれば、井を取りて池に名づく。即ち、香島に向ふ陸の駅道なり。

    岩波日本古典文学大系

  2. ^ a b c d 赤坂「杖と境界をめぐる風景」。
  3. ^ a b 志田諄一「常陸国風土記 儒教思想と民俗」(『茨城県史 原始古代編』所収(第5章第6節第3項))。
  4. ^ a b c 日本古典文学大系本『風土記』。
  5. ^ 吉野裕「スサノヲ神話外伝」(『文学』第42号第6号、岩波書店、昭和49年所収)。
  6. ^ a b 北畠克美「夜刀神社」(谷川健一編『日本の神々-神社と聖地』第11巻関東、白水社、昭和59年所収)。
  7. ^ 石母田「古代貴族の英雄時代」。
  8. ^ 小島瓔禮校注『風土記』、角川文庫、昭和45年。
  9. ^ 『常陸風土記』行方郡古老曰条。ちなみに同条によれば、行方立郡は白雉4年(653年)とされる。

参考文献[編集]

  • 赤坂憲雄 「杖と境界をめぐる風景/標の梲」(『境界の発生』、講談社学術文庫、平成14年 ISBN 4-06-159549-0所収)(初出は昭和63年)
  • 秋本吉郎校注 『風土記』(日本古典文学大系新装版)、岩波書店、平成5年 ISBN 4-00-004487-7
  • 石母田正 「古代貴族の英雄時代-『古事記』の一考察-」(『石母田正著作集』第10巻、岩波書店、平成元年 ISBN 9784000914109所収)(初出は昭和23年)
  • 茨城県史編集委員会監修『茨城県史 原始古代編』、茨城県、昭和60年